別れ話が出ても仲直りは出来る?仲直りのコツや長続きさせる方法も!

  • もう別れ話は嫌!仲直りして長続きさせるには

    無事に仲直りできたとしても、一度別れ話を持ち出されて「もう別れ話なんて嫌!」とこりごりに感じた人もいるでしょう。

    同じような危機を迎えないためには、どのような付き合い方を心がければ良いのでしょうか。仲直り後、長続きさせる方法を見ていきます。

    お互いに相手の気持ちを考える


    別れ話が出たということは、相手が何かしらの不満を抱えたということですよね。きっと、その理由や原因を別れ話をされた時に知れたはずです。そこを意識しながら、今後は相手の気持ちを考えながら付き合っていく必要があるでしょう。

    もちろんこれは、別れ話を切り出されたあなただけではなく、相手も心がけるべきところです。お互いに相手の気持ちを考えながら行動すれば、不満を抱えることは少なくなるもの。これからは、何か行動や発言をする前に「自分がされたらどうか」を考えるようにすると良いですね。

    不安になったらすぐに伝える


    相手となかなか会えなかったり、愛情表現不足により不安を感じた場合は、すぐに相手に伝えるようにしましょう。

    これまで見てきた中にもあったように、別れ話の中には「相手を試す」という目的のケースもありましたよね。きっと、思われている自信がなくなり、相手の気持ちを確認したくて別れ話になったのでしょう。

    でも、そこで相手が「分かった」と受け入れてしまえば、大好きな人とそのまま別れなければならないのです。このような状態で別れたら、二人とも後悔しますよね。

    ですから、不安になった時はため込まず素直に伝えた方が良いでしょう。「好きでいてくれてる?」「会えなくて不安になってきた」と伝えれば、相手もあなたの不安に気づいて対処してくれるはずです。

    指摘されたところは直すように努力する


    相手から「ここ直して」「こういうところ嫌」と言われることがあったら、直すように努力することが大事。「許してくれるはず」「これが自分だから」と、いつまでも改善されなければ、相手は我慢の限界が来て再び別れ話をしてくるでしょう。

    長続きさせるためには、お互いに成長し合う必要があります。相手の期待に応えたり望むような恋人に変わっていくことも成長のうちです。ですから、指摘されたところは出来るだけ直すようにしましょう。

    当たり前の存在だと思わないこと


    付き合っていくうちに、恋人の存在は当たり前になっていくものですよね。長いこと一緒にいれば、このような感覚になってしまうのも仕方ないでしょう。

    ただ、その感覚によって相手への感謝や気遣いを忘れてしまってはいけません。また、自分が悪い時には謝ることも大切です。恋人から何かしてもらった時には「ありがとう」と、自分に非がある場合は「ごめんね」ときちんと言葉にして伝えましょう。その一言があるだけでも初心を維持できます。

    今回別れ話が出た時、きっと「別れたくない!」「居なくなるなんて嫌!」と思ったのではないでしょうか。彼氏・彼女と付き合えていることは、決して当たり前ではないと痛感したはずです。相手の存在が貴重だということは、今後忘れないようにしましょう。
  • 仲直り出来た後からが勝負!別れ話を今後に活かそう

    別れ話の内容や状況によっては、仲直り出来るケースもあれば出来ないケースもあります。まだ見込みがある場合は、あとあと後悔しないように仲直りを目指しましょう。

    仲直り出来る別れ話の場合は、その多くが「警告」や「限界」を意味しています。相手が別れ話をして来たということは、そこに何かしらの意味や思いがあることは理解しなければなりません。不安が大きくなり爆発してしまったケース、あるいは自信がなくなって辛く感じてしまったケースもあるでしょう。ですから、仲直りした後の付き合い方が重要になってきます。

    決して「仲直りしたから終わり」と考えてはいけませんね。相手の中にある不安や心配を取り除いてあげることが、今後付き合う上で大切になります。相手が示してくれた警告&限界を活かして、今後も長続きさせましょう。

Photo:All images by iStock