付き合って10ヶ月のカップルのあれこれ!体験談も交えて解説します

  • 付き合って10ヶ月!倦怠期を乗り越える方法

    付き合って10ヶ月は、さまざまな悩みや問題が生じる時期と言えます。そうなってしまうのは、きっと初めの頃と比べて好きな気持ちが落ち着いてくるからでしょう。

    かといって、まだ冷めた訳でもない時期。この倦怠期を乗り越えるためには、どうすれば良いのでしょうか。

    一緒に楽しめる趣味を見つける


    付き合って10ヶ月くらいになって倦怠期を感じるようになったら、一緒に楽しめる趣味を見つけてみましょう。

    これまではお互いに好きな気持ちが強かったため、一緒にいるだけでも満足感が大きかったはずです。ですが、10ヶ月もの間一緒に居ると、徐々に「会うだけ」「話すだけ」では満足感が得られなくなってきます。

    そこでおすすめなのが、一緒に楽しめる趣味を持つこと。一緒に過ごすことに、さらに目的を付け加えるだけで気分が変わってきます。「今日は○○やれたらいいな」「次は一緒に○○を目標に!」といったように目的を作ってみると、会うこと自体も楽しみになるでしょう。

    距離を置いてみるのも良し!


    ドキドキ感がなくなってきて、少しずつ喧嘩が増えてきたというカップルであれば、ここで距離を置いてみるのも良い方法です。

    付き合ってから10ヶ月間、毎日連絡を取ったり会ったりしていれば、必然的に距離は縮まるでしょう。ですが、きっと良いことばかりではないはずです。距離が近くなれば、相手の欠点が見えてきて、慣れによって言いたいことを遠慮なく言ってしまうようになります。すると喧嘩が増えてしまうわけです。

    ですから、少し距離を置いてお互いの大切さに気づく必要があるかもしれません。距離を置くだけでも、一つ一つが新鮮に感じられることもありますよ。

    髪型やメイクを変えてみる


    10ヶ月もの間、相手のことを見てきている訳ですから、相手に対して多少なりとも飽きが出始めてしまうものです。そこで必要になるのが刺激。ここで、相手に視覚的な刺激を与えて、新鮮に感じてもらうことも良い方法でしょう。

    これまで同じような髪型やメイクばかりだったのであれば、この機会に変えてみてはいかがでしょうか。髪型やメイクで雰囲気はガラリと変わります。彼氏や彼女と会った時、きっと「え!いつもとなんか違う」「こういう雰囲気も作れるんだ」と思われるはず。新たな一面を発見できた相手は、新鮮に感じるでしょう。

    悩みは小さいうちに解消する


    付き合って10ヶ月のカップルには、さまざまな悩みがありましたよね。連絡やデートの頻度が減ってくることで寂しいと感じたり、「好き」と言われなくて不安になったりと、少しずつ悩みが出てくるものです。

    この悩みをそのまま放置してしまうと、やがて相手への不満になっていきます。そうなる前に、悩みは小さいうちに解消すべきでしょう。

    寂しさや不安からくる悩みだとしたら、あなた一人では解決しない問題ですよね。だとしたら、相手に「もう少し連絡欲しいな」「たまには好きって言って欲しい」と伝えてみましょう。

    倦怠期でありがちなすれ違いは、相手に言わずにため込んでいることも原因です。そこから別れに繋がらないように、小さいうちに解消しましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)