話すことがないときってどうすれば?オススメの話題や克服方法まとめ

  • 話すことがないと感じる人の悩みとは?

    話すことがないと会話に気まずさを感じてしまうため、次のような悩みを抱えやすいです。

    まずは同じような人の悩みを知り、自分との共通点を知ってみましょう。自分と同じ部分を見つけると、自分の中に「頑張っていこう」という意欲が湧いてきますよ。

    気まずいと感じてしまう


    話すことが何もないと、会話に気まずさを感じますよね。何を話すべきかと悩みすぎるせいで、沈黙が続いてしまうからです。その場にいられないほどの気まずさを感じれば、より頭は真っ白になっていくでしょう。

    また、気まずさを感じるほど人はその場から逃げ出したくなります。その環境が嫌に感じられるので、話すことを見つけるよりも逃げることに頭が使われてしまうのです。これによって話題を探そうという意欲もなくなってしまうでしょう。

    気まずさを感じれば感じるほど、人は自分が敵対されているような気持ちになります。もう少し肩の力を抜ければいいですが、それができないといつまで経っても気まずさを感じるでしょう。

    打ち解けるのに時間が掛かる


    人は会話の中から相手のことを知っていきます。話すことが多ければ多いほど、得られる情報も増えていくでしょう。しかし、話すことが何もないと、相手の情報も入ってきませんし、自分を知ってもらうこともできません。

    そのため、相手と打ち解けるのに時間が掛かるのです。相手から話しを振ってくれればそれなりに仲良くなれますが、自分から話を振れなければ人間関係はより狭くなっていきます。

    人と打ち解けるには、必要最低限の会話やコミュニケーションが必要です。人と打ち解けられないという悩みを抱えているなら、まずは自分のことを話すよう心がけてみましょう。

    あれこれと考えすぎてしまう


    話すことがないと、気まずさからあれこれと考えてしまう悩みを持つ人もいますよ。例えば、気まずさから「相手を悪い気にさせているのではないか」「自分に対して何か悪いことを考えているのではないか」と不安になってしまうのです。

    話が続かないからこそ、あれこれと余計なことを考えてしまう。相手はそんなことを一ミリでも考えていないのに、自分が「ああではないか」「こうではないか」と邪推してしまうのです。これでは話そうとしても、恐怖から口が開けなくなりますよね。

    そのため、人と話すときは安心感を持つことも大切です。話すことがない時ほど、冷静になって相手の表情を伺うようにすると、悪いことを考えているようには見えないでしょう。

    気を遣いすぎてストレスを感じてしまう


    会話が続かない、話すことがないとなれば、何とか相手を楽しませようと試行錯誤しますよね。実際に口を開かなくても、頭の中では「次に何を話そう」「気まずくさせないように」と次の行動について頭をフル回転させるでしょう。

    しかし、こうした行動は自分のストレスになります。相手に気を遣いすぎてしまうため、話していないのに疲れを感じる人も多いでしょう。これが続けば、人と話すこと自体が嫌いになってしまいます。

    話すことがないと気まずさを感じるのは確かですが、だからといって気を遣いすぎる必要はありません。会話は一方的に行うものではなりませんから、あえて何も考えずに沈黙を貫くのも大切ですよ。
  • 話すことがない…会話が続かない原因とは

    相手と対面しても、話すことがないと会話も続きませんよね。では、どうして会話が続かなくなってしまうのでしょうか?

    それは、単に話題がないだけの問題ではありません。次のような原因があるからこそ、話すことがないと感じてしまうのです。

    無意識のうちに相手を警戒している


    会話が続かなくなるのは、無意識のうちに相手を警戒しているせいです。相手のことが分からないと、何を考えているかも理解することができませんよね。こうした警戒心が強いからこそ、警戒するばかりに気を取られてしまうのです。

    元から会話を楽しもうとする姿勢がなければ、思考は固まります。何を話そうかと悩む前に、相手の動向に気を取られてしまうからです。

    そのため、相手から話題を振られても、とっさに反応することができません。もう一度話を聞くことになるため、相手も気分を害してしまうでしょう。

    相手に興味が薄い


    相手に対する興味が薄いのも、会話が続かない原因です。そもそも会話は、互いに興味がなければラリーが続きません。どちらかが興味を放棄してしまえば、一方的に会話が終了になってしまうからです。

    相手を知ろうという気持ちがなければ、質問の言葉も浮かんできませんよね。会話が続かない、何も話すことがなくなるのは、そもそも自分にその気がないからかもしれませんよ。

    会話を続けたいという気持ちがあるなら、もう少し相手に意識を向けましょう。何が好きなのか興味を持つだけでも、会話は広がっていきますよ。

    相手に話してもらうのを待っている


    人によっては、何を話そうかと悩むあまり、相手の話を待ってしまうこともあるでしょう。待ちの態勢を貫くあまり、自ら会話を拒絶している可能性があります。待ちの姿勢は相手に威圧感を与えやすいので、拒絶しているように感じられているのかもしれませんね。

    そのため、会話を広げたいなら自分から話すよう意識することが大切です。待ちの姿勢のままでは、いつまで経っても口下手を克服することはできません。相手に興味を持つべく、自分から口を開くようにしてみましょう。

    確かに、相手から話しを振ってくれれば、話題を広げやすいですよね。しかし、いつまでも相手に甘えてばかりだと、いざという時に自分が困るだけでしょう。

    相手に対し気を遣いすぎている


    相手に対し気を遣いすぎるのも、会話が続かなくなる原因ですよ。例えば、「これを言ったら困らせるのでは?」「これを話しても興味を持ってくれないかも」と気を遣いすぎることで、言いたいことが話せなくなります。

    自分で言葉を制限するようになるため、当然会話もそこで終了するでしょう。相手から話してもらうのを待つ状態になるため、互いが同じタイプだと会話が先に進みません。

    確かに、相手に気を遣うことは気持ちよく話すためには必要なことです。しかし、気を遣いすぎても逆に自分が困るだけになることは覚えておいた方が良いでしょう。