恋とは?ドキドキするのは恋の証拠?恋の定義を解説!好きとの違いも

恋とはいったいなんなのでしょうか?ドキドキするのは恋の証拠と言いますが、それは本当なのでしょうか?今回は、「恋」と「好き」の違いや、恋とはなんなのか、恋に落ちたらどうしたらいいのかを解説をしていきます。恋について悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

  • 恋と「愛」「好き」の違いとは?

    恋をするということは、人生において誰しもが経験しうることです。ですが、恋とはそもそも一体なんなのか、説明できる人は少ないのではないでしょうか?

    今回は、恋とはそもそも何なのか、恋をしているサインや恋の定義、好きや愛との違いもご紹介していきます。

    そもそも「恋」とは?


    「恋をしたい」などと口にすることはありますが、そもそも「恋」とはいったいなんなのでしょうか。一般的には、「相手と一緒にいたい」と思ったり、相手のことをずっと考えたりすることです。後ほどこの「恋とはなにか」という恋の定義について、詳しくご紹介いたします!

    愛は相手の感情を受け入れること


    「恋」と似ているもので、「愛」というものがあります。恋も愛も相手のことを好きだと思う感情によるものですが、恋と愛には少しだけ違いがあるのをご存じですか?

    愛は、「相手の感情を受け止める」という意味を持っています。相手がどんな感情を持っていても受け止め、それに対して「いとおしい」とプラスの感情を持つことが愛です。

    恋は片方から片方へ一方的に向ける好意ですが、愛は片方の気持ちをしっかりと受け止め、心が通じあっている状態と言えます。

    好きは恋の一歩手前


    「恋」「愛」ともう一つ、「好き」というものがあります。好きとは、相手のことがなんとなく気になったり、相手のことを考えてしまうことです。なんだか恋と似ていますよね?

    実は、好きは恋の一歩手前の状態であり、「好き」という気持ちが高まっていくと「恋」になります。恋と違うところは、ほかのものに対しても感じたり、複数のものに対しても感じるということです。恋は恋愛の対象になる相手にしかすることはないのですが、好きは友達に対しても、家族に対しても、モノにも感じます。

    恋とは楽しいもの?つらいもの?


    恋にはキラキラしているイメージがありますが、つらいことも悲しいこともあります。悩みごとも多く、時には「もういやだ」と思ってしまうようなこともあるでしょう。相手との関係に悩むこともあるはずです。

    ですが、受け取り方や気持ちの持ちようによっては、恋はしているだけでとても楽しいものになります。恋を「楽しいもの」にするのか「つらいもの」にするのかは、その人次第です。どうせ恋をするならば、楽しいものにしたいですよね。

    この記事では「恋をしたときどうするか」「恋を実らせる方法」などもご紹介していますので、楽しい恋にしたい人も是非読んでみてくださいね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)