指オナニーのコツを伝授!注意点や中イキする方法を教えちゃいます!

  • 指オナニーで中イキ出来る?やり方は?

    指オナニーが中イキの練習になるのはわかったけど、具体的にどうすればイケるのか、また、イったらどうなるのかわからなくて不安という人も多いですよね。

    ここでは、指オナニーで中イキをするくわしいやり方について紹介していきます。クリトリスでしかイったことがないという人や、潮を吹いてみたいという人にもぜひ試してもらいたい方法です。

    ある程度膣の開発が出来ていれば可能


    指を膣に挿入して気持ちよくなることができたら、膣の中を刺激して絶頂に達する「中イキ」の練習も可能です。この中イキは、クリトリスでイクのとはまた違った快感と言えます。また、クリトリスでイケても、挿入ではなかなかイケないという女性も多いのが事実…。

    触るだけでも気持ちいいクリトリスとは違い、膣はある程度開発しないと快感を得ることができません。ですので、指オナニーで膣の開発をしておくのが、中イキするための近道になるのです。

    クリイキが出来れば中イキもしやすくなる


    中イキするための秘訣はクリイキにあります。なぜなら、中イキのポイントは膣内の「Gスポット」にあるから。Gスポットとは女性の膣内にある性感帯で、クリトリスの裏側あたりのエリアのことを指します。個人差はありますが、大きさは直径1センチくらいの人が多いようです。

    このGスポットはクリトリスの根っこにあたる部分なので、膣内での快感のキーを握るというわけですね。ですから、クリトリスでイケるようになり、膣内を開発する準備ができたら中イキまであとひと息!なのです。

    指一本を優しく浅めに入れる


    Gスポットは開発しないとなかなか感じにくいエリアですが、指オナニーをしながら気持ちよく開発していくことができます。とはいえ、Gスポットを開発しようとして膣を適当に弄るのはタブー。まずは膣で気持ちよくなることからスタートしましょう。

    最初に膣に指一本を優しく浅めに入れて、膣口の周囲からほぐしていきます。膣が潤って充分に柔らかくなる感じがあったら、指を4~5センチくらい膣の奥に入れて、クリトリスの方向に指を曲げましょう。すると、膣内に少しふくらんだ箇所が見つかります。

    そこがGスポットです。大きさや場所には個人差がありますが、指にふれると少しざらざらしているのが特徴です。

    Gスポットを刺激して中イキする


    Gスポットに指が触れると、それだけで体がビクンと震えるような感覚があります。しかし前述の通り、Gスポットは開発しなければ快感を得られるようにはなりません。また、性感が高まっていないと感じにくい部位でもあります。

    まずはGスポットに触れた指を、振動させるように動かします。違和感がなければ、Gスポットがあるエリアをトントンと軽くノックするようにつついてみましょう。慣れていくと、この刺激によってGスポットから膣内全体に快感が広がり、中イキしちゃう人が多いです。

    Gスポットでイケるようになると、頭が真っ白になるほどの快感に潮を吹いてしまう人も…。ですので、Gスポットを刺激する時は、一応腰の下にバスタオルを敷いておくと安心ですよ。

    生理中は注意


    ホルモンバランスの関係で、生理が来るとムラムラしてオナニーをしたいという女性も多いようです。オナニーをしても問題はありませんが、生理中は膣が充血して柔らかくなっているので、膣に指を挿入して刺激するのはよくありません。

    どうしても生理中にオナニーをしたくなったら、胸をそっと揉んだり、ナプキンの上からクリトリスを優しく押さえるなどしてする方がベター。激しく刺激することはやめて、通常より倍くらい優しい刺激で行うようにしましょう。
  • 処女でも指オナニーはしてもいい?

    処女の女性でも性欲はありますし、指オナニーに興味がある人も多いでしょう。でも、指オナニーで処女膜を破って、処女喪失しちゃったらどうしようと心配になりますよね。

    実際は、処女でも指オナニーをして大丈夫。ここでは、処女膜についての解説と、処女喪失について解説していきます。処女の指オナニーの注意点についてもまとめましたので、参考にしてください。

    処女膜が破れる可能性はある


    処女でセックスの経験がないと、「指オナニーをしたら処女膜が破れてしまうのではないか」という不安があるかもしれません。結論から言うと、指オナニーで処女膜が破れる可能性はあります。

    そもそも処女膜とは、膣口付近にある薄いヒダ状の粘膜のこと。この処女膜にはもともと穴があいており、そこから月経の血液やおりものが排出されているのです。例えるなら、膣口の周囲に膜が張りついているような形状です。

    この処女膜は伸縮性がほとんどなく、激しい運動をしただけでも人によっては破れてしまうことがあります。ですから、激しく指を出し入れしたりすると処女膜が破れてしまう可能性があるのですね。

    オナニーでは処女喪失しない


    しかしながら、処女膜が破れることと処女喪失はイコールではありません。セックスをして膣内にペニスを受け入れて、初めて処女喪失だからです。ですから、指オナニーで処女膜が破れたとしても、それで処女喪失をしたことにはなりません。

    たとえば指オナニーをしていて、処女膜を傷つけて出血してしまったとしても、それで処女喪失したことにはならないので安心してください。出血もすぐにおさまりますので、落ち着いてナプキンをあてましょう!

    処女の場合ゆっくり開発するつもりで


    とはいえ、処女の場合は「指で処女膜を破いてしまうかも」という不安がつきまとい、指オナニーをするのをためらってしまうかもしれませんね。その場合は、「膣に指を挿入して中イキ」が指オナニーのゴールとは思わずに、体を開発するつもりで指オナニーをしましょう。

    乳首やクリトリスの感じる箇所を触って指オナニーをするだけでも、快感は十分に得られます。いつかパートナーとセックスする時のために、ゆっくり自分の性感帯を磨くつもりで指オナニーをしていきましょう。

    セックスの準備の指オナニー


    指オナニーの時、クリトリスや膣を刺激しながら足をピーンと伸ばすとイキやすくなります。膣をぎゅっと締めた状態になるからです。とても気持ちいいのですが、この「足ピン」でイクのに慣れすぎると、いざセックスをした時にイキにくくなることも…。

    なぜなら、セックスの時はパートナーのペニスを受け入れるために女性は両足を開きますよね。足を閉じて伸ばした状態でばかりイっていると、足を開いた状態だとどうやってイったらいいかわからなくなってしまうのです。

    指オナニーの時も、M字開脚でクリトリスを露出させた状態で刺激してイクようにするなど、足を開いた状態でイケるようにしておくと、セックスの時に気持ちよくパートナーを受け入れられますよ。

    オナニー後も清潔を心がける


    指オナニーで気持ちよくイケたら、体はけだるくなり、睡魔が襲ってくるものですよね。ですが、オナニー後はそのまま寝てしまわないことが大切。オナニーで出てきた愛液や汗をそのままにしておくと、外陰部の衛生的にはよくないからです。

    シャワーやお風呂で洗うのが一番良いですが、そうでなくとも、外陰部をウォッシュレットで洗い、手を洗って、スッキリしてから就寝しましょう。もしくは、トイレでおしっこをするだけでも愛液を流せますから、オナニー後はトイレに行くことを習慣にすると良いですよ。