足を伸ばす方法が知りたい!足が短い原因や効果的なストレッチも必見

脚が短いのは生まれつきだから仕方ないとあきらめていませんか?確かに足の長さには生まれ持った要素が関係していますが、足が短く見える原因を解消したり目の錯覚を利用して足を長く見せることはできます。この記事で、足が短くなる原因とその解消法を知りましょう。

  • 短足はもう嫌…足を伸ばすにはどうすればいい?

    洋服をオシャレに着こなす上で足の長さは重要ですよね?「あと少し足が長ければ良いのに…」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか?この記事で足が短い原因や足を伸ばす方法をご紹介するので、足の長さでお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

    日本人は足が短い?


    一般的に日本人は欧米人に比べて足が短いといわれています。これには大きく分けて、「日本人は身長そのもが欧米人よりも低い」「欧米人に比べて日本人は胴が長い」という2つの要因があります。

    ひとつ目は、一般的に日本人は欧米人よりも身長そのものが低いため、隣に並ぶと足の長さも短く見えてしまいがちです。ですが、この場合は身長が低いことで相対的に足が短く見えているという可能性もあるので、足の長さの比率を測ってみなくては正確な答えは出ないでしょう。

    日本人は胴が長い?


    日本人は足が短いといわれる理由の2つ目は、欧米人に比べて日本人の胴が長いことです。古代から江戸時代まで、日本人の多くは米、豆類、雑穀類、野菜を中心とした食生活を送ってきました。栄養的には問題ありませんが、雑穀類や野菜の食物繊維は消化に時間がかかります。

    消化しにくい食物はゆっくりと分解する必要があるため、腸にとどまっている時間が長くなり、腸の長さも長く丈夫になっていきました。それに伴い胴の長さが長くなっていったので、胴が長く足が短いという体型になったようです。

    以上のことを踏まえると、残念ながら日本人は足が短いといえます。

    努力次第で足を伸ばすことは可能


    上の項目で説明したように、足の長さに民族の特徴や骨格の違いが関係しているのは事実です。そのため、もともと標準的な日本人体型の人が急に欧米人のような体型になるということは難しいのが正直なところです。

    ですが、生活習慣を改善することで足を伸ばすことはできます。この記事内で「足を長くする方法」をご紹介するので、足を伸ばすやり方を知りたい人はぜひこのまま読み進めてください。

    実際より短く見える人も多い


    日本人は足が短い人が多いというのは事実ですが、実際の足の長さよりも足が短く見えてしまっている場合も少なくないのだとか!足を伸ばすには足が短く見える原因を詳しく知ることが重要です。

    一体、どのようなことが原因で足が短く見えてしまうのか、この項目で詳しく見ていきましょう。
  • 足が短く見える原因は?

    もともとの骨格の他にも足が短く見えてしまう理由はいくつかあります。どのような行動が足を短くするのかを知り、足の長さの改善と足を伸ばすための参考にしましょう。

    遺伝


    前の項目でもご紹介しましたが、骨格や食生活などの理由によって日本人は胴が長く足が短い人が多いです。ですので、親からの遺伝によって足が短くなることは珍しいことではありません。

    ただ、生まれ持った体型だけではなく、生活習慣が原因で足を短くしてしまっている可能性もあります。この先の項目で「足を伸ばす方法」をご紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

    姿勢が悪い人が多い


    猫背とは肩が前に出て背中が丸まっているような姿勢をあらわす言葉ですが、日本人は猫背の人が多いといわれています。姿勢が悪いと、背中や肩がまるまっていたり骨盤が前に傾いていたりと、立った時は特に全身が小さく見えてしまいます。

    さらに、猫背の人はそうでない人に比べてO脚になりやすいです。O脚は両脚が外側に向けて曲がっている状態のため、身長が低く、脚が短く見えてしまう原因になります。猫背を治すだけでもスラッとした印象になるので、足を伸ばすために意識して正しい姿勢をキープしましょう。

    正座をする機会が多い


    ひと昔前と比べると減ってはいますが、和室での行事やお葬式や法事など、日本では正座をする機会が多いといえます。正座をするとわかると思いますが、太ももとふくらはぎに体重がかかることで足全体の血流が滞り、足の痺れを引き起こします。

    血流だけでなくリンパの流れも悪くなるため、老廃物が溜まってむくみの原因に。足を伸ばすためには避けたいところですね。

    このように、正座は足の負担やむくみにつながるので、足が短くなる原因と考えられています。正座が必要な場面もありますが、足を伸ばすことを優先するなら、普段はできるだけ正座をしない生活スタイルに変えてみましょう。

    太ると足が短く見える?!


    太っているとそもそも体全体のシルエットが横に長くなるので、同じ身長・足の長さの人と比べて、身長が低く・足が短く見えやすくなります。体重よりも太って見られるという方はこのパターンの可能性が高いでしょう。

    また、太ると足にも余分な脂肪がつき、血行不良やむくみを引き起こしやすくなります。むくみを放っておくと血流が悪くなり余計に脂肪がつきやすくなるので、足を伸ばすためにはマッサージなどでその日のうちに解消することが大切です。