付き合って10ヶ月のカップルのあれこれ!体験談も交えて解説します

  • 付き合って10ヶ月以降も仲良く過ごすコツ

    付き合って10ヶ月は、悩みが少しずつ出てきたり喧嘩が増え始めてくる頃です。ですがなんとかこの時期を乗り越えて、今後もずっと恋人と仲良く過ごしたいものですよね。

    そこで、付き合って10ヶ月以降も仲良く過ごすコツをご紹介。このような意識を常に持つようにするだけでも、今後に違いが出るはずですよ。

    気持ちは言葉で伝える


    付き合って10ヶ月もすると、徐々に気持ちを言葉にしなくなります。中でも「好き」「愛してる」「会いたい」といった気持ちは隠しがち。10ヶ月一緒に居たことで慣れが生じ、恥ずかしさが出てきてしまうからでしょう。

    ただ、付き合って10ヶ月は悩みを抱えるようになる時期でもあります。あなたが愛情表現しなくなれば、相手は不安を抱くでしょう。また、「付き合い始めと違う…」と幻滅される可能性もあります。

    ですから、10ヶ月になったとしても気持ちはしっかりと言葉で伝えること。相手に対する思いもそうですが、前みたいに「かっこいいね」「可愛い」と時折褒めることも忘れないようにしましょう。

    自分たちは自分たちと割り切る


    付き合って10ヶ月以降も仲良く過ごすためには、「自分たちは自分たち」という割り切りも大事になるでしょう。

    例えばあなたたちカップルは、まだキスもエッチもしたことがないとしましょう。きっと周りからは「え?まだしてないの?」「我慢させてるの?」なんて言われるかもしれません。ですが、キスやエッチをする期間にルールなんて存在しませんよね。自分たちは自分たちというスタイルを崩さず、自分たちのペースで歩んでいけば良いのです。

    周囲の声を気にして焦ってしまうことで、せっかく築いてきたこの10ヶ月という期間が台無しになる可能性もあります。周りの言う「普通」「当たり前」が必ずしも正解とは限りません。周りに流されず自分たちを信じることも大切ですよ。

    他のカップルと比較しない


    あなたの周りに付き合った時期が同じというカップルがいる場合、比較してしまうこともあるでしょう。ですが、もし比較して落ち込んだり不安を抱えるようであれば、比較しないことです。

    例えば、自分たちと交際歴が同じくらいのカップルが「今度二人で旅行するんだ」と言っていたら、きっと羨ましく感じるはず。そして相手に「私たちも旅行行きたい」とせがんだりもするでしょう。しかし、もし相手が忙しい時期だとしたらどうでしょうか。あなたは行けないことに不満が溜まり、忙しい相手も「こんな時に言ってくるなんて」と思うはずです。

    先述したように、自分たちは自分たち。比較して喧嘩しても、自分たちのためにはならないのです。

    肯定的な言葉を使う


    今後も相手と仲良く過ごすためには、言葉選びも重要です。

    付き合って10ヶ月は、相手に対して慣れが出てくることから、遠慮のない言葉を使いがち。そして、否定的な言葉を使うことも多くなります。そこから喧嘩に発展することも少なくないため、肯定的な言葉を使う意識を持ちましょう。

    仮に相手の欠点が見えてしまっても、「そういうところ嫌だ」と伝えるのではなく「こんな風にしてくれると嬉しい」と伝えます。相手のことを否定するのではなく、自分が望む方法を伝えることで、やんわりと相手に指摘もできますよね。

    お互いに気持ちよく過ごすために、そして喧嘩に発展しないように、言い方や言葉選びにも注意してみましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)