アナニ—におすすめなローションはコレ!アナニーのやり方や注意点も

アナルオナニー(アナニー)初心者必見!この記事では、気持ちのいいアナニーのやりかた、その注意点やおすすめの用意するものなどを段階に分けて丁寧にご紹介します。この記事を読んで挑戦すればあなたもアナニーの虜になるでしょう!

  • そもそも「アナニ—」とはどんな行為?

    アナニ—とは「アナルオナニー」の略。その名のとおり肛門に指やバイブを挿入してオナニーすることを指します。一見するとちょっと上級者向けのアナニ—は「指を入れるのが怖い」「やり方が分からない」「気持ちよくなれない」という意見もよく見ます。

    しかし、慣れてしまえば普通のオナニーより数倍は気持ちいいと言われているアナニ—にチャレンジしてみたい方も多いはず。この記事ではそんなアナルオナニー(アナニ—)初心者さんに向けて、男女別の気持ちよくなるアナニ—の正しいやり方や、やる上での注意点などを紹介します。

    アナニ—の魅力とは?痛くないの?


    「アナニ—」という言葉は聞いたことがあるけれど、具体的な魅力については知らない、という方も多いと思います。ここからは、アナニ—の魅力ややり方、メリット、デメリットについて紹介していきます。

    アナニ—の魅力とは、ズバリ、内蔵深部への刺激により何度でもイく「ドライオーガズム」が経験できることです。「ドライオーガズム」とは射精を伴わない絶頂のことで、男性でも女性のように深い連続絶頂が可能になるということです。

    お尻の穴に指を入れるとなると怖い方や、痛みが気になる方もいるかと思われますが、正しいやり方をすれば、痛みを感じることなく極めることができます。そのやり方についても記事内で詳しく説明していきます。

    男性も女性も楽しめる


    アナニ—は男性も女性も楽しめるオナニー方法です。アナニ—では、男性は肛門の中にある前立腺という器官、女性は膣や子宮を裏側から刺激することで快感を得ることができます。アナニ—というと男性のイメージが強いですが、女性にもおすすめしたいオナニー方法です。

    アナニ—で気持ちよくなるには、脳内イメージが大切。リラックスして、好きな人や芸能人に触られているなどの妄想をじっくり高めながら、まずは男性ならペニスや睾丸、胸、女性なら膣内やクリトリス、またはアナル付近など他の部位をじっくりと刺激して、性感を徐々に高めていきましょう。そうすることでアナルでの刺激にも敏感になります。

    男性なら前立腺を開発できる


    男性なら前立腺を開発できるのも大きなメリットです。前立腺とは、肛門の中の浅い腹側の部分にある、クルミ大のしこりのことを言います。位置はペニスの根本を裏側から刺激するイメージで、肛門から約5~10cmの間と言われており、大体の人が指で触れることのできる位置にあります。

    前立腺で得るドライオーガズムは、通常の射精の何倍も気持ちいいとされており、ジェットコースターに乗った時のような深く落ちる感覚が病みつきになります。最初前立腺に触った程度では何も感じないでしょうが、根気強く開発を続けて行くことで、射精より気持ちが良いアナニ—の虜になっていきます。

    また、男性の場合は前立腺の他にもS字結腸や精嚢など7つの感所があると言われているのでどんどん開発していく楽しみがあります。

    女性もアナニ—で感じられる


    女性は男性と違い、前立腺という器官がないため、アナニ—で絶頂感を得ることは難しいとされています。そのためアナニ—で快楽を得る方法としては、アナルセックスと同じように、アナルの腸壁に指やバイブで振動を送り、その振動を膣や子宮に伝えるやり方で通常のオナニーとは違う快楽を得るのがオススメです。

    しかしアナニ—未経験ではいきなり深く刺激するのも難しいので、男性がするのと同様に、よく慣らしてから、徐々にチャレンジするのがおすすめです。アナニ—をする際はローションをたっぷり使用し、あくまで痛みが少ないまま気持ちよくなれるようにじっくりとやっていきましょう。

    痛くないやりかたは?


    よく慣らすといっても何が必要か、アナニ—は痛くないか、危険ではないのか?等やり方に悩んでしまう方もいるでしょう。一見難しそうなアナニ—ですが、痛くないやり方は存在します。それにはアナニ—用ローションの選び方や下準備が大切。

    丁寧にやれば痛みが少ない、もしくは痛みがまったくないアナニ—ができます。最初から快楽を得るのは難しいのがアナニ—ですが、コツを掴んでしまえばどんどんハマっていくはず。都度ローションで潤滑をよくしながら焦らずゆっくりと開発していくのが痛みのないやりかたの第一歩です。

    アナニ—用の道具って?


    アナニ—用の道具として主に知られているのは、男性用ならエネマグラ。その他にもアナル用バイブやアナルパール、コックリング付きのものなど多岐に渡ります。大まかに分類すると、スティック型、プラグ型、ビーズ型、電動型などでしょう。

    初心者はまず、細く短いものから順に慣らしていきましょう。いきなり太いものを入れてしまうと切れ痔の原因となり、痛みが伴う上、大変危険です。

    今は初心者向けを謳っている手に取りやすいバイブもたくさんあるので、色んなものを手に取ってみるのも一種の楽しみではないでしょうか。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)