ゆとり世代の特徴や教育法について大公開!さとり世代についても解説

  • ゆとり世代以外にも!〇〇世代について

    この記事では、ゆとり世代の特徴や教育法について紹介するとともに、さとり世代についても解説してきました。しかし、「〇〇世代」という呼び名がついている世代は、ゆとり世代やさとり世代だけではありません。

    ここからは、ゆとり世代やさとり世代以外の「〇〇世代」といわれる世代をいくつか紹介していきます。自分や周囲の人がどの世代なのか当てはめながら見てみてくださいね。

    団塊の世代


    1947年~1949年の間に生まれた世代を「団塊の世代」と呼びます。団塊の世代は、戦後の日本が発展していく上で中心となった世代です。

    高度経済成長期に社会に大きく貢献した団塊の世代は、今の情報化社会も経験していて、戦後の日本社会の移り変わりを一番見てきた世代といえます。

    亭主関白や「女性が三歩下がって歩く」など、今では古いと言われる考え方を持っている人が多いのもこの世代の人たちです。

    しらけ世代


    1950年~1964年に生まれた世代は「しらけ世代」と呼ばれていて、無気力・無関心・無責任の「三無主義」が特徴の世代です。

    上の世代が学生運動などをしているのを見ていた世代なので、逆に冷めた考え方を持つ人が増えたのではないかといわれています。

    バブル世代


    誰しも聞いたことがあるであろう「バブル世代」と呼ばれている世代は、1965年~1970年生まれの人のことを指します。

    バブル世代は高度経済成長期の真っ只中に生まれ、社会人として社会に出るころには「バブル」といわれる時代でした。

    就職氷河期世代


    1970年~1982年に生まれた世代を「就職氷河期世代」「ロストジェネレーション世代」と呼びます。「ロスジェネ」とも呼ばれるこの世代は、バブルが崩壊した後の就職氷河期に社会人になった世代です。

    正規雇用で入社することが困難で、金銭的にも不安がある生活を経験しているので、浪費癖がある人はあまりおらず、堅実な人が多いのも特徴です。
  • ゆとり世代の特徴に合わせた教育法を選ぼう

    今後もある時期まではゆとり世代の社員が増えていくので、必然的にゆとり世代と接することも指導することも増えていきます。しかし、ゆとり世代には、上の世代と同じ指導の仕方をしても全く響かない可能性があります。頭ごなしに怒ったりしたら、翌日から出勤しなくなるということも珍しくありません。

    ゆとり世代への教育で大事なのは、ゆとり世代の性格的な特徴や基本的な考え方を知り、ゆとり世代が理解してくれるような方法で指導するよう心がけることです。

    ゆとり世代やさとり世代は、若者にしてはドライで、人付き合いの仕方に関しても上の世代とは価値観がかなり違います。しかし、決して人間味がないわけではありません。彼らの特徴を知り、上手く付き合っていきましょう。

Photo:All images by iStock