夢占いが表す「告白する夢」の意味とは?相手別・状況別に解説します

「告白する夢」は夢占いにおいて、相手や状況によりそれぞれ違う意味を持っています。夢で告白していたように現実でも好きな人に告白すると、悪い結果を招いてしまうことも。この記事では、夢占いが表す「告白する夢」の意味を、相手別・状況別で丁寧に解説!必見ですよ!

  • 告白する夢の夢占いでの意味は?

    告白する夢は、目が覚めた後も強く印象に残りますよね。好きな人に告白していたのなら鼓動が早いままだったり、なんとも思っていない人に告白していたら戸惑うこともあるでしょう。

    夢占いにおいて、告白する夢とはどんな意味を持つのでしょうか?誰に告白するか、どんな状況で告白するかによっても意味は違います。告白する夢の夢占いにおける意味を解説する前に、まずは夢占いの基本について押さえておきましょう。

    そもそも夢占いって何?


    夢占いとは、夢にでてきた状況や行動をもちいて、自分でも気づいていない深層心理やこれから先の未来を占うことです。

    夢占いには、「逆夢」や「吉夢」といわれるものがあります。「逆夢」はその名の通り、夢とは逆のことが起こることをいいます。悲しい夢が「現実では嬉しいことが起こる」と知らせていたり、反対に、嬉しい夢が「現実では注意が必要」と警告していたりします。

    「吉夢」は、夢に良い意味を持つものが出てくると良いことが起こる、という知らせです。初夢の「一富士二鷹三茄子」がこれにあたるでしょう。

    寝ている間に無意識に見る夢だからこそ、人はその意味を知りたがるのかもしれません。

    告白する夢の基本的な意味とは?


    夢占いにおいて、告白する夢の基本的な意味は「誰かに気持ちを伝えたい」という願望の表れです。

    それは愛の告白に限らず、自分の内に秘めた思いを吐き出したいという欲求の表れでもあります。自分の本音を押し殺して窮屈な思いをしていることはありませんか?

    告白する夢をみたら、友達や家族、恋人など気を許せる人を見つけて、自分の思いの丈を聞いてもらいましょう。気持ちがスッキリするはずです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)