乱れ牡丹のやり方を徹底解説!エロい体位でセックスを盛り上げよう!

  • 乱れ牡丹のやり方を詳しく解説します

    「乱れ牡丹を試してみたいけれど、どうやれば気持ち良いんだろう?」という人のために、挿入から男女の動き方まで解説していきます。

    【手順1】お互いに性器は濡らしておく


    まずはじめに、お互いに性器を濡らしておくことが大切です。これはどの体位にも共通して言えることですが、特に乱れ牡丹の時には注意しておきたいポイントでしょう。

    女性が男性の上に跨り挿入していくので、慣れていなければ時間がかかって性器が乾いてしまいます。そうなると、滑りが悪くなって上手く挿入できなくなったり、摩擦で痛みを感じてしまう恐れがあるのです。

    お互いに前戯でしっかり準備をしておき、それでも濡れにくい場合はローションなどを使用するのもいいかもしれませんね。

    【手順2】座って挿入


    乱れ牡丹は背面座位なので、男性が座ったままでも比較的挿入は簡単です。男性は足を伸ばして手を後ろについて座り、女性は背中を向けてその上に膝を立ててしゃがみます。

    この時に、女性は男性器に手を添えてゆっくり挿入しましょう。手を使わずに挿入しようとすると、男性器がなかなか入らなくて萎えてしまう恐れがあります。また、変な角度に当たってしまいお互い痛い思いをすることも防げるのです。

    女性は挿入時の姿勢が恥ずかしいと抵抗があるかもしれませんが、男性から見るとそれもまたセクシーに映るようですよ。

    【手順3】女性はM字開脚がベスト


    乱れ牡丹で女性が主導権を握るのであれば、M字開脚がベスト。女性が足を伸ばして座ってしまうと、足に力が入りにくいため腰を上下に動かしにくくなります。

    M字開脚で膝を立ててしゃがむことで、ピストン運動も楽にできるようになるでしょう。その時に男性の膝や足首を持てば姿勢が安定する上に、男性の自由を奪っているかのようで気分が盛り上がりますよ。

    また、乱れ牡丹で女性が激しく腰を前後に動かすと、男性が痛みを感じる場合があります。もしも前後に動きたい時は、男性の様子を見ながらにしましょう。

    【手順4】男性は手で愛撫


    女性が上位の体位なので男性はされるがままに見える乱れ牡丹ですが、男性にも楽しみ方があるのです。後ろについていた手を離して上体を起こし、自由になった手で女性を愛撫すれば、男性も女性を攻めることができますよ。

    後ろからぎゅっと抱きしめたり、胸や乳首・クリトリスを刺激したり、耳や背中に舌を這わしたりと、様々なことが試せます。

    女性の性感帯を弄ってあげてふたりで快感を味わい尽くしましょう。

    【手順5】女性は男性にもたれるように


    乱れ牡丹は挿入した時のままの姿勢だと、ふたりの間は若干離れていて密着感には欠けてしまいます。相手をより近くに感じるために、挿入してひとしきり動いたら女性は男性に寄りかかってみましょう。

    こうすることによって、激しく動かなくても相手を感じることができて幸福度は増すはずです。セックス中に肌と肌が触れ合う感覚は、挿入とはまた違った気持ち良さがあります。

    女性の全体重を支えることになるので、男性は壁にもたれたりクッションを背中に敷いておくと良いでしょう。