舌足らずがコンプレックス!原因や治す方法について徹底リサーチ!

舌足らずとはどういった意味か知っていますか?今回はそんな「舌足らずな人」について紹介します。舌足らずな人は言葉を発することが苦手です。しかしそんな舌足らずな人でも、見方を変えると異性から人気な面も。言葉を綺麗に発するためにも、舌足らずについてよく知りましょう!

  • 舌足らずの意味とは?

    舌足らずとは、どんな人を指すかわかりますか?想像してみると、滑舌が悪い人を思い浮かべるかと思います。今回は、言葉に詰まってしまう原因や、治し方について徹底紹介するので舌足らずで悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

    まずは、舌足らずの基本的な意味からおさらいしていきましょう!

    舌の動きが不十分な状態


    舌足らずとは、舌の動きが悪く発音が上手くいかない状態のことを指します。舌の動きが不自由分になる原因はいくつかあり、一般的な人のとの筋力の差や、舌の長さが主な原因となってくるのです。

    口内の動きが不十分だと、意識せずとも舌足らずになってしまいます。思ったように言葉が出なかったり、相手に対して聞こえずらい発音になるなどの障害が発生するのです。

    言葉に詰まったり噛む癖をつけてしまうと、治すのにも時間がかかるため、話しがスムーズにできないと気づいたら、治す努力をする必要があるでしょう。

    言葉がつっかえやすい傾向がある


    べろの動きが不十分になると、自分の中では上手く言葉を発音したつもりでも、相手が何と言ったのか聞き取れない・理解できないという問題が生じてきます。また、言葉がつっかえやすくなり、会話が途切れ途切れになってしまうことも。

    スムーズに話せないことから、お互いにイライラする原因にも繋がってしまうのです。ある程度、言葉がつっかえる癖を治す方向でいかいないと、自分にとっても相手に対しても、ストレスが溜まってしまうので注意が必要になるでしょう。