1月21日生まれの誕生石や誕生花は?性格や特徴・恋愛傾向も公開!

  • 1月21日の誕生石と石言葉

    誕生石は、自分の生まれた誕生日に関係が深い石のことです。人によっては、誕生月の石を誕生石と言い、誕生日の石を誕生日石と区別していることも。この誕生石を身につけていると、石が力を貸してくれるといわれています。

    それでは、気になる1月21日の誕生石と石言葉を紹介しましょう。合わせて、誕生石の意味などについてもお伝えします。

    1月21日生まれの誕生石はシトリン


    透明感のあるゴールド色というような黄色い色をしたシトリン。このシリトンは、1月21日生まれの誕生石で、11月の誕生石としても有名ですよね。

    シトリンは、シトラスと言う柑橘系の植物にちなんで付けられた名前。シトラスの果実は、繁栄や成長を意味しており、そこからシトリンは、富と繁栄を導く石として大切にされているのです。

    シトリンの黄金色のような姿からも、財を成す石であることは簡単に想像できますよね。また、シトラスが太陽の象徴であるように、シトリンも太陽のように前向きになりたい、自信を持ちたいというときに、力を貸してくれる石として効果があるといわれているのですよ。

    【誕生石】シトリンの石言葉


    1月21日生まれの誕生石であるシトリンの石言葉は、「繁栄」「富」「成功」「幸福」「希望」「愛する喜び」など。

    シトリンは、太陽の象徴や黄金の果実などと呼ばれていることからも分かるように、強いエネルギーを持った石です。

    そのため、新しい取引先を見つけたい、プレゼンを成功させたいといったビジネスシーンなどで、シトリンは力を貸してくれることでしょう。また、良縁に恵まれたい、自分の魅力をアップさせたいという願いがあるときにも効果的です。

    誕生石はピーコックカラーオパール


    オーストラリアやメキシコが主な産出国として知られる、ピーコックカラーオパールは、1月21日生まれの誕生石。オパールの中でも美しい色をしている石として知られています。

    オパールは、古代サンスクリット語の「ウパラ」やラテン語の「オパルス」が語源であるといわれており、どちらの言葉も宝石という意味があるそう。

    オパールには、遊色効果があるプレシャスオパールやコモンオパール、ファイアオパールがあります。このピーコックカラーオパールは、オパールの中が虹色に輝いているのが特徴。遊色効果があり、ピーコックの意味であるクジャクの羽のような青や紫、緑など鮮やかな色をオパールの中に見ることができますよ。

    【誕生石】ピーコックカラーオパールの石言葉


    ピーコックカラーオパールの石言葉は、「求愛の予感」。クジャクが色鮮やかな羽を広げて求愛しているところをイメージする方も多いのではないでしょうか。クジャクが羽を広げている姿の美しさは、ピーコックカラーオパールそのものですよね。

    ピーコックカラーオパールは、素直な感情で物事を感じさせ、自分を信じ力の全てを発揮できるようサポートしてくれる石とも言われています。

    感性がずば抜けいているところや、独創的な考え方で人と違っていても自分に自信を持てるところなど、誕生日が1月21日の人を象徴している、まさに1月21日生まれの誕生石にふさわしい石といえるでしょう。

    1月21日生まれの誕生石はガーネット


    「勝利の石」として、持ち主の願いをかなえるといわれているガーネット。このガーネットは、1月21日生まれの誕生石です。ガーネットの語源は、ラテン語の種やざくろを意味する「granatus」。そのため和名は、ざくろ石といわれているのですよ。

    ガーネットと言えば、大半の人が深紅のガーネットを思い出すのではないでしょうか。しかしながら、ガーネットの色は、これだけではありません。ピンク色やオレンジ色、黄色に緑色など、さまざまな色があるのです。

    これは、ガーネットに含まれる鉱物の成分の違いによるもの。どの色のガーネットも、思わずため息が出てしまうほどの美しさなのです。

    【誕生石】ガーネットの石言葉


    「真実」「友愛」「忠実」「勝利」「絆」「恋の成就」「繁栄」「情熱」などが、ガーネットの石言葉。「なんだか、ガーネットの石言葉って、いろいろあるんだな」と思ったという人もいるかもしれませんね。

    石言葉がたくさんなのは、ガーネットの色などの違いによっても意味や効果が異なることがあるためです。例えば、茶色のようなオレンジ色をしたマンダリンガーネットには、気持ちを強く持ちたい時などに効果的。

    恋愛に強いのは、赤紫色が特徴的なローライドガーネットです。心や体にパワーを与え、恋の成就に力を貸してくれる石として知られています。このように、ガーネットにはいろいろな種類があるため、石言葉の数も複数になるのです。
  • 1月21日の誕生花と花言葉

    誕生日に誕生石があるように、誕生花もあるって知っていますか。もしかしたら、誕生花はよく知らないけど、花言葉なら聞いたことがあるという人は多いかもしれませんね。

    また、誕生日に誕生花を贈ってみたい、もらってみたいという人という人や誕生花を育ててみたいと思う人もいるのではないでしょうか。そこで、今回は1月21日の誕生花と花言葉を紹介します。どの花が1月21日の誕生花なのか楽しみにしていてくださいね。

    1月21日生まれの誕生花はガーベラ(赤)


    春と秋に花を咲かせるガーベラ。アフリカ千本槍などとしても知られています。また色は赤やピンク、白に黄色などがあり、とてもきれいですよね。色とりどりの花を咲かせるガーベラの中でも、赤い色のガーベラが1月21日生まれの誕生花なのです。

    ガーベラという名前は、南アフリカで発見され際、その花を見つけた医師で植物学者のゲルベル氏に敬意を表して付けられたと言われています。ガーベラというと、一重咲きのイメージですが、八重咲きやスパイダー咲き、カール咲きなど種類も豊富。

    日本には、大正の初めに伝わり、その姿から「花車」や「花千本槍」と呼ばれ親しまれています。

    【誕生花】ガーベラ(赤)の花言葉


    赤いガーベラの花言葉は、「神秘」、「情熱」「愛情」「ロマンス」。ガーベラ全体としては、「希望」「常に前進」「上機嫌」です。

    誕生花ガーベラの花言葉は、花の咲くさまや姿にちなんで付けられたため、前向きな言葉が多いのが特徴。真っすぐ空に向かって伸びている茎、太陽のように大きくて鮮やかな花の姿が「希望」や「前進」といった花言葉になったのでしょう。

    また、情熱の赤というように、ガーベラの赤も情熱的な印象ですよね。また、花の真ん中が黒いのも、なんだかとても奥ゆかしくて神秘的だと感じませんか。そのようなことから、「情熱」「燃えるようなロマンス」、「神秘」といった花言葉になっているのでしょう。

    1月21日生まれの誕生花はロウバイ


    黄色くて小さな花がかわいらしいロウバイ。このロウバイは、1月21日の誕生花です。お正月飾りに使われることもありますから、知っている人も多いのではないでしょうか。

    ロウバイは蝋梅と書きます。「蜜蝋のような花」、「蝋細工のような姿で梅の香りがする花」をということが由来だそう。

    また、花を咲かせる時期が12月頃から2月頃とされ、それが臘月(旧暦の12月のこと)であることから、ロウバイと呼ばれるようになったという説もあります。

    ちなみに、英語ではロウバイのことをウインタースイート(winter sweet)といい、ロウバイの花が甘い香りであることから名付けられたそうですよ。

    【誕生花】ロウバイの花言葉


    1月21日生まれの誕生花であるロウバイの花言葉は「先導」「先見の明」「慈愛」「ゆかしさ」です。これらの花言葉は、ロウバイが花を咲かせる時期にちなんで付けられたと言われています。

    ロウバイは、まだ寒い冬の12月頃からひっそりと花を咲かせます。このひっそりとさくというところが、「ゆかしさ」「慈愛」と言われるようになったとのこと。また、春が訪れる前に咲くことから「先見」や「先導」との花言葉ができたそうです。

    1月21日生まれの誰に対しても公平でありたい、平和的でシャイなところなど、まさにロウバイの花言葉のような感じがしますよね。