ゆとり世代の特徴や教育法について大公開!さとり世代についても解説

  • 「ゆとり世代」の特徴を大公開!≪続き≫

    ゆとり世代と呼ばれる世代が一体どんな特徴を持っているのか、引き続き解説していきます。

    答えや結果がすぐに出ないと続けられない


    前の項目で解説しましたが、ゆとり世代は物心ついた時にはインターネットやスマホが身近にあったため、探し求めている答えがすぐに見つかるのが当たり前という感覚を持っています。

    そのため、仕事でも答えや結果がすぐにでないと続けられないという人が多いのが特徴です。今やっていることが後々結果につながると言われても、それが数か月後ましてや数年後かもしれないとなると、今やることに活力が湧かず続けられないのです。

    目標がない人が多い


    ゆとり世代はバブルを知らない、不景気の真っ只中に生まれて育った世代です。そのため、将来に希望や夢を持っていない人が多くいます。

    大きな目標や夢を持って生きるよりも、とりあえず今をどうにか生きていくことの方が現実的だと考えているのです。

    物欲があまりない


    高級なブランド品や高級車に乗ることがステータスであり、多くの人がそれに憧れていた時代もありましたが、ゆとり世代にはその感覚はあまりありません。

    若いと言われる年齢でありながら、不景気しか知らないゆとり世代は、常に経済面に不安を感じています。そのため、不必要なものにお金を使おうと思わないのです。

    仕事上の人付き合いを面倒くさがる


    仕事でゆとり世代と呼ばれる年齢層の人と関わると、付き合いの悪さを感じるかもしれません。しかし、それは決して人付き合いが嫌いなわけではなく、仕事とプライベートを完全に分離して考えているからなのです。

    就業時間以外は完全にプライベートであると考えている彼らにとって、仕事終わりに仕事関係の人間と飲みに行ったり食事に行ったりするのは、残業や義務のように感じます。プライベートの時間に仕事関係の人と付き合うことを、気を遣わないといけないから面倒だと思っているのも、ゆとり世代の特徴です。
  • 「ゆとり世代」と似てる「さとり世代」とは?

    ここまでゆとり世代の特徴をいくつか紹介してきましたが、ゆとり世代と似ている「さとり世代」という世代を知っていますか?

    さとり世代は、ゆとり世代後の「脱ゆとり教育」を受けて育った年齢層を指します。そのため、ゆとり世代と被っている年齢の人もいるようです。

    ゆとり世代と特徴も似ているのですが、さとり世代のほうがドライで冷めているイメージですね。では、具体的にさとり世代とはどんな世代なのでしょうか。

    ブランド物より実用性重視


    この特徴はゆとり世代と全く同じで、さとり世代もブランド品や高級品にほとんど興味がありません。ゆとり世代と同じく不景気の中で育ったので、お金を派手に使うことに大きな抵抗を感じるのです。

    そのため、お金に余裕がある場合でも、日ごろからブランド品をよ購入するという人はあまりいません。それよりも実用性の高いものにお金を使う方が合理的だと考えているのです。

    好きなら惜しまずお金を使う


    さとり世代の特徴は、かなりシビアな金銭感覚を持っているにもかかわらず、自分の好きなものにはとことんお金を使えるということ。

    さとり世代が生きてきた時代は、アニメやゲームなど娯楽の分野が急激に発展した時代です。そのため好きなものや趣味が多く、それにお金を使うことにはあまり抵抗がありません。

    恋愛や結婚にあまり興味がない


    さとり世代は、恋愛や結婚にネガティブなイメージを持っている人が多いのが特徴です。特に、結婚はマイナスでしかないと感じている人もいます。

    男女ともに結婚して良いことなんてないと考えている人が多く、経済面や将来への不安や心配が今より増えるだけだと思っているのです。

    結婚に興味がないので恋愛にも意味を見出せず、お付き合いすることもただ面倒なだけだと感じ、そもそも恋愛をしないという人もいます。

    スマホやネットに依存気味


    ゆとり世代の特徴でもあったのですが、同じようにさとり世代もインターネットやスマホに囲まれて育った世代なので、すぐにスマホに頼ってしまいがちです。

    常に手の届く範囲にスマホがないと落ち着かないという人も珍しくありません。インターネットが繋がっていない環境で生活なんてできないという人も多くいます。