私ってレズかもしれない?自己診断チェック&正しい対処法を伝授!

「自分はレズビアンかもしれない」と気づいても、どう対処したらいいのか分からず困ってしまいますよね。この記事では、自分や友達がレズビアンだと気づいたとき時の対処方法を紹介していきます。女性同士で結婚はできませんが、パートナーシップ制度を利用することは可能です。前向きに恋愛してみましょう。

  • 私ってレズビアンかもしれない…

    最近は、同性愛者であることをカミングアウトする有名人が増えてきて、セクシュアルマイノリティの人々を指す「LGBT」という言葉が浸透しつつあります。そんな有名人のニュースを目にするたびに、ホモセクシュアルやレズビアンといった人たちが世の中に大勢いることを実感する人は多いでしょう。

    LGBTは、画面の向こうだけの話ではありません。あなたの友人がレズビアンかもしれないですし、あなた自身がレズビアンである可能性もあるのです。「最近、自分が同性愛者かもしれないと気づいてしまった」という人は、この記事を参考にして、今後どうするべきか考えていきましょう。

    「レズビアン」の意味


    「レズビアン」とは、女性の同性愛者のことを指す言葉です。自分は女性だと認識していて、男性ではなく、女性が好きな人のことですね。

    その語源は、ギリシャのエーゲ海に浮かぶ「レスボス島」にあります。この島には昔、サッフォーなどの女流詩人たちが住んでおり、女神への愛をテーマとした詩などを沢山作りました。その島のイメージから、女性を愛する女性のことを「レズビアン」と呼ぶようになったのです。

    「レズビアン=性同一性障害」は間違い


    「性同一性障害」という言葉を、誰でも一度は聞いたことがあると思います。これは、生まれ持った性別と、心の性別が一致していない状態のことです。たとえば女性なら、「体は女性なのに、心は男性」ということになります。

    しかしレズビアンは、性同一性障害とは全く違うものです。レズビアンは「女性だけど女性のことが好きな同性愛者」なので、自分が女性であると認識しています。体と心の性別が一致しないわけではありません。

    レズビアンを「百合」とも言う


    マンガやアニメの世界では、レズビアンをテーマとした作品のことを、しばしば「百合」というカテゴリーに入れています。

    この語源は、ホモセクシュアル(男性の同性愛者)向けの雑誌『薔薇族』です。この雑誌の中で、レズビアンの読者向けに「百合族の部屋」という投稿コーナーを設けました。それが徐々に世間に浸透し、レズビアンをテーマにした作品のことを「百合マンガ」「百合アニメ」と呼ぶようになったのです。