好きな気持ちを抑える方法は?気持ちを抑えた方がいいパターンも紹介

  • 好きな気持ちを抑える方が良い場合は?

    もしも男性を好きになったら、その気持ちのままにひた走りたいですよね。しかし、我慢しなければならないこともあります。我慢できなければ相手の男性や友人との間に大きなトラブルを抱えることになるかもしれません。そこで、まずは好きな気持ちを抑える必要があるケースを紹介します。

    相手に恋人がいる


    一番多いのはこのパターンではないでしょうか。相手の男性に恋人がいるのなら、好きな気持ちを抑える必要があります。

    確かに、相手が既婚者ではないのですから、略奪愛という方法もなくはないかもしれません。しかし、好きな気持ちを行動に移せば周囲からとても冷たい目で見られることになってしまうでしょう。そもそも、人の恋人を安易に奪おうとする時点で、彼からも信頼されない可能性があります。

    恋人持ちの男性を好きになったら、その好きな気持ちはグッと抑えることが大事。どんな恋心でも時間が経てば薄れるもの。苦しいですが、それまでの辛抱ですよ。

    相手が既婚者


    こちらは絶対に好きな気持ちを抑えるべきケースです。相手が既婚者の場合、あなたが好きな気持ちを抑えることなく行動に移してしまえば、最悪慰謝料を請求されるような事態になりかねません。

    既婚者の男性と付き合えば、その男性は浮気をしたことになり、あなたはその浮気相手ということになります。つまり、あなたたちは共犯で、その男性の奥さんを苦しめたということです。

    仮に苦難の果てに男性を奪うことができたとしても、必ず後ろめたさは残るはずです。それに、その男性は奥さんがいても別の女性に言い寄られたら浮気するような人ということですから、あなたも安心はできません。

    どう転んでもあまり良い結果にはならないので、好きな気持ちは抑えるべきです。

    自分が一方的に好意を寄せている


    もしも相手の男性とあなたが両思いなのであれば、好きな気持ちを抑える必要はありません。むしろ積極的に発信して楽しい時間を過ごした方がよいでしょう。

    しかし、あなたが一方的に相手の男性に好意を寄せているのであれば話は別。その男性が独り身であったとしても、好きでもない人に重たい愛をぶつけられるのは苦痛なはずです。

    たとえば過度に話しかけたり、LINEを送りすぎたりすれば、次第にあなたは彼の中で、面倒くさい女として認定されてしまうかも。アプローチするのは良いですが、少しは好きな気持ちをセーブしたほうが良いこともあるので注意しましょう。

    彼氏がドライ


    彼氏がいる場合でも、好きな気持ちを抑えるべきケースがあります。というのも、人によってどのくらいの関係がちょうど良いかが異なるからです。

    たとえば彼氏が比較的ドライな性格なのに、あなたが好きな気持ちを抑えることなくどんどんアピールしていったら、鬱陶しがられてしまうかもしれません。この鬱陶しさが徐々に二人の間に亀裂をもたらす可能性もあるので注意が必要です。