兄弟構成で相性が変わる?それぞれの性格&恋愛傾向を知っておこう!

相性がいいと感じた男性の「兄弟構成」を気にしたことはありますか?一人っ子なのか兄弟姉妹がいるのか、兄弟姉妹がいるならどんな構成なのかなど、育った環境によって性格や恋愛傾向に違いが出てくるものです。そこで今回は、兄弟構成と相性の関係について詳しく解説していきます。

  • そもそも兄弟構成って相性に関係あるの?

    しっかりしているのは長男長女とか、甘え上手なのは末っ子など、兄弟構成による性格の特徴って、なんとなくありますよね。

    もちろん「兄弟構成で決めつけないで」と反感を覚える人もいると思います。しかし兄弟構成は、その人の性格形成だけではなく、人と人の相性にも大きな関わりがあると、経験的に実感している人は多いでしょう。

    学生時代であれば友達、社会に出れば上司や同僚との相性など、他人との相性の良し悪しは生きていく中で常につきまとう問題です。恋人の場合でも同じですね。兄弟構成を知っておくと、相手を理解するためのヒントを得られるかもしれません。

    もちろん兄弟構成で全てが決まるわけではないですが、ある程度の傾向を知っておいて損はないでしょう。

    兄弟構成は人格に影響を与える?


    兄弟構成が性格に何らかの影響を与えるのは確かでしょう。長男長女なのか、それ以外か、何人兄弟なのかなど、さまざまな要素が絡み合って、その人の人格を形成していきます。そして、親子の繋がりや兄弟との繋がりも、友達との付き合い方や恋愛に大なり小なり影響すると考えていいでしょう。

    一般的に、長男長女は何かと怒られ、下の兄弟のお手本になるよう育てられる事が多いですよね。少し不自由なイメージがありますが、先に生まれている分、手塩にかけて育てられ、親を独り占め出来た時間は長いというメリットもあります。そのような環境が人格形成に影響を与えていくのです。

    婚活では特に重要になってくる


    婚活において、相手を選ぶ基準は人それぞれですが、中でも兄弟構成がなぜ重要なのかというと、その理由はふたつあります。

    ひとつ目は、同性の兄弟または姉妹しかいない場合、異性と関わる機会が少ないため、異性の基準が「母親または父親」になってしまうということです。「無意識のうちに親と似た性格の人と結婚していた」というのはよくある話ですね。

    自分で意識していなくても、いつの間にか身近な異性である母親、もしくは父親を理想としていて、それに似た人を「相性がいい」と判断してしまいます。

    もうひとつは、相手の兄弟構成を限定しているケースがあるということ。「長男の嫁にはなりたくない」「家業を継いでもらいたいから次男を婿養子に迎えたい」などです。このケースでも条件に当てはまる人がいれば「相性がいい」と判断する人もいるでしょう。