兄弟構成で相性が変わる?それぞれの性格&恋愛傾向を知っておこう!

  • 恋愛で相性の良い兄弟構成の組み合わせは?

    兄弟構成がある程度人間関係に関わっていることが分かってきましたね。ではここからは、具体的に相性の良い組み合わせをご紹介していきます。

    兄弟構成だけで相性の良し悪しを判断してしまうのは良くないですが、恋愛においての一つの「ものさし」として頭においておくと良いでしょう。

    相性の良い兄弟構成の組み合わせ:長男長女×末っ子


    相性の良い兄弟構成の組み合わせとして、一番ベストだと言われているのは「長男長女と末っ子」です。甘え上手で、素直な末っ子は長男長女の心をグッと掴むでしょう。責任感が強く、面倒見の良い長男長女は末っ子が可愛くてたまりません。

    たとえ揉め事があっても、長男長女が冷静に対応し、大きな喧嘩には発展しないでしょう。これこそが、長続きする秘訣ではないでしょうか。甘え上手な末っ子と、面倒見の良い長男長女の性格のバランスが上手くとれていて、相性が良い組み合わせと言えるでしょう。

    相性の良い兄弟構成の組み合わせ:真ん中×一人っ子


    相手に合わせる事を得意とする真ん中っ子と、時に独占欲が強く、自分の時間を大事にする一人っ子は、相性がとても良い組み合わせです。

    一人っ子の独占欲が強いといってもベタベタするようなタイプではなく、また真ん中っ子は程良いバランスで距離感を保つ事ができます。そして、必要な時にはしっかりサポートし合える良い関係を築く事ができます。

    相性の良い兄弟構成の組み合わせ:末っ子×末っ子


    「末っ子×末っ子」の相性は一見悪そうに思えますが、同じような環境で育ってきたからこそ、理解できる部分が大きくあります。末っ子同士はお互いを尊重し合うことができて、自然と対等な関係性を築く事ができる為、居心地の良い存在となるでしょう。

    しかし、お互いが優柔不断でマイペースなので、時にはどちらかがリードする事も大事です。

    相性の良い兄弟構成の組み合わせ:長男長女×一人っ子


    「長男長女×一人っ子」の相性は、まずまずでしょう。自分の意見を慎重してくれる心の広い長男長女であれば、相性は良いはずです。

    ですが時として、マイペースな一人っ子は、長男長女の面倒見の良さを「うっとうしい」と感じてしまう事もあります。過保護タイプの長男長女だと、相性が悪いかもしれません。

    一人っ子と付き合う場合は適度な距離感が必要です。
  • まずは気になる相手の兄弟構成を知っておこう

    兄弟構成が全てではありませんが、育ってきた環境や子どもの頃の経験がその人の人格形成に関係している事は確かです。

    気になる人がいる時は、まず兄弟構成を探ってみましょう。その人の性格や恋愛の傾向を理解しておけば、相手に対するアプローチの方法もおのずと見えてくるはずです。

Photo:All images by iStock