彼氏のLINEが冷たい時の原因と対処法をお教えます!見逃し厳禁!

  • 彼氏のLINEが冷たく感じた時の対処法

    続いては、彼氏のLINEが冷たい時の対処法をご紹介していきます。

    彼氏のLINEが冷たい理由によっても、対処法は異なるもの。考えられる原因に応じた対処法を選んでみましょう。

    こんなもんだと期待しない


    彼氏のLINEは冷たいものの、特にやましいことがない、あるいは思い当る節がないという場合は、「こんなもんだ」と期待しないことです。

    関係に慣れてきて素を出せるようになった彼氏ならば、LINEが冷たいのは今だけではありません。きっとそれが彼氏の本来のスタイルであり、今後も続くでしょう。だとしたら、少しLINEが冷たいとしても慣れる必要がありますよね。

    信頼関係が築けていると感じるなら、冷たいLINEをそこまで気にする必要はありません。むしろ、関係が深まった証拠だと捉えて期待しないようにしましょう。

    彼氏の冷たさには合わせない


    「なんでこんなに冷たいの?なら、私も冷たくしてやる!」と、彼氏の冷たさに対抗しないようには注意したいところ。何かしらの原因があって、LINEが冷たいのかもしれませんよね。

    彼氏が冷たいからと合わせてしまえば、二人に距離ができてしまう可能性があります。LINEだけに留まらず、会わなくなったり求められなくなってしまっては、余計に関係は悪化してしまいますよね。

    ですから、あなた自身は変わらずに接した方が良いでしょう。不安が大きくなって「最近LINE冷たいよね?」と言った時、「○○も冷たいじゃん」と言い合いにならないようにすべきです。

    自分からあまりLINEをしないでみる


    LINEの頻度によっては、彼氏に「面倒くさい」と思われている可能性があります。あるいは、毎日毎日同じようなやりとりをして、「どうせ○○のことだろう」と思われていることも。

    このような場合は、関係性に飽きていたり倦怠期に入ったことが原因として考えられます。自分からあまりLINEをしないという方法で、彼氏の様子を伺ってみると良いでしょう。

    仮に関係性に飽きただけであって、あなたに対する気持ちがなくなった訳ではないなら、彼氏からLINEが来るはずです。しかし、その後もLINEが来ないとなれば、気持ちが冷めた可能性もあります。

    自分からのLINEを控え、彼氏がどんな反応を見せるのかチェックし、LINEが冷たい原因を探ってみると良いでしょう。

    彼氏に気持ちを伝えてみる


    LINEが冷たいと感じていることを、彼氏に伝えてみるのもアリ。場合によっては、ただの思い過ごしというケースもあります。「LINEが冷たいから不安」「最近冷たいよね?」と伝えれば、「そんなつもりはない」と返って来る可能性もありますよね。

    認識の違いによって誤解が生じているとしたら、気持ちを伝えるだけでも冷たいのが改善されることも。また、何かしらの原因があってのことだとしたら、気持ちを伝えた際に「喧嘩が多いから」「忙しいから」と言ってくれるはずです。原因が解消、または明確になれば少しは不安が消えるはずですよ。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)