夢占いで付き合う夢の意味とは?付き合う相手によって意味が変わる!

  • 付き合う夢の夢占いでの意味【知っている人編2】

    付き合う相手によって変わる夢占いでの意味について、まずは知っている人からご紹介しています。恋心を寄せている人や過去に寄せた人だけでなく、友達の恋人など、思いもよらなかった人と付き合う夢も珍しくはありません。

    引き続き、知っている人と付き合う夢の夢占いでの意味についてご紹介していきます。恋愛感情を持たなくても、好意を持つ相手やそうでない相手、さまざまな相手が夢のお相手となることもあるでしょう。

    実際に自分が見るなら、誰が夢に出てくるでしょうか。それを考えながら読んでみても良いでしょう。

    異性の友達


    異性の友達と付き合っている夢を見たということは、自分が相手のことを好きだという暗示なのでしょうか?答えはいいえ。必ずしもそうではなく、夢占いにおける友達と付き合う夢は、夢を見た本人の人間関係を暗示しているものと言われています。

    友達と付き合う夢は、夢を見た本人の社交性が高まっており、周囲と良い交流関係を築けている暗示となります。自分に自信を持つことで、さらなる信頼を獲得することもできるでしょう。

    ただし、決して恋愛関係に発展しない、と言う訳ではありません。相手のことを改めて考え、自分自身の感情と向き合ってみましょう。もしかすると、相手への隠れた愛情がその夢を見せた可能性もあるということです。

    同僚、同級生


    特別親しいというほどでもないけれど、日頃顔を突き合わせている同僚や同級生。そんな相手と夢の中で付き合っていたらどうでしょうか。

    友達と付き合う夢と同様、必ずしも相手への恋愛感情だけが理由とは限りません。ですが、夢の中で楽しい時間を過ごせており、かつ現実に付き合っている相手がいなければ、相手への隠れた好意がそんな夢を見せた可能性はあるでしょう。

    ただし、夢の中で不快な感情を抱いたのであれば、それは相手を避けたい、距離を取りたいという願望からと考えられます。嫌でも近くにいなければならないという感情が、いまいちな恋人という形で夢に表れたのでしょう。

    上司


    上司と付き合う夢、と聞くと緊張してしまうでしょうか?夢占いにおける上司と付き合う夢は、職場での働き方や人間関係を反映させていると言われており、上司その人に対する恋愛感情などはあまり関係が無いそうです。

    もちろん、上司に好意を持っていれば、恋愛感情としての意味合いや暗示を持つ場合もあるでしょう。あるいは、上司その人ではなく、上司のような人が好みのタイプである可能性もあります。理想の恋人像、ということですね。

    嫌いな相手


    嫌いな相手と付き合う夢なんて、考えたくもないでしょうか。実は、嫌いな相手と付き合う夢は、必ずしも悪い意味ばかりを表してはいないことをご存知でしたか?

    夢占いにおいて、嫌いな相手と付き合う夢は、ひそかに相手を認めている心の表れとも言われています。仲良くしたいけれど素直になれない葛藤を示していることもあるそうです。一度、相手のことを見つめ直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

    一方で、精神的に追い詰められている状況を示していることもあるそうです。夢の中でつらい思いばかり抱いたのであれば、今の状況から逃げ出したいという心のサインである可能性もあるでしょう。
  • 付き合う夢の夢占いでの意味【知らない人編】

    片思いの相手や恋人、あるいは友人などのように、知っている人と付き合う夢の夢占いでの意味についてご紹介しました。夢占いにおいては、付き合う夢を見ることが、必ずしも相手への好意を示している訳ではないことがお分かりいただけたでしょうか?

    夢で付き合う相手によって、さまざまな意味を持つ夢占い。では、知らない人と付き合う夢はどうでしょうか。意外に思われるでしょうが、知らない人と付き合う夢を見ることも珍しくはなく、どんな相手であるかによって、夢占いにおける意味が変わってきます。

    知らない相手と付き合った夢を見ると、夢占いにおいてはどのような意味があるのでしょうか。相手ごとにご紹介していきましょう。

    異性


    知らない異性と付き合う夢は、夢占いにおいて恋愛運や金運が上がってきているサイン。嬉しい気持ちが強ければ恋愛運が、安心や満足する気持ちが強ければ金運が上昇する暗示だと言われています。

    また、知らない異性は夢を見ている人にとって恋愛の理想像を示していることもあるそうです。起きてからも顔を覚えていられるなら、ぜひ似た顔の人を探してみると良いでしょう。

    顔を思い出すことができずとも、知らない異性と付き合う夢は、良縁を示す吉兆と言われています。思いもよらない、素敵な出会いが待っているのではないでしょうか。

    年下の異性


    知らない異性と付き合う夢でも、年下の異性が相手であれば、また違った意味を持っています。夢占いにおいては、夢を見た人の性別によっても意味が異なってくるそうです。

    女性が年下の男性と付き合う夢を見た場合、これは吉兆のサイン。特に、顔や性格が良い男性であれば、より運気が上がると言われているそう。

    逆に、男性が年下の女性と付き合う夢を見た場合は、注意や警告を暗示しています。恋愛であれ仕事であれ、上辺だけを見て騙されてしまわないよう、慎重に取り組んだ方が良いでしょう。

    年上の異性


    では、年上の異性と付き合う夢はどうでしょうか。夢占いにおける年上の人物は、夢を見ている人に対する助言や援けとなる存在です。そんな年上の人物と、どのように付き合っているのかに注目しましょう。

    もし二人の雰囲気が良いものであるならば、現状が理想的であることを示しています。相手が話した内容は、あなたの今後を暗示しているものであったり、困難に対するヒントとなることでしょう。

    しかし、相手に叱られたり、注意されている内容であれば要注意。今後のトラブルを暗示しているため、今の状況を見直したり、起こり得るトラブルを想定し対応を考える必要があるでしょう。

    ストーカーと付き合う夢の、夢占いにおける意味


    知らない相手でも、まさかストーカーと付き合うことになるとは、それこそ夢にも思わないでしょう。ですが、そんな夢にも夢占いにおける意味があります。

    ストーカーのように執着する相手と付き合う夢は、あなた自身が受けている束縛を示しています。監視されている、指示されているなど、そういった不自由さによるストレスが、ストーカーと付き合う夢となってあなたに警告しているのでしょう。

    ストーカーと付き合う夢は、あなたにもっと自由になるように促す暗示です。恋人や家族への窮屈さを感じていないか、自分の現状を振り返ってみてはいかがでしょうか。