ハブられる原因ってなに?ハブる意味や仲間外れにする心理を徹底解説

  • ハブられる原因

    ハブられる人には、共通する特徴がありそうだということが分かりました。これらの特徴のほかにも、ハブられる原因となり得ることはまだありそうです。

    つぎは、もう少し踏み込んでハブられる原因を具体的に見ていきたいと思います。先ほどの「特徴」と同じように、必ずしもハブられる人が悪いわけではないケースも多々あるようです。

    ハブられる原因(1)態度や行動に協調性が見られないから


    「ハブる」という言葉は、グループや仲間、集団などのコミュニティがあってはじめて意味を成す言葉です。それらのコミュニティでは、何より協調性があることが重視されるため、一人だけ自分勝手な態度や行動をとってしまう人はハブられることになってしまいます。

    また、「出る杭は打たれる」ということわざにもあるように、一人だけ抜きん出て才能がある場合もハブられる可能性が高くなります。それから、マイペースで周囲に合わせられないタイプの人も仲間外れにされることが多いかもしれません。

    ハブられる原因(2)見た目が不潔でだらしないから


    ハブられる原因になるのは性格的なことだけではありません。非常に残念なことですが、見た目が不潔でだらしなかったり、生理的に受け付けられなかったりなど、外見的なことが原因でハブられる場合もあるのです。

    グループの中でリーダー的な存在の人から「見た目が気に入らない」「外見が好きじゃない」など、その人の感性だけで嫌われてしまい、それが原因でハブられることもあります。このような場合、ハブられる本人に原因があるのではなく、ハブることを決定した人のほうにすべてが委ねられていると言えるでしょう。

    ハブられる原因(3)空気が読めないから


    どんな場所でも、なんとなく浮いてしまう人っていますよね。その場にふさわしくない格好をしていたり、言ってはいけないことを口にしたり…。「今これをしたらダメ!」「ここでこんなことを言ってはダメ!」というような言動をとってしまう人は、いわゆる空気が読めない人。こういう人はハブられる可能性が高いです。

    次にとる言動が予測できず、何を考えているか分からないような人は、周りの人たちにとっては脅威そのもの。いつ自分に悪影響を及ぼす言動をしてくるか予想できずヒヤヒヤしてしまうため、空気が読めない人とは距離を置きたくなってしまうのです。

    ハブられる原因(4)他人の話を聞かないから


    自分の話ばかりして他人の話を聞かない人もハブられる傾向が高いです。とくにオチもなく面白くない話を延々と続ける人はもちろんですが、話好きで面白い人であっても、自分本位に話し続ける人は嫌われてしまいます。

    「会話は言葉のキャッチボールだ」という表現もあるように、相手の話を聞かずに自分だけ一方的にしゃべっている人は、コミュニケーションが上手とは言えません。話を聞いてもらいたいのは相手も同じです。「話す」「聞く」のバランスがとれていないと、話し相手は居心地の悪さを感じてしまうでしょう。その結果、いつしかハブられることになってしまうのです。

    ハブられる原因(5)うらやましがられているから


    特別に可愛かったり美人だったりする人や、勉強やスポーツができる人、仕事の能力が高い人などは、ハブられることが多いようです。これは周りの人たちの嫉妬心が原因となっている場合がほとんどで、うらやましいという気持ちから、仲間外れにしようとする心理が生まれます。

    自分にはないものをたくさん持っている人がいたら、誰だってうらやましいと思うもの。自分より優れている人がいれば、羨望の眼差しで見てしまいますよね。その気持ちが知らず知らずのうちに嫉妬心に変わり、ハブるという行為につながってしまうのです。

    ハブられる原因(6)他人をいじめていたから


    他の人を仲間外れにしていじめを行っていた人が、反対にハブられるようになることもあります。もともと仲が良かったのに、何らかの理由で関係が悪くなったり仲がこじれたりして、ハブられるターゲットになってしまうこともあるでしょう。

    他人を積極的にいじめていた人や率先して仲間外れにしていた人は、周りから悪いイメージをもたれているため、何かのきっかけで立場が悪くなると一気にハブられる対象になってしまいます。「因果応報」という言葉がありますが、他人に行ったことは自分に返ってくると考えていいかもしれませんね。
  • ハブる人の特徴は?

    ハブられる人に共通した特徴があるように、ハブる人にも性格的な特徴がいくつかあります。誰かをターゲットにしてハブる人には、どのような性格の人が多いのでしょうか?気になる特徴をいくつかご紹介します。

    いじめっ子気質


    学校でも会社でも、人に嫌なことをしたがるいじめっ子はいるもの。このようないじめっ子がターゲットに対して行うのが「ハブる」という仲間外れ行為です。仲間外れはいじめっ子一人が単独で行うものではないので、仲間にハブることを強要する形でスタートします。

    いじめっ子気質の人は、自分が気に入らない人がいれば仲間外れのターゲットにしてしまうため、ハブられる人には特別な落ち度がない場合がよくあります。たまたま標的にされてしまった可能性が高いのです。

    承認欲求が満たされていない


    誰かをハブる人は、自分自身が満たされていなかったり、寂しい思いをしていたりする場合が多いようです。自分が不幸なために、自分よりも不幸な人を作り出そうとしてしまうのかもしれません。

    このように承認欲求が満たされていないことで、その不満が他人に向かう場合があります。不満を向けられた人は「ハブられる人」になってしまうわけですが、これは完全にストレス解消のはけ口にされていると言えるでしょう。

    グループのボス的存在


    どのグループにも、権限の強い弱いはあるものの、ボス的な存在の人がいますよね。表立ってボスになっているわけではなくても、暗黙の了解でボスとして位置づけられているような人がいるはずです。

    このようなグループのボス的存在の人が、自分のポジションや立場を守るために、規律を乱す人をハブることがあります。グループ内で何か目立つことをして邪魔だと思われてしまうと、ボス的存在の人に目を付けられてハブられることがあるのです。

    孤独感が強い


    誰よりも孤独感が強く、寂しがり屋の人は「ハブる人」になりやすい傾向があります。

    どこかのグループに所属していても自分は一人だという意識が強く、いつか自分が仲間外れになってしまうのではないかという危機感を常に抱いているため、誰かをハブることで安心感を得ているのでしょう。