乱れ牡丹のやり方を徹底解説!エロい体位でセックスを盛り上げよう!

「四十八手」というものがあるように、セックスには様々な体位が存在します。その中のひとつの乱れ牡丹は、名前の通り男女が乱れることができる体位です。まだ試したことのない人は、乱れ牡丹に挑戦して恋人とのセックスを盛り上げてみませんか?

  • 乱れ牡丹ってどんな体位なの?

    乱れ牡丹は変わった体位が多い四十八手の中でも比較的ベーシックなので、名前ぐらいはご存知の人もいるのではないでしょうか。まずは乱れ牡丹がどういった体位なのかを知るところからはじめましょう。

    座位の一種


    体位は「正常位」「騎乗位」「後背位(バック)」「立位」「座位」から成り立っていて、そこから応用されて様々な種類が出来上がっています。乱れ牡丹はその中の「座位」と呼ばれる体位のひとつです。

    男性が座っているところに女性が上から跨って腰を落とすのですが、その時にお互いに正面から向き合うのではなく、女性が男性に背中を向けて後ろ向きで挿入するのが乱れ牡丹です。背面座位とも呼ばれます。

    座位には挿入時の密着感やメンタル面など、色々なメリットがあるとも言われているので、乱れ牡丹は隠れた人気を誇る体位なのです。

    女性がリードする事も出来る体位


    乱れ牡丹の魅力のひとつは、女性が自由に動くことができるという点です。ベッドに横になり男性が上になった状態だと、女性はほとんど体を動かすことができず、せいぜい男性に合わせて腰を少し上げるくらいでしょう。

    女性が男性の上に乗る乱れ牡丹ならば、自分で腰を動かして男性を焦らしたりと、女性主導のセックスも楽しめるという魅力があります。愛する男性を虜にしたい女性にぴったりの体位なのです。

    もちろん男性が下から突き上げる動きもできるので、ひとつの体位でお互い交互に攻め合うという楽しみ方もできますよ。

    乱れ牡丹は万能体位


    乱れ牡丹は万能な体位とも言われているようです。男女どちらも動くことができる他にも、視覚的な興奮を煽ったり他の体位から移行しやすいなどの長所があります。

    ネーミングに抵抗がある人や、いつもと違う体位にチャレンジすることに恥じらいがある人もいるでしょう。ですが乱れ牡丹は、恋人との動きが合えばクセになること間違いなしですよ。

    恋人とのセックスをもっと味わいたい人やマンネリを打破したい人は、ぜひ1度試してみてください。