兄弟構成で相性が変わる?それぞれの性格&恋愛傾向を知っておこう!

  • 相性の前に!兄弟構成による性格の特徴

    相手の兄弟構成を知れば、どのように接したら良いのかある程度わかってくるでしょう。そして必然的に、自分との相性もわかってくるはずです。

    例えば、自分が長女なら年下との人間関係がうまくいきやすいでしょうし、逆に年上との人間関係はうまくいきづらいかもしれません。このように、兄弟構成は家庭だけでなく、あらゆる組織の中での人間関係構築に影響しているのではないでしょうか。

    そこでここからは、兄弟構成による性格の傾向をご紹介していきます。あくまでも傾向ですが、納得のいく部分が多くあると思います。

    ぜひ、会社や恋愛での人間関係に役立ててください。

    長男の性格


    長男の存在は、兄弟の中でも特別な存在です。弟や妹がいる長男の場合、性格の特徴としては、優しくて面倒見が良い、責任感がありしっかりしている、リーダーシップがある、などがあげられます。世話好きで面倒見が良いですが、おせっかいが過ぎて自分の価値観を押し付けてしまう事あるようです。

    家庭において、一番最初に産まれる男の子は長男ですから、長男は母親の愛をたっぷりと受けます。このことは、長男の性格形成に大きな影響を与えていると言えるでしょう。比較的甘やかされて育った長男は、おっとりしていてマイペースです。

    また、競争には弱い性格ですが、社交性には長けていて敵は作りません。しかし、このような性格は、環境が変われば競争心の激しい負けず嫌いに育つこともあります。それでも弟や妹への配慮が出来るのが長男の性格の特徴です。

    長女の性格


    弟や妹がいる長女の場合、面倒見が良く、責任感も強いケースが多いです。親に厳しく育てられた人も少なくないでしょう。なので、自分のことを厳しく評価している人も多く、何かをしっかりできないとき、自分に腹が立ってしまう事もあります。

    細かい所もいちいち気になってしまい、ストレスを溜めやすいといった完璧主義な一面も持っています。

    弟や妹の面倒をみたり、おつかいに行ったりと、親から様々な頼みごとをされてきた人も多く、しっかり者です。周りから期待されて育ってきたこともあり、仕事などで頼み事をされると、忙しくても断る事が出来ません。

    末っ子の性格


    末っ子は兄弟の中で一番年下という事で、甘やかされて育った人も多いのではないでしょうか。その為、自分の思い通りにいかないと、不機嫌になってしまうわがままな一面があります。

    兄や姉がいて、物事を代わりにやってもらっていた場合が多いので、「誰かがやってくれる」という心理が働きやすく、面倒なことは後回しにしてしまう所もあるでしょう。

    しかし、甘やかされて育った末っ子です。甘え上手な分、誰かに頼るのも得意なので、年上の人とも抵抗なく接することができるのが魅力でもあります。

    真ん中の性格


    束縛が嫌いで、親や恋人など近い存在の人からであっても、干渉される事を苦手とします。思いたったら即行動に移すのも真ん中っ子の性格の特徴で、独立精神が強く、人に頼まれたり指示される人生より、自ら切り開く人生を好む人が多いと言えます。

    一見、人付き合いが悪い印象ですが、子供の頃から上下に兄弟がいた事もあり、周りの空気を読むのが得意です。なので、周りの状況を把握しながら臨機応変に物事に対応できる力があるでしょう。
  • 兄弟構成によるそれぞれの恋愛傾向とは?

    長男長女はしっかりしていて、末っ子は甘え上手といったように、育ってきた環境は違っていても、同じ兄弟構成の場合、共通点は多いでしょう。このように兄弟構成が性格形成に多少なりとも関わっているのだとすると、兄弟構成はその人の恋愛傾向にも少なからず影響を与えていると言えそうです。

    好きな人の兄弟構成を知っていたら、アプローチする為の大きなヒントになるかもしれませんね。

    長男の恋愛傾向


    人を気遣うことのできる長男は、恋愛相手に対してもしっかり配慮ができます。特に、付き合う前の段階では、相手の反応を見ながらゆっくりアプローチをして、慎重に進めていくでしょう。女性が戸惑うような猛烈なアピールをすることはありません。

    そのため、女性にとっては安心して身を委ねられる存在となるでしょう。

    それほど頼りがいのある長男ですが、実は「頼りたくても頼れない」というプライドの高さも持ち合わせています。長男と付き合う際にはプライドを傷つけない程度に甘えさせてあげてください。

    長女の恋愛傾向


    真面目な長女は、簡単に男性を好きになることはありません。その分、一度好きな人ができると浮気もせず、真っすぐに一人のことだけを想います。

    彼女が一途なので、彼氏も安心して付き合っていられます。このような長女の恋愛傾向は、交際においてプラスに働くことが多いでしょう。しかし、彼氏を好きなあまり、相手を束縛してしまう傾向もないわけではありません。

    また、長女は面倒見が良いので、男性にとっては「尽くしてくれる彼女」になるはず。甘え上手な男性と相性が良さそうですね。

    長男の場合と同じように、長女も「甘えたいのに上手く甘えられない…いつも甘えられてばかり…」と我慢してストレスが溜まる事がありますので、たまには彼氏に存分に甘えてみるといいでしょう。

    末っ子の恋愛傾向


    末っ子は、甘え上手かと思えばしっかり者なところもあり、「そのギャップがたまらない」と魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。

    素直に思ったことを言うことができ、愛情表現もストレートです。そして、甘えたいし甘えられたい気持ちもあります。人の懐に入るのが上手なので、恋愛においていい距離感を保つことができるでしょう。

    ですが、家族からたっぷり愛情を受けて育った末っ子は嫉妬深いため、放置しておくと「いつも一緒にいたい、何でも知りたい」と依存心が強くなることもありますので、注意しましょう。

    真ん中の恋愛傾向


    真ん中っ子は、兄弟構成において上と下に挟まれ、結局どちらかに合わせるといった立場です。そのせいか、恋愛においても相手に合わせてしまう事が多いようです。

    そして、他の兄弟姉妹より親から受けている愛情が少ない傾向にあります。なので、愛情表現が苦手で、好意を持っていても、その気持ちが相手に伝わらずに空回りする事も少なくありません。相手から「掴みどころがない人」と思われてしまう事もあるでしょう。

    しかし、真ん中っ子は空気を読むのがとても上手です。一旦打ち解けることができれば、良好な関係を築くことができるでしょう。

    一人っ子の恋愛傾向


    一人っ子は恋愛対象として少し大変そう…と思っている人も少なくないのではないでしょうか。しかし、恋愛傾向を理解すると、一人っ子とのより良い付き合い方が見えてくるはずです。

    一人っ子は、家庭において親の愛情や期待を背負って生きてきた分、自分は特別な存在だと思っている人が多いようです。

    なので、好きになると独占欲が強く、失いたくない恐怖心から自分だけのものにしたいという欲求が強くなりがち。そして兄弟姉妹が居ない環境ゆえに、コミュニケーションは苦手なところがあります。

    しかし、物事への執着がなく楽観的な性格なので、それを理解し優しく見守ってくれるような人との相性が良さそうですね。