何も考えたくない時の対処方法を大調査!疲れたらどうすればいい?

  • 何も考えたくない時にやる気を出すには?

    何も考えたくない時でも、どうしてもやる気を出さなければいけないことってありますよね。

    そんな時にやる気を出す方法を知っておくと、上手く気分をコントロールすることができるでしょう。自分に合う方法を見つけ、自分を励ますことが大切です。

    自分にご褒美を準備しておく


    何も考えたくない時にやるべきことを片付けなければいけない時は、やる気を出すために自分にご褒美を準備しておくと良いですよ。例えば、ご褒美としてケーキを用意したり、ゲーム時間を作るなどしてみましょう。

    また、ノルマを達成するごとにご褒美を増やすのもおすすめです。終わった後に嬉しいことがあると分かっていれば、やる気も徐々に出てきますよね。自分を上手くおだてるようにすることで、何も考えたくない時でもやる気に繋がっていくでしょう。

    ただし、ご褒美を準備したからといって自分を追い込むのは逆効果になります。やりすぎて逆効果にならないよう、適度に自分を励ましていきましょう!

    計画を立てて紙に書く


    やる気が起きないのは、漠然と「やらなきゃ」という使命感や不安があるからです。それを緩和するためにも、計画を立てて紙に書くようにしましょう。例えば、時間配分を考えて「○○時までに終わらせる」と目標を立てることをおすすめします。

    他にも、すぐにやるべきこととそうでないことを分けましょう。優先順位さえ分かれば、徐々にやる気も出てきますよ。少しずつでも達成できれば使命感や不安も軽減されていくでしょう。

    ただし、事細かに設定すると逆にやる気が失われます。より何も考えたくないと感じてしまうので、大まかな目標や計画を立てるよう心がけましょう。

    小さなことでも自分を褒めるようにする


    これからもやる気を出し続けるためにも、小さなことでも達成できたなら自分を褒めるようにしましょう。自分を認めてあげることで、自信に繋がりますしやる気も出てきます。例えば、一つ課題をクリアしたら「できた」「達成した」と充実感を味わうのです。

    また、自分を褒めるとともにご褒美を与えるのも良い方法でしょう。「何かを達成するのは楽しいことだ」と自分の中で実感することができれば、今後もやる気を失わずに活動することができますよ。

    こうした行動は、自信を失った時こそ行うべきです。自分の自信を早く取り戻せるので、日常に活力を吹き込むことができるでしょう。

    気分転換をする


    どうしてもやる気が出ず、何も考えたくないと思う時には、意識的に気分転換を行いましょう。例えば、少し体を動かしたり好きな飲み物を飲んだり、今の気持ちを変えるような行動をするべきです。

    こうした気分転換は、自分の憂鬱な気持ちを一心してくれます。「また頑張ろう」という気持ちを取り戻させてくれるので、やる気が出なくなった時に有効ですよ。

    ただし、気分転換をしてもやる気が出ない場合には、相当疲れ果てている可能性があります。無理をする必要はないので、しっかりとした休息を取るようにしましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)