彼氏とマンネリ化しがちな時期とは?対策や解消法法も徹底リサーチ!

彼氏との付き合いが長くなってくると、徐々に慣れが出てくるもの。ドキドキするような刺激が減ってきて、「つまらない」「物足りない」と感じる人もいるでしょう。もしかしたらそれは「マンネリ」かもしれません。マンネリしやすい時期を把握して、早めに対策しておきましょう!

  • そもそも「マンネリ」とはどんな意味?

    マンネリという言葉はよく耳にするものの、どのような意味かご存知でしょうか。

    まずは、多くのカップルに訪れることがある「マンネリ」について詳しくご説明しましょう。

    「マンネリ」の意味


    「マンネリ」とは、新鮮味や独創性がないことを意味します。とはいっても、なかなかこれだけでは理解しがたいですよね。

    ここでいう新鮮味がないとは、ドキドキがないことです。また、独創性がないとは、新たな発見や出来事がないことを意味します。つまり、ドキドキや刺激がなくなり、少し退屈に感じる関係になった時をマンネリと表現するのです。

    とくに長く付き合っているカップルに多く見られるマンネリ。逆に言えば、マンネリするほど安定した関係性とも言えるでしょう。

    「マンネリ」の語源


    ちなみに「マンネリ」は、マンネリズム(mannerism)の略。マンネリズムという言葉は、芸術の分野で使用されていた言葉です。芸術や演劇などの型にはまった手法、態度、様式への固執を意味する英語がマンネリズム。これが「ワンパターン」「いつも同じ」という意味合いを持つことから、恋愛面で例えると「新鮮味も独創性もない関係」となるようです。

    簡単に言うと、「いつも同じでつまらないな~」「ドキドキもなくて飽きてきたな~」といった状態がマンネリ。彼氏に慣れてきて一緒にいることに新鮮味がなくなってくると、このような気持ちになる女性も多いのではないでしょうか。

    「マンネリ」は必ず訪れるものと思って対策を!


    マンネリは、必ず訪れるものだと思って対策をしておくことをおすすめします。カップルによってマンネリが訪れる時期には違いはあるでしょう。ただ、「自分たちは大丈夫」と思っていても、交際が長く続いていけばマンネリは訪れるはずです。

    あなた自身がマンネリを感じていなくても、彼氏が感じるパターンだってあるもの。「飽きてきたな」「つまんないな」と思われないように、マンネリになる前から付き合い方を工夫しておくと良いです。その対策法もこのあとご紹介していきます。
  • 彼氏とマンネリだなぁと思う時って?

    「マンネリだなぁ」と感じるポイントは人それぞれでしょう。

    まずは、どのような時に彼氏とマンネリだと感じるのか、女性の意見を見ていきます。

    デートが毎回同じ場所な時は感じる


    「待ち合わせもデートする場所も毎回同じだと、マンネリだなぁって感じる。」(22歳/女性/フリーター)

    大好きな彼氏とであっても、毎回同じ場所でのデートとなれば飽きが来てしまいますよね。「今日もまたここか…」とマンネリを感じるようです。

    前はあったドキドキ感が薄れてきた時


    「前は彼氏に近付かれたり手を繋ぐだけでもドキドキしてました。そういうドキドキ感が薄れてきた時はマンネリを感じます。」(29歳/女性/コールセンター勤務)

    彼氏とマンネリだと感じる女性の中には、ドキドキがなくなったと思ったことがきっかけな人が多いのではないでしょうか。彼氏と一緒にいることに慣れてきて、当たり前のような感覚になってくると、徐々にドキドキは薄れていくでしょう。

    喧嘩が多くなってくるとマンネリかなって思う


    「最近すぐ彼氏と喧嘩になることが多くて。会えば喧嘩、喋れば喧嘩っていう今の状況はマンネリかなって思う。」(27歳/女性/会社員)

    彼氏と喧嘩が多くなってきたことでマンネリを感じているようですね。喧嘩が多ければ、イチャイチャする機会もなくなってしまうでしょう。

    思ったことを口にすることは良いことですが、喧嘩へと発展することも多くなります。お互いの中にできた「慣れ」がそうさせているのかもしれませんね。

    私は感じてないけど彼氏が感じているかも


    「私は彼氏との関係にマンネリは感じてない。けど、彼氏の方が感じてるかも。最近冷たいしないがしろにされている気がする。」(31歳/女性/金融業)

    このように、片方がマンネリを感じているケースもあるでしょう。こちらの女性は、彼氏の態度が冷たく感じて、「私に飽きてきたのかな」と不安を抱えているようです。

    きっとこの逆もあるはずですよね。彼氏はこれまでと変わらないものの、自分が彼氏に冷めてきた気がすると感じる女性もいるでしょう。