話すことがないときってどうすれば?オススメの話題や克服方法まとめ

  • 口下手を克服する方法はある?<その①>

    話すことがない状態を抜け出すためには、口下手を克服することが大切です。

    会話で失敗や不安を減らすためにも、口下手は早期に改善させるようにしましょう。そのためにも、次のような方法を試すことをおすすめします。

    まずは相手に興味を持つ


    口下手を克服するためにも、まずは相手に興味を持つようにしましょう。対面する人に興味を持つことで、知りたいことが増えていきます。「これが知りたい」「あれを聞いてみたい」と思えるようになれば、自然と会話も広がっていくでしょう。

    また、自分に興味を持ってもらうような振る舞いも大切です。例えば、警戒心丸出しの姿勢では相手は不快感を覚え、何も知ろうとはしないでしょう。

    互いに興味を持てることが増えれば、より会話は広がっていきます。相手に聞くばかりにならないよう、自分を知ってもらう努力も必要ですよ。

    自分と相手の共通点を見つける


    話すことがないなら、まずは自分と相手に共通点がないか探ってみましょう。例えば、同性なら似たような趣味がないか聞いてみると良いですよ。また、異性が相手なら、好きな食べ物やアーティストについて聞いてみましょう。

    共通点を見つけると、そこから会話を広げることができます。また、自分と似たようなところがあると嬉しくなり、さらに相手に興味が持てるようになるでしょう。

    逆に共通点が少ないと、何を話したらいいか分からなくなります。特に初対面の人相手には、共通点を多く見つけた方が楽ですよ。

    5W1Hを活用する


    話す内容が上手くまとめられずに口下手になってしまうなら、5W1Hを活用してみましょう。これは「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように」という意味があります。これを活用することで、文章を正しく構築し、言いやすいように変換することができるでしょう。

    人に話を理解してもらうためには、分かりやすい言葉を発することが大切です。しどろもどろになっていては、相手は言いたいことを理解してくれません。

    そのため、話す前に何を先に話すか順序をつけるべきです。分かりやすく結果を伝えることで、相手もその内容を理解し、話を続けてくれますよ。

    リアクションは大きめに


    会話を続けるためには、相手に「会話を楽しんでいますよ」と分かってもらうことも大切です。そのためにも、リアクションは大きめに取るよう心がけましょう。例えば、相槌一つでも、「そうなんだ!」「さすがですね!」と大きめに取るのです。

    こうした大きなリアクションは、相手に「聞いていますよ」と実感させることができます。きちんと興味を示していると分かるので、相手もさらに会話を広げてくれるでしょう。

    ただし、大げさすぎるリアクションは返って白々しさを印象付けます。あからさまな態度にならないよう、リアクションは適切なものを取るようにしましょう。
  • 口下手を克服する方法はある?<その②>

    口下手を克服する方法は、次のようなものもありますよ。

    人と話すときは、話すことがないからと緊張感を感じないことが大切です。極度に緊張すると頭も固まってしまうので、まずはリラックスすることを心がけましょう。

    笑顔を意識して話す


    話す時に緊張しすぎると、人は頭が固まってしまいます。それに伴って表情も硬くなるため、相手に警戒心を与えてしまうでしょう。互いに悪い影響を与え合ってしまうので、人と会話をする際には笑顔を意識して話すことも大切ですよ。

    笑顔を浮かべていれば、まず相手を悪い気にさせることはありません。自分も肩の力を抜けるようになるので、リラックスして表情を緩めるよう意識してみましょう。また、相手の話に親身になるよう笑顔で聞いていると、さらに相手は話題を振ってくれるようになりますよ。

    ただし、話によって表情を変えることは大切です。悲しい話をされているのに始終笑顔でいれば、相手を怒らせてしまうでしょう。

    相手を警戒しすぎない


    あまり親しくない相手と話す時には、多くの人が相手を警戒してしまいます。これは親しくないからこそ、自分に危害を加えようとしているのではないかと不安になるからです。しかし、こうした警戒態勢は相手に不快感を与えてしまうでしょう。

    互いに警戒しすぎれば、頭はさらに固まっていきます。気まずさをより強く感じる原因になってしまうので、親しくないからと警戒しすぎないことも大切ですよ。肩の力を抜いて接することで、話すことも次から次へと頭の中に浮かぶようになります。

    逆に警戒したままでは、頭は柔軟に動いてくれません。警戒による緊張のせいで、相手の話を聞いても思考が停止してしまうからです。

    緊張せず、ゆっくり話すよう心がける


    人は緊張すると、話す時に言葉が早口になりやすいです。早口になると、頭の中に何を話そうか思い浮かべていても、それらが正しく口から出なくなります。そのため、緊張せずにゆっくり話すよう心がけることも大切ですよ。

    話をする前に、まずは心を落ち着かせてみましょう。一呼吸置いて話しを始めることで、緊張をいくらか解すことができますよ。そこから早口にならないよう意識しながらゆっくり話すと、話したいことがすんなりと口から出るようになるでしょう。

    また、リラックスするときには深呼吸も有効です。気づかれないよう深く息をすることで、会話に集中できるようになるでしょう。

    基本的な挨拶から始めてみる


    話すことがないと、何を話そうかとテンパってしまう人もいますよね。しかし、いきなりたくさんのことを話そうとしても、気を遣ったり遣わせたりで疲れてしまうだけです。そのため、まずは基本的な挨拶から始めてみるだけでも良いでしょう。

    例えば、挨拶を繰り返すと次第に相手に親近感を持つことができます。相手が挨拶を返してくれれば、より相手に好意的になっていくでしょう。相手との壁を感じなくなるほどになれば、話したいことも次第に見つかっていきます。

    初めから上手くやろうと意気込んでも、そう簡単に行くわけではありません。なら、少しずつできることから始めた方が、より口下手は克服できるでしょう。