好きな気持ちを抑える方法は?気持ちを抑えた方がいいパターンも紹介

  • 好きな気持ちを抑えられない時のNG言動

    人は、好きな気持ちを抑えられなくなると理性を失います。常識的に考えるとおかしな行動をとってしまい、周囲から顰蹙(ひんしゅく)を買うことも。

    ということで、次はそんな事態にならないための注意点を紹介します!

    アポなしで会いに行くのは抑えるべき


    好きな人とは少しでも一緒に時間を過ごしたいですよね。偶然でも会えたらと思うと胸がときめくはずです。

    しかし、だからといってアポなしで会いに行くようなマネはNG。もちろん、直接会うだけでなく、相手の自宅や職場の周辺をうろうろするような方法もNGです。

    やっている最中は気づかないかもしれませんが、これは傍から見ればストーカー行為です。下手をすれば通報される可能性もあるので気をつけましょう。

    相手の気持ちを無視して気持ちをぶつけない


    好きな気持ちは、伝えてよいタイミングとそうでないタイミングがあります。たとえば、相手の男性と十分親密になっているのならいくら伝えても問題ないでしょう。

    しかし、相手がそれほどあなたのことを知らない場合、あるいは好きではないことが判明している場合、あなたが好意をぶつけるのは彼にとって迷惑になります。

    告白は、二人の関係にとても大きな影響を及ぼすものです。それはよい影響であることもあれば、悪い影響のこともあります。そして、相手の気持ちを無視した告白は、十中八九悪い影響を与えるのです。鬱陶しがられ、かえってチャンスを失うことになりかねません。本当に伝えてよいのかどうか、十分に考えてから行動に移しましょう。

    家に引きこもって気持ちを抑えるのは逆効果


    先ほど少し触れましたが、好きな気持ちを抑える時、家に閉じこもる方法はよくありません。家にいるとほかのことに注意が行かないので、頭が暇になり、自然と好きな人のことばかり考えてしまうのです。

    たとえ行く当てがなくても、外に出るようにしましょう。特に友達と一緒に出掛けると〇。ぼーっと好きな人のことばかり考えているわけにはいかなくなります。こうして無理やりにでも彼のことを頭から追いやってしまえば、次第に好きな気持ちを薄れさせることができるでしょう。