御所車ってどんな体位?やり方や注意点を解説!体験談も【男女必見】

「御所車ってなに?」「ヘリコプターみたいに回るってどういうこと?」今回は四十八手の一つ、御所車についてのご紹介です。ユニークで斬新な体位との呼び声も高い御所車。基本的なやり方やコツ、注意点などを初心者でもすぐに習得できるように詳しく解説していきます。

  • そもそも御所車ってどんな体位?

    御所車とは、江戸時代に名付けられた四十八手というセックスの体位のうちの一つ。遊び心満載の四十八手ですが、御所車はなかでも斬新でユニークな体位として知られています。

    御所車は、他の四十八手の体位と比較すると少し難易度が高くアクロバティックな体位になります。その上、あまり快楽を感じることをメインにした体位ではありません。ですがセックスを楽しむための体位として「チャレンジしたい」という男女もとても多いのです。

    今回は、御所車についてやり方やコツ、注意点などをくまなくご紹介していきます。あなたがこの記事を読み終える頃には、御所車について完璧にマスターできるはずです。ではさっそく見ていきましょう。

    48手の中の一つ


    そもそもみなさんは四十八手という言葉をどのくらい知っているでしょうか?セックスの体位について、何やら古風な名前がつけられているなと気になる方も多いかもしれません。これらの体位の名前の多くは江戸時代に名付けられたものです。

    四十八手と呼ばれながらも、実のところは表裏合わせて九十六手あると言われています。近年ではその数は百手あるとも。昔の人々の性への好奇心が伺えますよね。

    中には「どうやってそんな体位を思いつくの?」という体位が存在しているのですが、御所車もそういったユニークな体位の一つです。

    騎乗位に分類される


    「斬新でユニークな体位」などと聞くと、御所車っていったいどんな体位なの?と気になりますよね。まず、御所車は四十八手のなかでは騎乗位に分類されます。騎乗位は女性優位の人気の高い体位として知られており、四十八手の騎乗位の種類は10個前後にも及びます。

    騎乗位の体位のほとんどは、女性が上位になって積極的に動きます。普段は男性優位になりやすいセックスにメリハリをつけ、「相手を気持ちよくしたい」という気持ちが現れる騎乗位。男性にとっても騎乗位は普段と違った女性の一面を見られる、新鮮な体位と言えるでしょう。

    上級者向けの斬新な体位


    御所車は、ある意味では上級者向けの体位であると言われることが多いです。体勢が難しいということもありますが、それ以上に御所車がセックスにもたらす効果として「ムードを良くする」というよりも「お互いに楽しむ、面白がる」という側面が強いためです。

    御所車は「ヘリコプターのように女性が男性の上をくるくると回る」という突飛な動きが取り入れられています。その姿を見たら、男性も女性も思わず笑ってしまう…そういう意味でお互いにセックスに慣れていて、談笑できる余裕がある方が挑戦する体位と言われるのでしょう。

    「試しにやってみたい」「ちょっとネタ作りに」という動機にはぴったりの体位でもあります。上手くいくかいかないかはともかくとして、楽しむことはできるはずです。