美味しいラム酒の飲み方を伝授!おすすめ銘柄&相性の良いおつまみも

  • 美味しいラム酒の飲み方の基本【カクテル編】

    次に、ラム酒をベースにした基本的なカクテルとその作り方についてご紹介していきましょう。ラム酒はストレートやロックなどの飲み方で風味そのものを楽しむことができる一方、お酒があまり強くない人であっても気軽にアレンジして飲むことができます。

    ラム酒の味わいは、飲み方次第でその印象を大きく変えます。少量ずつゆっくり味わうこともできますし、ジュースなどと合わせて気軽に楽しむこともできるのです。

    カクテルはバーなどのお店で飲むものというイメージがあるかもしれませんが、自宅で簡単に作れるカクテルもたくさんあります。凝ったカクテルを自作することも、お酒好きな人にとっては楽しみの一つでもありますが、まずは基本的なカクテルをみていきましょう。

    モヒート


    モヒートといえば、清涼感のある見た目のとおり、すっきりと飲むことができる夏の定番カクテルです。使われている材料は、ラムと砂糖またはシロップ、それからソーダ水。フレッシュミントやライムなども使われます。

    作り方はいたってシンプル。香りを出すために叩いたり揉んだミント、ライムや砂糖をグラスに入れます。氷を入れて、ラムを注いだらその時点でしっかり混ぜておきましょう。最後にソーダ水を注げば完成です。使われるラムは、ホワイトラムが主流になっています。

    カクテルはシェーカーと言われる道具を用いて作るものが多いなか、モヒートは道具を使わずに簡単に作ることができるので、まずはモヒートに挑戦してみるのがおすすめです。

    ダイキリ


    ダイキリも、モヒートと同じように非常にシンプルなカクテルとして高い人気があります。ヘミングウェイが好んで飲んだとも言われるこの有名カクテルは、ラム酒にライムジュースと砂糖を加えて作るドライな味わいが特徴。

    ダイキリは、シェーカーを用いて作るショートスタイルのカクテルになります。材料はとてもシンプルで、配合の違いやシェーカーの腕前などによっても味わいが変わるため、カクテル作りを楽しむ人にとって奥深いカクテルと言えるでしょう。

    さらにお洒落な飲み方をしてみたいという人は、ショートサイズのカクテルグラスに入れて作ると雰囲気が出るのでぜひ試してみてください。

    バカルディ


    バカルディは、ホワイトラム、ライムジュース、そしてグレナデンシロップというざくろのシロップなどを材料にして作るショートスタイルカクテルです。ざくろの赤い色が美しく、女性も飲みやすい甘めのカクテルになっています。

    こちらもダイキリと同様のショートカクテルです。「バカルディ」という名称は有名なラムのメーカーと同じ名前ですが、同銘柄を売り出すためにこのカクテルが考案されたとも言われています。

    マイタイ


    マイタイは「トロピカルカクテルの女王」と言われており、甘くてとても飲みやすいカクテルです。色鮮やかなフルーツが添えられることも多く、どこかスイーツのような雰囲気を漂わせたカクテルでもあります。

    マイタイはロングタイプのカクテルで、こちらもシェーカーを用いることが多いです。基本的な材料は、ホワイトラムにホワイトキュラソー、そしてパイナップルやオレンジ、レモンなどのジュースにダークラムを加えて作ります。

    マイタイのようなラム酒を使ったカクテルは、度数の強いお酒を使っていても口当たりがよく飲みやすくなるのが特徴です。知らず知らずのうちに酔いが回りすぎてしまった…ということがないように、飲み方には注意するようにしましょう。

    ボストン・クーラー


    ボストン・クーラーは、ラムやレモンのさっぱりとした風味とジンジャエールの弾けるような香ばしさがミックスされた夏にぴったりの爽やかなカクテルです。材料は、ライトラム、レモンジュース、シガーシロップとジンジャーエールになります。

    シェーカーで作ることもありますが、以上で紹介した順に材料を入れるだけで作ることもできます。ジンジャーエールで辛口に風味を変えたり、ラムの分量を調整することでアルコール度数を調整したりできるので、気軽な飲み方を楽しむこともできますよ。

    ピニャ・コラーダ


    ピニャ・コラーダは、ココナッツとパイナップルの風味が豊かな、南国気分を味わうことのできる定番カクテルです。材料は、ラムとココナッツミルク、パイナップルジュースのみ。シェーカーで作ることをおすすめします。

    ココナッツミルクが手に入りにくい場合には、牛乳とココナッツリキュールでも代用が可能です。カクテル作りをしてみようという場合には、各種シロップなどを用意してみるとより飲み方の幅が広がっていくでしょう。
  • 初心者におすすめなラム酒の銘柄【前編】

    それでは次に、初心者におすすめなラム酒の銘柄をご紹介します。今回は「飲みやすい」「定番である」というだけでなく、ラム酒愛飲者の中でも「おいしい」と評判のカクテルまで幅広く紹介していきますよ。

    ラム酒は飲み方のレパートリーが多様なだけでなく、その銘柄や種類も多岐に渡ります。気になった銘柄を試すのも良いですし、定番のラム酒から試してみるのも良いでしょう。正解はありません。お気に入りの一本をぜひ見つけてください。

    ロン・サカパ23


    ロン・サカパ23は、ラム酒愛好家やバーテンダーなどラムに飲み慣れた人がとくにお勧めする銘柄の一つです。「世界一おいしいラム酒」と言われるほど数々の賞を受賞してきた本品は、まろかな味わいと豊潤な香りを楽しむことができます。

    入門として考えると少々値が張る逸品ですが、今回ご紹介したのには訳があります。このロン・サカパ23は本格的なラム酒でありながら口当たりが良く、「美味しい」と思うか否かによってラム酒との相性を知ることができると言われているのです。

    ロン・サカパ23のような風味の強いラム酒を飲む場合には、ロックやストレートなどの飲み方をおすすめします。

    レモンハート デメララ


    レモンハートは、ラム酒の有名銘柄の一つであり世界的に人気の高いラム酒になります。その中でもデメララはとくに人気が高いラム酒で、口当たりがやさしく飲みやすいことからも初心者にもぴったりの種類と言えるでしょう。

    レモンハートのデメララは、ラム酒の中でもスタンダードな味わいが特徴になっており、甘みやクセのバランスも飲みやすい仕上がりになっています。手に入れやすい価格であることから、日常的に飲むのに最適なラム酒とも言えますね。

    ストレートやロックでの飲み方はもちろん、クセが強すぎずカクテルベースとして使うことにも向いているので、汎用性が高い点も多くのファンの支持を得ている理由でしょう。

    アプルトン ホワイト


    アプルトンはジャマイカで最も歴史の長いラムメーカーで、香り高くまろやかなラム酒を製造することで知られています。

    その中でもホワイトは、クセが少なくなめらかな味わいのラム酒です。丁寧に少量ずつ生産されているなど製造方法にもこだわりがあり、湧き水を使用したクリアで軽快な味わいが特徴になっています。

    原酒を活性炭処置しているため、色合いが非常にクリアで雑味などもありません。すっきりとした風味である一方、ストレートのような飲み方をするとかなりきついと感じる場合もあるようです。そのため、まだラム酒に慣れていない方は割って飲むのが良いでしょう。

    サントリー ラム ゴールド


    サントリーのラムゴールドは、比較的手に入れやすい価格になっているため、飲むだけでなくラムレーズン作りやケーキなどのお菓子用として使われることが多いラム酒です。

    カクテルベースとして使う人も多く、特にジュース類との相性が良いとされているため、フルーツジュースを多く用いたトロピカルカクテルに利用されています。クセなども少ないので手軽にラム酒を割って飲みたい人はぜひ試してみてください。