自意識過剰な人の特徴や原因を徹底リサーチ!気になる治し方とは?

周りの人を「自意識過剰だ」と感じたり、自分を「自意識過剰かな」と思ったことはありませんか?この記事では、自意識過剰な人を2タイプに分け、それぞれの特徴を解説します。また、自意識過剰になる原因や、恋愛におけるデメリット、自意識過剰を直す方法も紹介します。身近な人や自分が自意識過剰で気になっている人は、ぜひご覧ください。

  • まずは「自意識過剰」についておさらい!

    自意識過剰な人は、どうやら2つのタイプに分かれるようです。「ネガティブでオドオドしている人」と「ポジティブで自信家すぎる人」です。両極端な印象ですが、他人の目を気にしすぎているという点で、両者は共通しています。

    また、普段はそうでなくても、大きな失敗をして周りに迷惑をかけてしまったときなど、心境によって一時的に自意識過剰になることも。こちらの記事で、自分にあてはまるところがないかチェックしてみてください。

    「自意識過剰」の意味とは?


    「自意識過剰」とは、他人が自分の事をどう見ているか、必要以上に気にすることです。

    ネガティブタイプの場合は、悪く評価されたくない、嫌われたくないという気持ちになり、緊張してしまいます。自分の容姿や行動を周りはどう思うだろう…と気が気ではありません。逆にポジティブタイプは「周囲は自分のことをすごいと思っている」と思い込み、もっと注目を浴びたいと考えます。

    どちらのタイプも、他人の目を気にして冷静ではいられません。オドオドしたり、大げさな発言をしたりしてしまいます。そのため、周囲の人に「あの人は自意識過剰だなあ」と思われてしまうのです。

    「自意識過剰」の類語は?


    「自意識過剰」の類語として、ネガティブタイプのものはないようです。ポジティブタイプの意味で、言い替えができるもが多くあります。

    自分に過剰な自信を持ちつつ他人を意識するという意味合いで、「思いあがっている」「勘違いしている」と言い換え可能です。自分の存在を他人にアピールしたい性質は、「自己顕示欲が強い」「承認欲求が強い」が当てはまります。

    「自意識過剰」の使い方とは?


    こちらでは、日常でよく見る「自意識過剰」という言葉の使い方を紹介します。

    例えば「彼女はいつも鏡ばかり見ているが、自意識過剰すぎるのではないか?」「彼とよく目が合うと感じるのは、自意識過剰だろうか…」などがあります。

    また、自意識過剰を略して「自過剰」と言われることも。こちらは主に、若者の間で使われている言葉です。

    出典:goo辞書『自意識過剰(じいしきかじょう) の意味』
    https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E8%87%AA%E6%84%8F%E8%AD%98%E9%81%8E%E5%89%B0/#jn-93072

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)