痴話喧嘩ってなに?意味や仲直りの方法・別れないためのコツを伝授!

あなたは恋人と痴話喧嘩をすることがありますか?日常茶飯事というカップルも多いのではないでしょうか。しかし、できれば恋人とは仲良くしていたいものですよね。そこでこの記事では、痴話喧嘩をする原因や仲直りの方法、そして別れないためのコツをご紹介!仲の良い時間をもっと増やしませんか?

  • そもそも痴話喧嘩って?どういう喧嘩のこと?

    「痴話喧嘩」という言葉は、よく耳にしますよね。ただ、どんな喧嘩か雰囲気は掴めるものの、具体的な内容は分からないという人もいるかもしれません。

    そこではじめに、痴話喧嘩の意味や内容をご紹介します。痴話喧嘩がどういったものかをしっかり理解した上で、仲直りの方法や別れの回避術を見ていきましょう。

    痴話喧嘩の意味


    まずは、痴話喧嘩という言葉の意味からご説明します。

    痴話喧嘩とは、恋人同士の他愛のない喧嘩のことです。男女間での色恋に関する喧嘩や言い争いを意味します。

    過去に恋人がいた経験がある人は、一度や二度は痴話喧嘩をしたことがあるのではないでしょうか。些細なことで言い合いになったり、痴話喧嘩が大きくなり別れに繋がることもあります。

    痴話喧嘩の例


    痴話喧嘩がどういった喧嘩か、具体的にイメージが掴めるよう例をご紹介しますね。

    彼氏の家に行った女性が、置かれていた洗濯物を厚意で畳んだとします。しかし、自分のやり方と違っていた彼氏は、「ここをこうして畳まないと!」と一言。感謝されるどころか、逆にダメ出しをもらってしまった彼女は、「そんな言い方なくない?!」と怒ってしまいます。そこから二人は喧嘩に発展。このような喧嘩が痴話喧嘩です。

    客観的に見るとどうでも良さそうな些細なことでも、カップルの間では喧嘩になってしまうことがあるでしょう。また、こうした痴話喧嘩が多くなると、別れに至ってしまうこともあります。

    意外と痴話喧嘩をするカップルは多い


    具体例でご紹介したように、痴話喧嘩の発端は「どうでも良いこと」が多いです。お互いに思いやりを持ったり気を遣っていれば、痴話喧嘩になることもないでしょう。

    例の内容であれば相手が友人だった場合、きっと喧嘩にはならないはず。恋人だからこそ、喧嘩になってしまうのです。相手との距離感が近くて密接な関係性だからこそ起こってしまう喧嘩。気を許している証拠なのかもしれませんね。

    意外と痴話喧嘩をするカップルは多いもの。ですが、痴話喧嘩が多くなると素直になれなくなるというデメリットが生じます。

    大好きなはずの恋人と些細なことがきっかけで喧嘩し、それが積もり積もって別れに繋がったら、あとあと後悔するのではないでしょうか。

    痴話喧嘩が原因で関係が崩壊しないよう、「これだけはしてはいけない」ということも、今回覚えておきましょう。

    出典:goo辞書『痴話喧嘩(ちわげんか) の意味』
    https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E7%97%B4%E8%A9%B1%E5%96%A7%E5%98%A9/#jn-145597
  • 痴話喧嘩の多いカップルの特徴《前編》

    痴話喧嘩が多いカップルには、ある特徴が見られます。もしかしたらそこに、そもそもの原因が隠されているかもしれません。

    どのような特徴があるのか、早速見ていくことにしましょう。

    お互いに気が強い


    痴話喧嘩の多いカップルには、お互いに気が強いという特徴が見られます。

    人によっては、言い返したり反論することができないという人もいますよね。ですが、痴話喧嘩の多いカップルの場合は、どちらも言える人たち。お互いに気が強く、思ったことをそのまま口にしてしまうため、痴話喧嘩に発展してしまうのです。

    恋人に気を遣って我慢をする、あるいは自分を変えるということがないと言えます。良く言えば、自分らしくいられる恋愛と言えますね。

    何でも言い合える関係


    痴話喧嘩の多いカップルは、納得がいかないことをすぐに伝える、あるいは、相手に対して不満があればストレートに言えるカップルが多いです。「何でも言い合える関係」と言えるのではないでしょうか。

    カップルの中には、相手に嫌われてしまうかもしれないからと、自分を演じたり我慢したりする人もいますよね。しかし、痴話喧嘩の多いカップルの場合は、思ったことを何でも言い合えるのです。

    ですから、相手の考えていることを理解しやすくもあるでしょう。言い合って痴話喧嘩に発展することも多いですが、本来の自分を出すことができるのです。喧嘩によってストレスになることはあるでしょう。ただ、我慢や不満をため込んでストレスになるということが少ないのも、痴話喧嘩の多いカップルの特徴でしょう。

    それぞれがマイペース


    どちらか片方が恋人に合わせていれば、痴話喧嘩はそう多くはなりません。そのため痴話喧嘩が多いカップルは、それぞれがマイペースであるとも言えるでしょう。

    つまり、お互いに自分のスタイルを持っている状態ですね。「自分はこうしたい」「こうするべき」という考えがあるため、主張が違った時に喧嘩へと発展します。

    それぞれがマイペースであっても、価値観が似ていれば痴話喧嘩になることも少ない傾向に。ですから痴話喧嘩の多いカップルは、価値観が真逆というケースも珍しいことではありません。

    痴話喧嘩してない時は意外とラブラブ


    痴話喧嘩の多いカップルを見て、「なんで付き合ってるの?」「そんなに喧嘩するなら別れたら?」と思う人もいるでしょう。ただ、痴話喧嘩の多いカップルは、喧嘩していない時は意外とラブラブ。喧嘩だけを見ていると相性が悪いように見えがちですが、ラブラブな時間も多いことから、決して相性が悪いという訳ではないのです。

    むしろ、痴話喧嘩が二人にとっては刺激になっているのかもしれませんね。仲直りした後は、「大好き♡」「早く近くに来て」なんて甘い言葉を言い合ったりもします。喧嘩をした分、イチャイチャして仲を修復しているのでしょう。

    マンネリカップルのように、ありきたりな日常よりも刺激を味わう機会が多いため、意外と長続きするカップルが多いです。