コンビニ店員さんに恋!脈ありサインが知りたい!アプローチ方法も!

  • コンビニ店員さんに覚えてもらうには?

    コンビニの店員さんは、毎日たくさんのお客さんを相手に接客しています。そんな店員さんを「脈あり」にしたいのであれば、まずは自分の顔を覚えてもらう必要があります。

    では、コンビニの店員さんに覚えてもらうには何をすればよいのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

    毎回同じ商品を買う


    訪れるたびに同じ商品を買うのは、店員さんに覚えてもらう為に有効な作戦の一つ。コンビニの店員さんは、お客さんを顔で覚えるのではなく、レジに持ってくる商品で覚えるという人の方が多いのです。

    ただし、人気のお菓子などありふれた商品を買うだけだと印象に残らない可能性があります。ですので、ポテトチップスに生ハムなど、覚えやすい商品を個性的に組み合わせてみるのもおすすめです。

    また喫煙者であれば、毎回同じ銘柄にするのはもちろん、絶対に2個買うなど個数にも個性を持たせると、より覚えてもらいやすくなりますよ。

    「ありがとう」と付け加える


    レジで精算してくれた後に「ありがとう」の一言を付け加えるのは、店員さんに良い印象を与えるのにとても効果的な方法です。コンビニに訪れるお客さんは、清算が終わると無言で立ち去る人がほとんどですよね。ですので、何気ない一言が店員さんにはとても嬉しかったりするのです。

    また、ただありがとうと素っ気なく言うのではなく、相手の目を見て笑顔で伝えるように心がけましょう。あなたの言葉が感謝に溢れ、笑顔が素敵だったならば、一気に脈ありになる可能性もありますよ。

    同じ時間帯に通う


    コンビニの店員さんは、時間帯によってどんな人が来店するかをだいたい把握しています。よって、あなたもいつも同じ時間帯に来店するようにすれば、覚えてもらえる可能性がグッと高まるでしょう。

    この方法は、毎回同じ商品を買う方法と併せて使うとより効果が期待できます。毎日同じ時間帯に同じ商品を買う人は、店員さんの立場からするととても覚えやすいのです。

    人の少ない時間帯を狙う


    24時間開いているコンビニには、来店者が多い時間帯と少ない時間帯があります。もしあなたがコンビニの店員さんに顔を覚えてもらいたいのであれば、なるべく人の少ない時間帯を狙って来店しましょう。

    人が多い時間帯だとレジを打つのに忙しくて、あなたの存在に気づいてくれない可能性があります。逆に人の少ない時間帯は、暇を持て余している可能性もあり、世間話などで脈ありに近づける可能性も。目当ての店員さんがいるコンビニはどの時間帯だと人が少ないのか、事前にチェックしておくことも大切です。
  • コンビニ店員さんの脈ありサインをご紹介

    何度か通って自分の顔を覚えてもらえたとしても、喜ぶのはまだ早いです。店員さんに顔を覚えてもらっただけでは、よく来てくれる常連の一人程度にしか思われていない可能性があります。片思いの身からすれば、常連か否かではなく脈ありかどうかが最も気になるところですよね。

    実は、コンビニの店員さんが脈ありかどうか、ある程度判断できるサインが存在するのです。では、コンビニの店員さんの脈ありサインとはどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

    サインその1:あなたにだけ挨拶してくれる


    コンビニにたくさんのお客さんがいるのに、あなただけに挨拶してくる場合は、その店員さんは脈ありだと思ってもよいでしょう。この場合の挨拶とは「いらっしゃいませ」ではなく、「こんにちは」などの日常的な挨拶だとより脈ありだと言えます。

    挨拶された時の脈ありか脈なしかの判断のポイントは、あなただけに挨拶しているかどうかと、目を見て笑顔で挨拶してくれるかどうかです。稀にですが、すべてのお客さんにとても親しく挨拶をする店員さんもいますので、普段どのような態度で接客しているかもよくチェックしておきましょう。

    サインその2:購入品を覚えてくれる


    毎日のようにコンビニに通う人は、自然と買う商品がいつも同じになってきます。そして、店員さんに「いつもの商品ですね」と言われたのであれば、あなたのことを覚えてくれていることは間違いありません。

    この場合の脈ありかどうかの判断ポイントは、店員さんから声をかけてくれるかどうか。レジで直接ほしいものを伝えなければならないホットスナックやタバコといった商品だと、店員さんから声をかけてもらえる可能性が高くなります。いつもの商品と併せて、出来立ての唐揚げなども一緒に購入すると覚えてもらいやすくなるでしょう。

    サインその3:お釣りの渡し方がとてもやさしい


    何気なくおこなっているレジのやり取りの中にも、脈ありかどうかのサインが隠されている場合があります。それは、店員さんがあなたにお釣りを渡す時の仕草です。店員さんが脈ありの場合は、優しく手を握ってくれることがあります。

    また、手を握りながら目を合わせ、満面の笑顔を向けてくれたならば、ほぼ間違いなく脈ありだと思ってよいでしょう。店員さんによってお釣りの渡し方は様々なので、一概には言えない部分もありますが、動作だけで脈ありを判断できるケースもあるのです。

    サインその4:プライベートな一言がある


    コンビニの店員さんがあなたに発する言葉は、大抵の場合は「いらっしゃいませ」と「ありがとうございました」の二つくらいですよね。しかし、それ以外の言葉をかけてもらえるのであれば、脈ありの可能性が出てくるのです。

    具体的には、その日の天気のことや時事ネタなどが多いでしょう。コンビニの店員さんは忙しいので、一人のお客さんと世間話をしている暇などないはず。それなのにあなたとプライベートなことを話そうとするのは、何かしらの良い印象を抱いていると思ってよいでしょう。

    サインその5:他の店員さんの反応もチェック


    お目当ての店員さんが脈ありかどうか知りたい場合、一緒に働いている他の店員さんの様子もしっかりチェックするのはとても大切です。コンビニの店員さんは、よく来るお客さんのことを意外と覚えていて、休憩時間などに話題にしています。

    お目当ての店員さんがあなたに対して脈ありであれば、そのことも話題になっているはず。店員さんの間で話題に上がるお客さんであれば、例え仕事中であっても少しは態度にでるものです。あなたに好意を寄せている店員さんと接触させようとしたり、レジで話している姿をニヤニヤしながら見守っているなんてこともありますよ。