下着が表す夢占いでの意味は?状況別に詳しく解説します【男女必見】

  • 下着の夢占い≪行動別≫パート①

    夢占いにおける下着の基本的な意味がわかったら、今度はより具体的に下着の夢を紐解いていきます。下着に関してどのような行動を取っているかで、夢占いの意味は大きく変わってくるからです。

    そこで、夢に出てくる下着のシチュエーション別に、夢占いでの意味をまとめましたので、ご覧ください。

    下着を履いていない夢


    夢占いでは、下着を履いていない状態が意味するものは本音です。そのため、下着を履いていない夢には、近いうちに本音で語り合える人と出会える暗示があります。腹を割って本音を言える人なら、親友と呼べる存在になるかもしれませんね。

    ただ、普段から些細なことでムッとするなど、気持ちが顔や態度に出てしまう人の場合、下着を履いていない夢は警告を意味します。本音をさらけ出し過ぎているというメッセージ。となると、注意しないといけませんね。

    このように、夢占いには、吉凶どちらの意味も持つ夢がありますが、下着を履いていない夢はこれに該当します。普段の自分の行動を振り返ると、どちらの意味になるかが分かるのではないでしょうか。

    下着姿で外出する夢


    下着姿で外出する夢は、隠し事がバレる暗示です。夢占いでは、深く考えずに話すといった行動によって、隠し事がバレてしまうことを警告しています。

    日ごろからあまりよく考えずに話をする人は、言ってしまってから「しまった、秘密にしていたんだった」となる可能性が。あるいは、隠し事を隠そうとすればするほど、怪しく見えてしまい、結局はバレてしまうことになります。

    下着姿で外出する夢は、自分の体を十分に隠せていないことの表れ。隠し事がバレる暗示になるのも納得ですね。

    いつまでも下着姿でいる夢


    いつまでも下着姿のままでいる夢は、あまりにも本音をさらけ出し過ぎていることの暗示です。

    下着姿のままでいる状態は、夢占いでは恥じらいがないことを意味します。したがって、あまりにも本音をさらけ出し、オープンになり過ぎていることへの警告です。

    本音をさらけ出し過ぎていると、自分の言動が周囲に嫌がられている可能性があります。その結果、周囲から責められたり、評判を落とすことになるかもしれません。

    下着を洗う夢


    下着を洗う夢は、性的嫌悪感という意味を持ちます。例えば、恋人のことは好きだけれど、体の相性がイマイチで、性的に満足していないといった具合。あるいは、性的な本音や秘密を隠したい、過去の性的体験を消し去りたいなどの気持ちを意味する場合もあります。

    いずれにしても、消し去りたい性的嫌悪感が、洗うという行為になって出てくるのが、下着を洗う夢です。下着を洗う夢を見たら、お付き合いをしている相手のことを、性的な面から考え直した方がいいかもしれませんね。