ゆとり世代の特徴や教育法について大公開!さとり世代についても解説

いわゆる「ゆとり世代」の後輩を持つようになって、どう接したらいいのか困っている人もいるでしょう。「ゆとり世代」という言葉を耳にしたことはあっても、実はゆとり世代についてあまり知らない人もいるのではないでしょうか?そこでこの記事では、ゆとり世代の特徴や教育法を紹介していきます。ゆとり世代への接し方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 「ゆとり世代」や「さとり世代」って一体何?

    昨今では「ゆとり世代」や「さとり世代」と呼ばれる世代の社会人人口が増えてきて、その世代への対応の仕方に悩んでいるという人が多くいます。

    少し前までは新入社員にゆとり世代が多い状況でしたが、今ではある程度仕事を覚えて新入社員を指導する立場になっているゆとり世代の人たちも多くいるのです。つまりそれは、ゆとり世代と呼ばれる社会人の人口が少数ではなくなっていることを意味します。

    そして、今後もある時期までは、ゆとり世代やさとり世代が新入社員として会社に入ってくるでしょう。指導する立場にあるもっと上の世代の先輩たちは、否が応でもゆとり世代やさとり世代と付き合っていくことになります。

    そのため、ゆとり世代の考えていることや特徴を理解し、どのような教育法が良いのか知りたいという人もいるのではないでしょうか?この記事では、ゆとり世代の特徴や対応の仕方を解説していきます。

    ゆとり世代は「ゆとり教育」を受けた世代


    そもそも「ゆとり世代」とはどういう意味で、どの年齢の世代を指すのでしょうか。

    ゆとり世代と呼ばれる世代は大まかな年齢層ではなく、1987年4月2日~2004年4月1日生まれの人だと明確に決まっています。

    この世代がなぜ「ゆとり世代」と呼ばれるようになったかというと、単純に「ゆとり教育」を受けて育った世代だからです。

    さとり世代は「脱ゆとり教育」を受けて育った


    ゆとり世代とさとり世代の明確な線引きは難しく、年齢層が被っていることもあるのですが、基本的にさとり世代というのは、ゆとり世代の後の「脱ゆとり教育」を受けて育った世代のことを指します。

    ゆとり世代とさとり世代はその特徴も似通っている部分が多いのですが、さとり世代はゆとり世代よりもドライで現実主義なイメージです。

    出典:ウィキペディア『ゆとり世代』
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%86%E3%81%A8%E3%82%8A%E4%B8%96%E4%BB%A3
  • 「ゆとり世代」の特徴を大公開!

    ゆとり教育を受けて育ったゆとり世代の人たちは、それ以前の世代の人たちと何が違うのでしょうか。ゆとり世代の性格や考え方の特徴を詳しく解説していきます。

    もちろんゆとり世代の中にも個人差はありますが、大まかにゆとり世代の部下や後輩の考え方や特徴を知りたいという人は、ぜひ参考にしてください。

    楽をして成果を上げた人が多い


    ゆとり世代が学生だった時代は、インターネットが普及しスマホも出てきていました。そのため、分からないことや調べものはワンタップで答えが分かるのが当たり前という感覚の人が多いのが特徴です。

    苦労して時間をかけて何かを成し遂げるという経験をあまりしていないので、仕事などで成果を上げるために労力を使うことをとても面倒に感じるのでしょう。

    指示を待つ「指示待ち人間」が多い


    ゆとり世代の人は、自分で考えて動くのが苦手な人がとても多いといわれています。誰かに従って指示されたことだけをするなら、段取りや手順などを自分で考える必要がないので楽なのです。

    また、指示されたことをやっていれば間違いやミスを起こさなくて済む、という考えの人もいます。このように、ゆとり世代は自主性があまりなく、指示がないと動けない人が多いのも特徴です。

    ゆとり世代が仕事に慣れるまでは、少々面倒かもしれませんが、できるだけ指示を出してあげるようにしてください。その後、自主的に仕事をするようになってきた際には、ミスをしてもあまり怒りすぎないようにすると、ゆとり世代の自主性を育てられるでしょう。

    仕事よりプライベート重視


    ゆとり世代の特徴として、会社への忠誠心や帰属意識が低いことが挙げられます。会社や仕事関係の付き合いも、給与のために最低限でやるものだと認識しているのです。会社の先輩に個人的な食事に誘われても、「それは仕事ですか?」と聞く人もいるほど。

    そのため、自分のプライベートの時間を仕事のために削るなんてあり得ないことだと考えている人がほとんどです。今のご時世、未来に安定や安心を感じられないので、家族や友達との時間を犠牲にしてまで会社に貢献することに意義を見出せないのでしょう。

    怒られると逃げ出す


    ゆとり世代は、親以外に怒られたり強く注意されることに慣れていません。他人に怒られた経験があるとしても、学校の先生に優しく注意された程度であることがほとんどです。

    そのため、社会に出て突然目上の人たちに怒られたり注意されることが増えたゆとり世代は、とても委縮してしまいます。その結果、怖くなったり反発心が生まれたりネガティブな感情を持ってしまうのです。

    そのようなことに耐えられず、翌日から会社に来なくなることも珍しくありません。怒られ慣れていないゆとり世代にとって、怒られたり強く注意されることはとても耐えがたいことなのです。