バイブの正しい使い方をご紹介!選び方や手入れ方法も【女性必見】

アダルトグッズの代表格であるバイブですが、使い方が分からず、なかなかイクことができないという人も多いようです。バイブの正しい使い方を知れば、きっと気持ちよくなれますよ。その他にもバイブのお手入れ方法や、選び方も徹底解説していきます。バイブ初心者は必見です!

  • バイブは正しい使い方で更に気持ちよくなれる!

    大人のオモチャの代表格といえば、バイブ。使ったことはなくても、バイブの存在くらいは知っている人は多いのではないでしょうか。バイブは比較的安価で、使い方も簡単なので、女性にとても人気のあるアダルトグッズです。

    しかし、「使い方がわからない」という声もたまに聞かれます。バイブは電池で動く機械なので、使い方がわかりにくいという意見も珍しくありません。でも、使い方がわからないからといって敬遠するのは、とてももったいないですよ。

    バイブは正しい使い方をすれば、とても気持ちよくなれる優れもの。正しい使い方をマスターして、さらに気持ちよくなりましょう!

    そもそもバイブって何?


    バイブとは、ペニスのような形をしたアダルトグッズです。ペニス部分がブルブルと振動(バイブレーション)するので、バイブと呼ばれています。

    よく見かけるのは、ペニス部分がピンク色やブルーなどで、女性にも好かれそうなカラーになっている商品です。また、リアルなペニスに形をしているのではなく、観音様をかたどったタイプのものが昔からの定番となっています。

    逆に、形や色をリアルなペニスに似せたバイブも。女性の様々なニーズに応えているようです。

    バイブとディルドの違い


    バイブとよく似たアダルトグッズに、ディルドがあります。ディルドは、ペニスの形をしているという部分では共通していますが、バイブレーション機能がないというのが一番の違いです。電池も必要ないので、膣にそのまま挿入して使います。

    また、ディルドの場合は、リアルなペニスに似せた商品が多いのも特徴です。ペニスだけでなく陰嚢がついていたり、包茎であったり、浮き出た血管がしっかり再現されていたり。見ているだけでもドキドキしてしまいそうな造形です。

    とんでもなく大きいサイズが売られているのも、ディルドならではでしょう。バイブは電動のため、そこまで大きくはできないようです。

    ペニス代わりのオモチャは江戸時代からあった


    今は電池が使えるので、電動のバイブと、電動ではないディルドに分かれています。しかし昔は電気がなかったので、バイブは当然存在しませんでした。しかしディルドは、なんと江戸時代から存在していたのです。

    江戸時代にも大人のオモチャ専門店があり、そこには和紙をかためて作ったディルドが売られていました。大奥の近くにある店には、大奥からのお使いの人がよく来ていて、和紙のディルドを買って行ったそうですよ。しかもこの時代にも通信販売があって、遠くに住む人に商品を届けていたというのですから、どれだけ需要があったのかがよく分かります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)