銀行員が結婚相手って幸せ?銀行員彼氏と結婚するメリットデメリット

  • 銀行員男性が結婚したい女性のタイプは?

    銀行員の男性は現実的な人が多いので、女性に夢を見ることがあまりなく、自分と同じように現実的な考え方をする女性を好む傾向にあります。

    銀行員の男性と結婚したいなら、自分が相手として認められるタイプかどうかもチェックしておきましょう。

    金銭感覚がまともな人


    銀行員はお金を取り扱う仕事をしているため、お金には慎重なところがあります。恋人や結婚相手にも正常な金銭感覚を求めるため、金銭的にだらしないところがある女性はまず選ばれないでしょう。金銭感覚がまともな人ほど、相手に選ばれやすいですよ。

    また、金銭感覚がまともでも、あまりにケチな女性は好みません。銀行員は付き合いが多いため、仕事がらみの接待などに使うお金に文句を言う彼女が嫌いなのです。快く理解してくれない人だと、金銭感覚がまともでも結婚しようとは思わないでしょう。

    そのため、銀行員と結婚したいなら、まともな金銭感覚を身につけつつ出費にも理解を示す必要があります。

    転勤に口出ししない人


    銀行員は金銭感覚がまともな人を第一条件にしやすいですが、それ以外に、転勤に口出ししない人も好みます。転勤の多い職種なので、転勤にいちいち口出しされると愛情が冷めてしまうのです。自分の意思で決めているわけではないため、口出しされると気分を害してしまうでしょう。

    逆に、転勤に快くついてきてくれそうな女性に心惹かれます。自分を理解してくれる大事な女性として見てもらえるので、そこをアピールできればポイントを多く稼ぐことができるでしょう。

    ただし、転勤についていくには現実的な問題があります。愛想よくいい返事ばかりしていると、いざ問題に突き当たったときに衝突するので気をつけましょう。

    男性に依存せず自立している人


    銀行員の多くは、大半の社会人と同様、自分の足でしっかり立つことができる自立した人です。何でも自分で決めて行動することができ、それを当然のことと考えるため、恋人にも同じことを求める傾向が強いです。したがって、男性に依存してくる女性には苦手意識を持ちます。

    そのため、結婚相手にも自立心を求めるでしょう。経済的にも精神的にも自立した女性を好むので、一方的に甘えるばかりの女性はあまり好みません。

    また、しつこい女性も苦手です。仕事での付き合いが多くて忙しいのに、恋人から「会いたい」としつこく言われたら重たく感じてしまうでしょう。

    銀行員という仕事に理解を示してくれる人


    銀行員と結婚すると、安定した生活が送れる一方で、何かとデメリットも多いです。接待交際費が意外とかかりますし、家族の時間もあまり持てません。こうした問題が原因となり、衝突やトラブルが発生することが多々あります。

    いちいち不満をぶつけてくるような女性だと、銀行員の男性は疲れを感じるでしょう。自分が理解されていないだけでなく、仕事のことでも不満を持たれていると思い込んでしまいます。

    逆に、理解を示してくれる女性のことは、相性が良いと感じるでしょう。デメリットにも理解ある姿勢を見せると、銀行員の男性相手に高いポイントを稼ぐことができますよ。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)