反骨精神ってどういう意味?反骨精神が強い人の特徴&養う方法を紹介

「反骨精神がある」「反骨精神の持ち主」などのフレーズを目にしたことがあると思いますが、「反骨精神」の意味をうまく説明できない人もいるのではないでしょうか?反骨精神とは、一言でいうと「自分なりの正しさを貫こうとする気持ち」のことです。今回は、反骨精神が強い人の特徴や、反骨精神を養う方法について詳しくご紹介します。

  • そもそも「反骨精神」って何なの?

    「反骨精神」という言葉を、一度は見聞きしたことがあるでしょう。学校、会社、社会、ニュースなど、様々なシーンで話題にのぼる言葉ですが、「反骨精神」の意味をよく知らない人も意外と多いのではないでしょうか。

    そこでまずは、反骨精神とはそもそもどういう意味なのかを説明します。

    「反骨精神」の意味


    「反骨精神」とは、権力や因習など自分より強大なものに歯向かって、正しいと思うことを貫き通そうとする気持ちのことです。

    自分を信じて貫き通そうとする強い心を「気骨」といいますが、この気骨という言葉に「歯向かう」「立ち向かう」というニュアンスが加わったものが「反骨」です。

    「反骨精神」の類語


    「反骨精神」の類義語はたくさんあります。もっとも有名なものは「ハングリー精神」でしょう。自分の意思を貫き行動を起こすことを言います。

    他に「不屈の魂」「負けん気」「抵抗」「逆境をバネにする」「のし上がる」なども、広い意味では類語に当たるでしょう。

    「反骨精神」にはメリットもデメリットもある


    反骨精神がある人は打たれ強く、ちょっとしたことでは諦めない不屈の精神を持っています。そのため人から信頼を集めやすく、自然とリーダー的な存在になりやすいというメリットがあります。

    しかし、それと比例するように、自分の意見を決して曲げない頑固さが目立ちます。そのためか、人によっては周囲から距離をとられてしまうことも。このように、反骨精神にはメリットとデメリットがあります。

    出典:weblio辞書『反骨精神の意味・解説 』
    https://www.weblio.jp/content/%E5%8F%8D%E9%AA%A8%E7%B2%BE%E7%A5%9E

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)