三男の性格やあるあるを徹底解剖!恋愛傾向や相性が良い女性は?

  • 三男の特徴≪性格≫|前編

    兄弟姉妹の中で何番目なのかということは、性格の特徴にも大きな影響を及ぼします。接していて、「この人は末っ子か三男だな」と感じたことのある人は多いのではないでしょうか。では、三男の性格の特徴を詳しく見ていきましょう。

    切り替えが早い


    兄弟姉妹が多い環境で育った三男は、気持ちの切り替えが早い傾向があります。なぜなら、きょうだい間でのパワーバランスや親との関係は非常に変化しやすいから。年長者と合わせるための処世術が自然と身に付いているので、すぐにその場に適応できるのです。

    周りの空気を読むことに長けており、更にそれに合わせる適応力に長けているのが、三男の性格の特徴。仕事においても、すぐに先輩や上司と仲良くなれるでしょう。また、合コンなどの場でも切り替えの早さは大きな武器となり、人気者である可能性が高いです。

    寂しがりや


    少なくとも兄がふたりいる環境で育った三男は、賑やかな環境に慣れています。また、常に誰かがかまってくれていた可能性も高いです。もし兄ふたりの他に姉もいたら、なおさらでしょう。よって、実は寂しがりやという側面もあります。

    誰かが自分にかまってくれて当たり前という環境だったので、静かで落ち着いた環境に慣れていないのです。1人だけになった場合、その寂しさに耐えられないということも充分に考えられます。

    甘えん坊


    優しい兄達に囲まれて育った三男は、甘えん坊な性格になっている可能性もあります。兄達が優しいので、ついその優しさに甘えてしまうのです。甘えられるのが好きな人とは、とても相性の良い性格といえるでしょう。

    ただし、甘え慣れているので、やや自立心が足りない三男の男性もいます。一人では何もできない可能性もあるので、周囲が細かいところまでケアしてあげないといけないかもしれません。恋人や友人にも兄達と同じように接してもらいたいと思う三男もいるのです。

    口が達者な性格


    三男には口が達者な人も多いです。これは、三男で末っ子である場合に特によく見られる傾向となります。年長の兄達の機嫌を取るために、自然に身につけた技術だと言えるでしょう。また、親と兄達の接し方を観察していて、年長者との接し方を心得ているというケースもあります。

    相手がどのように接して欲しいと思っているかを、なんとなく察する能力に長けているのです。年長者と接する機会が多い家族構成なので、特に同年代から見ると口が達者だなと感じるケースが多いでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)