ゆとり世代の特徴や教育法について大公開!さとり世代についても解説

いわゆる「ゆとり世代」の後輩を持つようになって、どう接したらいいのか困っている人もいるでしょう。「ゆとり世代」という言葉を耳にしたことはあっても、実はゆとり世代についてあまり知らない人もいるのではないでしょうか?そこでこの記事では、ゆとり世代の特徴や教育法を紹介していきます。ゆとり世代への接し方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 「ゆとり世代」や「さとり世代」って一体何?

    昨今では「ゆとり世代」や「さとり世代」と呼ばれる世代の社会人人口が増えてきて、その世代への対応の仕方に悩んでいるという人が多くいます。

    少し前までは新入社員にゆとり世代が多い状況でしたが、今ではある程度仕事を覚えて新入社員を指導する立場になっているゆとり世代の人たちも多くいるのです。つまりそれは、ゆとり世代と呼ばれる社会人の人口が少数ではなくなっていることを意味します。

    そして、今後もある時期までは、ゆとり世代やさとり世代が新入社員として会社に入ってくるでしょう。指導する立場にあるもっと上の世代の先輩たちは、否が応でもゆとり世代やさとり世代と付き合っていくことになります。

    そのため、ゆとり世代の考えていることや特徴を理解し、どのような教育法が良いのか知りたいという人もいるのではないでしょうか?この記事では、ゆとり世代の特徴や対応の仕方を解説していきます。

    ゆとり世代は「ゆとり教育」を受けた世代


    そもそも「ゆとり世代」とはどういう意味で、どの年齢の世代を指すのでしょうか。

    ゆとり世代と呼ばれる世代は大まかな年齢層ではなく、1987年4月2日~2004年4月1日生まれの人だと明確に決まっています。

    この世代がなぜ「ゆとり世代」と呼ばれるようになったかというと、単純に「ゆとり教育」を受けて育った世代だからです。

    さとり世代は「脱ゆとり教育」を受けて育った


    ゆとり世代とさとり世代の明確な線引きは難しく、年齢層が被っていることもあるのですが、基本的にさとり世代というのは、ゆとり世代の後の「脱ゆとり教育」を受けて育った世代のことを指します。

    ゆとり世代とさとり世代はその特徴も似通っている部分が多いのですが、さとり世代はゆとり世代よりもドライで現実主義なイメージです。