乱れ牡丹のやり方を徹底解説!エロい体位でセックスを盛り上げよう!

  • 乱れ牡丹の他にも!エッチな体位を紹介

    乱れ牡丹以外にも、気持ち良い体位はたくさんあります。ワンパターンなセックスに飽きてきた人は、他のエッチな体位も試してみましょう。

    立ち松葉


    四十八手の中でも少々変わった体位の立ち松葉。男性は立った状態で女性の両足を持ち上げてそこを跨ぎ、お互いの足が交互になるようにクロスさせます。さらに女性の腰を自分の腰の高さまで持ってきて挿入するのです。

    女性の体に負担がかかりやすく長時間の体勢維持は難しいかもしれませんが、気持ち良いと人気のようです。上下のピストンは女性が腰や肘を痛めやすいので、男性は腰を回転させるように動くと良いでしょう。

    アクロバティックな体位で、セックスのマンネリも解消できるはずです。

    だるま返し


    四十八手にもSMプレイのような体位が存在します。だるま返しはそのひとつで、女性の両足を縛るのが特徴です。

    女性が仰向けに寝た状態で両足を抱えて、M字開脚の要領で膝を曲げます。それを曲げたままで片足ずつ縛り、正常位で挿入していきます。男性が女性の腰を持ち上げると挿入部が露わになるので、視覚的な刺激も得られるでしょう。

    女性の足が開いたまま姿勢をキープできることから、挿入もスムーズにできるようですよ。

    窓の月


    美しいネーミングが魅力的な窓の月という体位は、ふたりで窓の外に出た月を眺めながらセックスをすることから名付けられたそうです。

    男性が女性の後ろに回って横向きで寝転び、同じ方向を向きながら後ろから挿入します。この時、男性が女性の片足を抱えるとスムーズに挿入できますよ。

    乱れ牡丹からの体位変更も可能なので、1度試してみてはいかがでしょうか。

    深山


    アクロバティックさには欠けますが、深山という体位も非常に気持ちが良いと男女どちらからも人気なようです。

    正常位で挿入したあと、男性が女性の両足を高く持ち上げて自分の肩にかければ完成です。お互いの肌の密着度の高さと、挿入の深さがその魅力と言えるでしょう。

    初心者でも簡単にチャレンジできるので、テクニックに自信がない男性にもおすすめですよ。

    撞木ぞり


    仰向けに寝た男性の上に、女性も仰向けになった状態で重なって挿入するのが撞木ぞり。乱れ牡丹からふたりで後ろに倒れれば撞木ぞりの体位になるので、同時に試してみてはいかがでしょうか。

    乱れ牡丹と同じく男性は両手を自由に使えるので、無防備な女性の体に刺激を与えてあげましょう。ラブホテルだとベッド上部が鏡貼りになっている部屋もあるので、ふたりの姿が映し出されてより一層楽しめますよ。