【必見】簡単&楽しい!大人でも盛り上がるおすすめバスレクを紹介!

バスに乗って観光地まで行く最中、楽しく過ごしたいですよね。そこで、おすすめなのが面白いバスレク。バスレクには道具を使う物から、道具が必要のないものまで、たくさんの種類のレクリエーションがあります。そこで今回は、みんなで盛り上がれる面白いバスレクをご紹介します。

  • 大人でも盛り上がる面白いバスレク大集合!

    社員旅行や町内旅行などで、バスに乗って観光地まで行くことがありますよね。そのような時、観光地まで何もすることがなく、ただぼんやりと過ごしてしまうのは、もったいないと思いませんか。

    そこで、おすすめなのが大人でも盛り上がる面白いバスレクです。バスレクとは、バスの中でするレクリエーションのこと。バスレクには、さまざまなゲームやクイズなどがあり、みんなで盛り上がること間違いなしですよ。

    それでは、どのようなバスレクがあるのか詳しく見ていくことにしましょう。
  • 物がいらない面白いバスレク

    まずは、物がいらない面白いバスレクから紹介します。物を準備しなくて良いのは、司会者や幹事からしても、楽で良いと思う人もいることでしょう。また、それでいて盛り上がる面白いゲームやクイズですから、ぜひ押さえておきたいところですよね。

    それでは、物がいらない面白バスレクをご覧ください。

    伝言ゲーム


    にぎやかなバスの中だからこそ、おすすめなバスレクが伝言ゲームです。やり方は、皆さんもご存じの通り、前から後ろ、または後ろから前に順に言葉を伝言して行くと言うもの。

    車内ががやがやしているため、なかなかうまく伝わらないところが、このゲームのポイントです。初めは短い単語から始めて、徐々に長い単語や文章にしていくと、楽しめますよ。

    また、声を出さずに口パクで伝言していくというやり方もあります。こちらは、伝える側が声に出さずに、口の動きだけで伝える事になるので難易度も上がり、さらに盛り上がることでしょう。

    なぞなぞ


    こちらはバスレクの定番中の定番、なぞなぞです。なぞなぞには、簡単な内容のものから頭をひねらないと答えが出てこないようなものまでありますから、みんな真剣に考えてくれることでしょう。

    なぞなぞは、個人戦で行う方法だけでなく、並んで座っている2人や横の列などでグループに分かれて団体戦として行っても良いでしょう。一番、なぞなぞを多くとけた人もしくはチームに景品があると、みんな景品のために全力でなぞなぞを答えようとしてくれるはずですよ。

    じゃんけん


    なぜだか、やたら盛り上がるのがじゃんけんですよね。試合の先攻後攻を決めるときや、ほしいものを争奪するとき、テレビチャンネル権をかけているときなど、さまざまな状況で活躍するじゃんけん。

    このように、誰でも簡単にできるじゃんけんをバスレクに取り入れれば、にぎやかになること間違いなし。

    普通にじゃんけんするのも、もちろん闘志がわいて楽しめますが、「負けるように出す」「あいこにする」というように、いつもと違うルールにすると難易度が上がって、ヒートアップすることになるでしょう。

    到着時刻あてゲーム


    普段から車を運転していたり、目的地までの距離を知っていたりする人が得意かも。というのが、到着時刻あてゲームです。

    出発するときに、途中に休憩で立ち寄る場所や最終目的地に着く時刻を予想してもらうというシンプルなゲーム。その場所に着いたときに、予想していた時刻との誤差が少ない人が「勝ち」ということになります。

    もしかしたら、目的地までの距離やバスの速度などが分からないと難しいゲームかもしれませんね。それを、あえてノーヒントで行うというのも、面白いかもしれません。また、個人戦ではなく数人でチームになり相談しながら、予想を立てるというのも楽しめるはずですよ。