オープンマインドな人の特徴とは|ビジネスや恋愛にも有利って本当?

人とコミュニケーションをとる際によく聞く、オープンマインドという言葉。オープンマインドな人とは、どんな人のことをいうのでしょうか。この記事では、オープンマインドの意味を理解しながら、ビジネスや恋愛にも有利と言われる理由をみていきます!

  • 人に好かれるオープンマインドな人になりたい!

    誰と話していても、寛容に相手の言葉を聞き入れられる人っていますよね。それは、俗に言う「オープンマインド」を心得ているから。オープンマインドな人は、その性質上、人と向き合い、受け入れ合うことのできる、プラス要素が多い人です。

    人といがみ合うことも少なくなり、何より、自分の中の負荷要素も減るので、オープンマインドに憧れる人は少なくはないでしょう。

    今回は、そんなオープンマインドな人に着目していきます。オープンマインドとは何なのか、どうしたらオープンマインドな人になれるのか、解析していきましょう。

    ビジネスや恋愛にも役立つノウハウもご紹介していきますので、ぜひ参考にして、役立ててみてくださいね。

    「オープンマインド」ってどういう意味?


    まずは、オープンマインドの意味からみていきましょう。

    オープンとは、開く、開かれた、など開放的な意味を示唆しています。そして、マインドは、精神、心、気性、意識などの意味があり、感情(heart)よりも思考や頭脳といったニュアンスの強い意味となっています。

    これらの意味から、単直に意味をみてみると「開放的な精神」といった具合に捉えることができますね。

    自分の考えに固執せず、自分をさらけ出した上で、他人の意見を寛容に受け入れることができる。それが、オープンマインドの意味なのです。

    「オープンマインド」の類語と対義語


    オープンマインドの類語には、開放的・非常に明るい・爽やかな精神などがあります。どれも人当りの良さや、余裕を持った精神を示していますね。主にプラス的な類語です。

    反対に、お調子者・独りよがりなどマイナスな意味での類語もあるので、オープンマインドが必ずしも、プラス要素だけではないことは覚えておきましょう。

    そして、オープンマインドの対義語は、クローズマインドです。オープンと対称的な意味を持つクローズには、閉ざすという意味があります。そのままの意味で、閉ざされた精神や心と解釈していいでしょう。

    クローズマインドな人は、自分の意見が絶対で、他人の意見を頑なに否定します。周囲の人からすれば、わがままでしかなく、人との衝突を生みやすくもなります。これは、マイナス要素が強い性質と言えるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)