言葉足らずな人ってどんな人?意味や特徴・克服方法などを徹底調査!

言葉足らずという言葉をご存じですか?言葉足らずと呼ばれる人は、いったいどのような人なのでしょうか。今回は、言葉足らずな人の特徴や、言葉の意味、そして克服方法などをご紹介します。言葉足らずを克服したい、そんな人はぜひ読んでみてくださいね。

  • そもそも「言葉足らず」とは?

    「言葉足らず」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?日常生活だけではなくビジネスシーンでも使われることが多い言葉ですが、意味をきちんと理解していないと、相手に思わぬ伝わり方をしてしまうことも。

    「言葉足らず」の意味を理解して、ちゃんとした使い方をしましょう!「言葉足らず」の意味や類義語、英語表現などについてご紹介していきます。

    「言葉足らず」の意味


    「言葉足らず」はその文字の通り、「言葉が足りていない」という意味を持っています。言葉が足りていなくて伝わらなかったり、説明がうまくできずに理解されていないときに使う言葉です。

    特にビジネスシーンでは、謙譲表現として使われることが多いでしょう。「自分の言葉が足りないばかりにすみません」という気持ちで使われています。

    「言葉足らず」の類語


    「言葉足らず」には似たような言葉があります。類義語をしっかりと知ることで、言葉の使い間違いを少なくしていきましょう。

    まず、言葉を表現することが苦手、下手だという意味では、「口下手」「訥弁(とつべん)」「話下手」という言葉が該当します。どちらかというと「自分は口下手だから」という言い方のほうが、聞きなじみがある人もいるでしょう。

    それから、言葉が足りずに理解されなかった、という意味では、「説明不足」「説明不十分」などという言葉が類語に当たります。「説明不足でごめんね」などといった言い回しは、聞いたことが多いのではないでしょうか。

    「言葉足らず」のビジネスシーンの類語


    「言葉足らず」という言葉は、ビジネスシーンでも類語が存在します。例えば言葉足らずで相手に伝わらなかったとき。「言葉足らずですみません」と謝ることもあれば、説明することを「失念しておりました」と言う言い回しをすることもあるでしょう。

    「言葉足らず」の対義語


    「言葉足らず」という言葉の反対の言葉は、「過不足なく」「完璧に」などといった言葉が挙げられます。言葉足らずという言葉は、言葉が抜けていて十分ではなかったということなので、逆に言葉がきちんと足りていた、きちんと相手が理解できたという意味の言葉が対義語になります。

    「言葉足らず」の英語表現


    「言葉足らず」を英語で言おうとしても、「言葉足らず」という日本語に該当する英語はありませんでした。ですが、言葉足らずの類語である「説明不足」は英語で表現することができ、そちらが一般的に使われているようです。

    「I'm sorry I didn't explain it enough.」ということによって、「すみません、こちらの説明が不足していました」と伝えることができます。「言葉足らずですみません」という意味と変わらないので、英語で「言葉足らず」を伝えたい場合は、こちらを使うようにしましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)