【夢占い】結婚する夢の意味|相手によっても意味が変わるって本当?

夢占いでは、見た夢からさまざまなことを読み解きます。自分の見た夢にどんな意味があるのか気になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、結婚する夢が意味することをさまざまなパターン別に解説していきます。結婚する夢を見た方はぜひ参考にしてみてください。

  • 夢占いで結婚する夢の基本的な意味とは?

    結婚とは、人生において最大ともいえる大きな出来事です。これから先の人生を1人の相手と死ぬまで共に生きていくと誓い、血の繋がっていない者同士が家族になるってなんだかとても凄いことではありませんか?

    あなたは、そんな素敵な契りを夢で交わしたことはありますか?夢の中で自分が結婚していたら、予知夢なのではないかとその夢の意味がとても気になることでしょう。

    夢占いでは、夢にはあなたの潜在意識や願望、あなたを取り巻く環境などについて何らかのメッセージがあると考えています。つまり、結婚する夢にもきちんと意味があるのです。

    この記事では、結婚する夢の意味をさまざまなパターンごとに読み解いていきます。まず始めに、夢占いにおいて「結婚」というキーワードが持つ基本的な意味から見ていきましょう。

    夢占いで願望を表す


    夢占いにおいて、結婚する夢は願望夢であることも多いとされています。願望夢とは、あなたの願望や欲求が表れている夢のことです。

    結婚する夢が表す願望は、基本的に結婚したいという願望であることが多いのですが、幸せを感じたい、子どもが欲しい、人生に何か変化が欲しいと感じている場合も、結婚する夢を見ることがあります。

    夢占いでは基本的に吉夢


    夢占いでは、夢には吉夢と忠告夢の2種類があるとされていて、吉夢は良いことを意味する夢で、忠告夢は気を付けるべきことを知らせてくれる夢です。

    そして、結婚する夢は基本的に良いことの暗示である吉夢に分類されます。夢の状況によっては忠告夢になることもありますが、夢占いにおいて「結婚する」というキーワードは吉兆の表われです。

    夢占いで変化や転機の訪れを暗示する


    結婚は人間関係や生活環境などが大きく変わる出来事ですよね。そのため、結婚する夢は変化や転機が近いことを暗示していることもあります。

    恋愛面や仕事、友人関係などどこで訪れる変化なのかは分かりませんが、その転機をきっかけにあなたの運気はより高まるでしょう。

    夢占いで不安や不満を暗示する


    結婚する夢は基本的には吉夢なのですが、場合によっては忠告夢であることも考えられます。吉夢か忠告無かの見極めるには、夢の中であなたがどんな気分だったかということが重要です。

    結婚するのに嬉しくなかったり、なんだか浮かない気分だったら、あなたの不安や不満を表す夢になります。その夢の中での結婚相手だった人と、現実でなにかトラブルが起こったり関係が変わる出来事が起こる可能性があるので十分注意しましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)