カップルが自然消滅する理由は?男女の本音や自然消滅を避ける方法も

  • 彼女と自然消滅した理由【男性の本音】

    ここからは、彼女と自然消滅した理由を男性の本音からみていきましょう。女性の本音からも分かるように、本人の性格やタイミングなど、自然消滅してしまうカップルにはさまざまな理由があります。

    特に男性はこまめな連絡を苦手とする人が多いですから、うっかりサボらないように気をつけたいですよね。せっかく結ばれた彼女が、いつの間にか自分の腕からいなくなってしまうかもしれませんよ。

    価値観が違いすぎて連絡しなくなった


    「自分の一目惚れから出会ってすぐに付き合い出したものの、早々にして価値観の違いに悩むようになってしまった。その違和感を彼女に言葉で伝えることすら面倒臭くなって、連絡するのをやめてしまった」(27歳/男性/営業職)という人がいます。

    恋愛関係を続ける上でとても重要な「価値観」ですが、具体的に説明しようとすると意外と難しい、非常に曖昧なものでもあります。「自分が何にどれだけ価値を感じるか」を説明するのは、結構骨の折れる作業です。

    恋人間で価値観があまりにも異なる場合、お互いを理解する前に心が折れてしまうこともあるでしょう。

    彼女より好きな女の子が出来たから


    「あるあるですが、彼女より好きな女の子ができてしまって。彼女が嫉妬深いタイプだったので、そんな話をしたら恐ろしいことになりそうだったんです。時間をかけて徐々に連絡を減らして自然消滅させました」(29歳/男性/介護職)という男性がいます。

    彼女よりも好きな人ができてしまうと、それまでと同じ気持ちを保つのは難しくなってしまいます。本来ならば、キチンと話し合いをして別れる方がいいでしょうが、彼女の性格を鑑みて、自然消滅の方向に持っていくパターンもあるようです。

    恋愛より仕事が楽しくなってしまった


    「高校、大学と続いていた彼女がいたんですが、自然消滅してしまいました。仕事が楽しくて、僕が恋愛よりも仕事ばかりを優先してしまったのがきっかけです。最後に会った時、彼女が寂しそうな顔をしていたのを覚えています」(24歳/男性/金融業)という人も。

    時間のある学生時代には順調だった恋愛も、社会人になると上手くいかなくなってしまうことがあります。特に、夜勤のある仕事や不定休な仕事についた場合には、デートもままならなくなる場合も。

    長く付き合ったカップルほど、恋人の気持ちが手にとるように分かるものです。このケースでは、カップルがお互いに自然消滅を予感していたようですね。

    別れ話をすると感情的に泣かれるから


    「感情的な彼女で、気に入らないことがあると泣いて駄々をこねるタイプでした。別れ話をしたら絶対に泥沼化することが分かっていたので、時間をかけて徐々にフェードアウトし、自然消滅させました」(32歳/男性/公務員)という男性もいます。

    このように、感情的で話し合いが苦手なタイプの女性との付き合いに疲れてしまった男性は、別れ話を避けるために自然消滅を狙う場合もあります。普段から恋人の話にきちんと耳を傾けておけば、少なくとも自然消滅という終わり方は避けられたかもしれませんね。

    趣味に没頭していたら連絡を忘れていた


    「海釣りにハマってから、彼女そっちのけで魚ばかり追っかけていました。船で沖まで出てしまうと、携帯電話が繋がらないこともあり、連絡は途絶えがちに。いつの間にか彼女からLINEをブロックされていました」(30歳/男性/接客業)という男性も。

    趣味にドハマリして、彼女のことを忘れて没頭してしまう男性がいます。アウトドアな趣味の場合、休日のたびに圏外に出かけることになり、ほとんど連絡が取れなくなってしまうこともあるでしょう。

    特に新しい趣味を始めたときには、それ以外のことをすべて忘れて心血注いでしまう人もいますが、彼女への連絡は忘れないようにしたいですね。
  • 自然消滅ってどの期間から成立すると思う?

    ここからは、連絡を取らなくなってから自然消滅が成立する期間について、男女の意見を交えてご紹介します。カップルが自然消滅してしまうのにはさまざまな理由があるのと同じように、自然消滅したと感じる期間もカップルによってさまざまです。

    自然消滅というだけに、「どのくらい連絡をやめたら成立するか」を恋人と相談するわけにもいきません。片方は自然消滅したと思っていても、一方はまだ続いていると信じている可能性もあります。

    考え方によって、人それぞれ大きく幅があるようです。

    返信が無くなって2週間ぐらいかな


    「LINEの返信が無くなって2週間したら、自然消滅したなと思ってしまいます。どんなに忙しいとは言っても、2週間まるまるLINEを見る暇すらないっていうのはなかなかないと思うので。一応2週間後に最終通告して、返信がなければそれまでです」(18歳/男性/学生)という意見があります。

    恋人とみつに連絡するのが当たり前の人にとっては、2週間の音信不通はとても長く感じられるでしょう。その間、さまざまな葛藤があるものの、2週間を目処に次の行動に移りたいという本音もあるようです。

    1ヵ月以上無反応なら完全に終わってる


    「付き合っている以上、1ヶ月も無反応なら完全に関係は終わっていると思います。LINEのログもずっと下の方にいっちゃって、探すのすら面倒になっちゃうかも。潔く次の恋を探したほうがいいですね」(21歳/女性/サービス業)という女性もいます。

    1ヶ月の時間が経つと、恋愛以外の仕事や学業でも「もう1ヶ月経ったのか」と感慨深く感じられるものですよね。二人の気持ちが離れてしまうのに、十分な時間でもあるでしょう。

    ワンシーズン3ヶ月


    「春夏秋冬がそれぞれ3ヶ月ずつあるように、恋愛も3ヶ月ワンシーズンと考えるのが妥当かと思います。3ヶ月全く連絡を取り合わなかったら、その恋愛のシーズンは過ぎ去ったということです」(33歳/男性/研究職)という人もいます。

    1年を春夏秋冬で4等分すると、それぞれ3ヶ月ずつになりますよね。1つの季節が終わるくらいの間、お互いのことを思いやらないならば、その関係は破綻しているとも言えるでしょう。3ヶ月の間に心の整理もつき、すっきりとした気持ちで次の恋を探せそうです。

    お互いの誕生日や記念日をすっぽかしたら


    「期間も大切ですが、記念日や誕生日をすっかり忘れられてしまったら、結構やばい自然消滅のサインだと思います。記念日や誕生日って、恋人にお祝いの連絡を入れたくなる瞬間のナンバーワンじゃないですか」(22歳/女性/アパレル関係)という意見があります。

    1年に1度しかない恋人の誕生日やカップルの記念日を忘れてしまうということは、恋人に対する興味関心が薄れている証拠の1つです。近い内に連絡が途絶えてしまうかもしれないイエローサインと言えます。

    連絡先が分からなくなったら


    「以前付き合っていた彼女から、突然連絡が来なくなってから3日後、LINEも電話もブロックされてしまいました。まだ自宅の場所も知らなかったし、泣く泣くそのままお別れしました。自然消滅に至るまでの最短方法ではないでしょうか」(28歳/男性/教育関係)という人も。

    連絡が途絶えるだけならまだしも、突然LINEをブロックされたり電話を着信拒否されてしまったら、相手から強く拒絶されていることが感じ取れますよね。自宅の場所を知っていれば訪問してみるのも1つの方法ですが、それが叶わないこともあるでしょう。

    やり直す隙を相手に一切与えない大胆なテクニックでもあります。