美味しいラム酒の飲み方を伝授!おすすめ銘柄&相性の良いおつまみも

  • ラム酒を美味しく飲むコツを知っておこう

    ラム酒は多くの魅力を備えたお酒であるからこそ、美味しい飲み方のコツを知っておくことでより楽しむことができます。

    たとえば、ビールはキンキンに冷やした方が美味しいだとか、そういったことがお酒の美味しさをさらに増幅してくれますよね。このように、コツと言っても「お酒を嗜む上では知っておきたい」という情報ばかりです。

    ラム酒も同様に、ちょっとした飲み方のコツを心得ておくだけでその良さを最大限に引き出すことができるでしょう。

    おすすめのグラス


    ラム酒の楽しみ方はさまざまです。味わいを楽しみたい人もいれば、香りを強く感じたいという人もいます。ラム酒好きに限らず、お酒を日頃からよく飲む人は自分の好みによってグラスを変えるという人も少なくありません。

    ラム酒をカクテルベースとして用いる場合には、カクテルに応じたグラスを使いましょう。グラスによってとくに風味が異なるのは、ラム酒をストレートで飲む場合です。

    ラム酒をストレートで飲む場合によく使われるグラスは、ショットグラスやブランデーグラスなどが多いでしょう。ラム酒の味を楽しみたい場合にはショットグラスを、香りを楽しみたい場合にはコニャックグラスがよく使われます。

    ブランデーグラスは底から飲み口に向けてチューリップのように小さくなっていくグラスなので、香りが外に逃げるのを防ぎます。グラスのサイズについては、小ぶりのものを選びましょう。サイズが大きすぎると、アルコールが揮発してしまいます。

    温度も重要


    ラム酒の飲み方を工夫する場合には、温度も重要になってきます。ラムにはいくつかの種類があるとご紹介しましたが、その種類に応じて温度を使い分けることでより、ラム本来の魅力を引き出すことができるのです。

    ラム酒の香りを楽しみたい場合には、常温のままで味わうのがおすすめです。ブランデーグラスなどに注ぐことで、より香りが引き立ちます。ラム酒が手の温度によって温まることを避けたい場合には、手の温度が伝わりづらいように底の高いグラスを選びましょう。

    ホワイトラムのような色の薄いラムは、冷やしてから飲むことがおすすめ。よりすっきりとした味わいになり、クセなども少なくなります。瓶ごと冷やしてもよいですね。

    また、ラム酒はホットでも楽しむことができます。温めることでラム酒の香りがフワッと広がり、シナモンなどのスパイスを入れることで自分好みの味に変えることもできるでしょう。寒い冬や寝る前におすすめしたい飲み方です。

    ラム酒特有の幅広い飲み方を楽しむ


    今回ご紹介しただけでも、ラム酒に幅広い楽しみ方があることは十分に知っていただけたことでしょう。お酒としての飲み方、お菓子作りのお供としての楽しみ方など、さまざまな用途にラム酒は使われています。

    ストレートやロックで楽しむことはもちろん、お洒落なカクテル作りや、ちょっとしたお菓子作りのアクセントにもなるラム酒。男性も女性も、お酒好きもそうでない方も、飲み方の工夫次第で楽しむことができるお酒だと言えるでしょう。

    豊富なレパートリーを誇るラム酒は、いくつかの種類を試し飲みすることも楽しみ方の一つです。製法や産地によっても風味が異なるので、自分のお気に入りの一本を見つけるのも通な飲み方ではないでしょうか?

    アレンジして自分好みの飲み方を見つけよう


    ラム酒にハマると「自分好みのラム酒の楽しみ方」を見つけたくなるかもしれません。お菓子作りが好きな方はラム酒を使ったスイーツを試作してみたり、ラム酒にあうグラスを揃えたり、ラム酒に詳しいバーなどに足を向けることでより楽しみは広がるはずです。

    また、ラム酒はさまざまな料理との相性も良いお酒です。しょっぱいものでも甘いものでも、自由に組み合わせて楽しむことができるので、たとえばフルーツと生ハムを合わせてみたり、和食でも洋食でも好みの材料でおつまみを作ることができます。

    ラム酒はお酒に強い人だけの飲み物ではなく、お酒が強くない人であっても、飲み方のアレンジ次第で楽しむことができます。「度数の強いお酒」というイメージと裏腹に、実はとても親しみやすいお酒と言えるでしょう。
  • ラム酒と相性のいい料理

    ラム酒は単体でゆっくりと香りや味を楽しむことができる一方で、しょっぱいものにも甘いものにも合うため、食事のお供としても適しているお酒です。今回は、その中でもとくに相性の良い料理をご紹介していきます。

    相性の良い料理と一緒にラム酒を嗜んでみると、ちょっとした飲み方の工夫次第でお酒の時間がより充実するでしょう。ご自宅で料理をしてみるのも良いですし、レストランなどに訪れた際にもしもラム酒が置いてあったらぜひ試してみてくださいね。

    中南米系料理


    ラム酒には中南米、いわゆるラテン料理がとてもよく合います。中南米でよく親しまれているお酒であるということも理由の一つです。

    とくにアボカドを潰してレモン汁をかけて作るグアカモレという料理は、ラム酒によく合います。クラッカーやナチョスなどにディップして食べられており、トマトのサルサなどが添えられていることも多いです。

    現地の人は、味の濃い料理や油っこい料理とラム酒を合わせる時に、塩とレモンを口に運びながら飲むという習慣があります。こうした現地流の飲み方にならってみるのも、世界で人気なラム酒だからこその楽しみ方かもしれませんね。

    スープ料理


    少々意外かもしれませんが、ラム酒はスープ料理との相性もいいと言えます。とくにコンソメ系などの澄んだ色合いのスープとの相性が良いとされているようです。

    ただし、甘みが強かったり、ややもったりとしたスープとはあまり合いません。コーンポタージュやかぼちゃスープなどがその例です。また、昆布やカツオの出汁を効かせたスープに関しては、ラム酒の強い風味に負けてしまうことがあるので注意しましょう。

    肉料理


    ラム酒は味わいや香りの強いお酒なので、脂の乗った肉料理にも負けずに、口の中をさっぱりとさせてくれる効果があります。そのため、肉料理にもよく合うでしょう。また、料理のお供としてだけでなく、肉料理の仕上げとして香り付けをするのにも向いているのです。

    肉料理の中でも、味が濃い料理の方がラム酒には合いやすいと言われています。お肉の繊細な味を楽しみたいという場合には、ラム酒の甘みやクセに負けてしまうことがあるので、その場合は割って飲むなど、飲み方を適宜工夫してみても良いでしょう。

    味噌を使った料理もラム酒に合う


    ラム酒と味噌の相性も悪くありません。味噌といっても、味噌汁のような料理よりは、みそ田楽のような味噌の風味が強い料理の方が適しています。

    たとえば野菜や豆腐など味の薄い食べ物は基本的にラム酒には合いませんが、味噌のような強い味の調味料で味付けをすることでラム酒にマッチするようになります。

    お酒と料理の組み合わせには無限の可能性があります。ご紹介した料理以外にもラム酒に合う料理があるかもしれません。ラム酒自体の飲み方を変えてみたりと、ぜひ色々な組み合わせを探してみてくださいね。