カップルが自然消滅する理由は?男女の本音や自然消滅を避ける方法も

  • 自然消滅でそのまま別れる方法

    ここからは自然消滅でそのまま別れる方法についてご紹介します。自然消滅を防ぎたいと思う人がいる一方で、むしろ自然消滅を狙いたいと考えている人もいることでしょう。別れ話の手間を考えるとうんざりしてしまうという人が多いようです。

    上手く行けば恋人と波風を立てずに静かに別れることができる一方で、明確な別れの区切りを付けられないのが、自然消滅の特徴です。新しい恋を見つけて将来のことを考えるようになった時、区切りのついていない過去に悩んでしまう可能性もあります。

    計画的に自然消滅を狙う場合には、自分の将来にまで影響が及ぶ可能性があることを念頭に置いてくださいね。

    相手が知らないところへ引っ越す


    相手が知らないところに引っ越してしまえば、自然消滅する可能性はかなり高くなります。こちらが最も効果的かつ大胆な方法です。ただ、心身への負担も大きくお金もかかりますので、緊急的な方法とも言えます。

    LINEをブロックしたり、電話を着信拒否したりすることも忘れずに。連絡の取りようが無くなってしまうため、相手は基本的に諦めるしか方法がありません。

    なお、恋人がストーカー気質のタイプだと、新しい住所を調べだしてしまう可能性もあります。その危険性がある場合には、役所で住民票の閲覧制限や交付制限をしておくと比較的安心です。身の危険を感じる場合には、警察に相談する必要もあるでしょう。

    連絡を自然に減らしていく


    時間をかける余裕があるのであれば、連絡を自然に減らしていくのがおすすめです。1日1回していた連絡を、2日に1回、3日に1回、5日に1回、1週間に1回と徐々に減らしていきましょう。1回毎の話も短く簡潔に終わらせ、恋人の雰囲気を消していきます。

    少しずつお別れの言葉を告げるイメージです。時間はかかるものの、恋人も恋の終わりを徐々に感じ取ることができ、最も平和に静かに別れられる方法ではないでしょうか。

    具体的な約束をしない


    恋人から何か提案された時に、具体的な約束をしないようにするのも自然消滅への第1歩です。「次のデートをいつにするか」と聞かれたら日程の話はせずに、「知り合いがここに行って、楽しかったって言ってたよ」などと話をはぐらかしてしまいましょう。

    相手としては、デートの話をしているので、その場では満足できるはず。しかし、具体的な日程の話をしてしないため、いつまでもデートの予定がたちません。このようにして、徐々に会う機会を減らしていきましょう。

    相手が欲しがっている答えをあえて言わない、ちょっと意地悪な心理戦です。

    仕事が忙しいことを匂わせる


    仕事が忙しい時、恋人のことをかまっていられなくなるのは仕方のないことですよね。お互いに社会人のカップルであれば、繁忙期や中間管理職などの大変さを十分に理解していることでしょう。

    連絡を減らす前に「仕事が忙しくて」と前フリをしておけば、相手は恋人を気遣って頻繁に連絡しないようにしてくれるはず。その連絡がまばらになる時期を使って、フェードアウトしていきましょう。

    なお、仕事を言い訳にしたことがすべてウソにならないように、これまで以上に仕事を頑張って罪滅ぼしをすることも大切です。
  • 自然消滅で別れる事にはデメリットもある

    最後に自然消滅で別れるデメリットについてご紹介します。別れ話をしなくてすむ自然消滅は一見穏便な別れ方に見えますが、お互いの認識が確認できない分大きなデメリットもあります。

    自分が自然消滅を狙っている場合には、これらのデメリットついてしっかり考えてから行動を起こしましょう。

    また、自然消滅を狙っていたとしても、自分の思う通りにことが運ぶ保証はありません。失敗した時には、倍になって返ってくる可能性があることを忘れずに。

    とにかくモヤモヤする


    自然消滅で別れてしまうと、はっきりとした終わりがないため、とにかく心がモヤモヤしてしまいます。ふとした瞬間に恋人のことが思い出され、「アイツ怒ってないかな」とか「いきなり会ったらどうしよう」など、不安が完全に消え去ることはありません。

    次の恋を探そうと思っても、恋人の影が脳裏にちらついてしまう可能性もあるでしょう。物事に終わりがあるのは仕方のないことですが、やはりきっちりと区切りを付けないことよる不安感は残ってしまいます。

    共通の友人がいる場合評判が悪くなる


    共通の知人がいる場合には、特に注意が必要です。「徐々に連絡を無視されるようになって、自然消滅してしまった」などと、恋人がその知人に恋愛相談している場合、噂になってしまうでしょう。最悪の場合、その知人が恋人に頼まれて事実確認をしに来る可能性もあります。

    共通の知人がいる場合には、できる限り自然消滅は狙わない方が無難です。

    相手が自然消滅と思っていない場合も


    自然消滅はお互いの合意なしに、雰囲気で恋人関係を終了させることです。自分が「もう終わっただろう」と思っていても、相手は「最近連絡が来ないけれど、忙しいのだろう」とのんびり考えている可能性もあります。

    新しい恋人とデートをしている時に、自然消滅を自覚していない元恋人と会ってしまった日には悲惨ですよ。新しい恋人にまで、「この人は物事をはっきりさせない人なんだ」と思われてしまう場合もあります。

    ストーカー化しちゃう可能性


    恋人が感情的なタイプの場合、別れ話の負担を避けるために自然消滅したくなりますが、よく考え直してみてください。中途半端に突き放されると、人は追いかけたくなるものです。場合によっては、恋人がストーカー化してしまう可能性もあります。

    身の危険がない限りは、できる限り恋人関係をしっかりと終わらせましょう。場合によっては、第3者に立ち会って貰うのもいいかもしれません。既に危険を感じている人は、警察に相談するのも1つの方法です。