三男の性格やあるあるを徹底解剖!恋愛傾向や相性が良い女性は?

  • 三男の特徴≪恋愛傾向≫|前編

    性格面で、長男や次男とは明らかに異なる特徴を有する三男は、恋愛にも特徴的な傾向があるのです。では、三男の恋愛における特徴を詳しく見ていきましょう。

    愛情表現が上手


    三男は、愛情表現が非常に上手です。これには、年長の兄達がいることや、親の接し方が大きく影響していると思われます。長男にとっては二人目の弟ですし、親からすれば三人目の男の子です。そうなれば、どのように接すれば良いのかというのは、熟知しているはずですよね。

    過剰でも過少でもない、適度な愛情を受けて育った三男は、愛情を表現することを自然に覚えます。また、愛情の受け方も心得ているので、愛情の注ぎがいのある男性である可能性も高いですよ。

    依存しがち


    三男は、幼い頃から兄達の後ろを追いかけています。困った事があれば、兄達が助けてくれるのが当たり前だと思っている三男も中にはいるでしょう。ですので、三男は、やや他人に依存しがちな性格の人も多いです。

    甘えん坊程度であればよいのですが、中には一人では何もできないほど他人に依存してしまう人も。自立する気持ちをあまり持っていない人もいるので、自立した男性が好みの女性は、三男との相性は悪いかもしれません。

    人目を気にせずいちゃいちゃできる


    三男は、愛情表現がストレートという傾向があります。大勢の人の前であろうとも付き合っていることを隠さず、平気でいちゃいちゃできるのです。三男だと、たっぷり愛情を注がれるのが当たり前という環境で育っている可能性が高いので、このような傾向があるのでしょう。

    人前でいちゃつくのが平気な女性には、三男の愛情表現は嬉しいでしょう。しかし、あまりいちゃいちゃし過ぎるのは恥ずかしいと感じる女性は戸惑ってしまうかも。そのような場合は、やんわりと恥ずかしいことを伝えるとよいでしょう。

    かまってほしい


    兄弟姉妹がいる人はわかると思いますが、弟や妹は特に可愛いですよね。自分のおさがりの道具などを喜んでくれる姿は、とても微笑ましいものです。三男は、このような愛情を人一倍たくさん受けられる環境で育っています。

    ですので、三男は基本的に常にかまって欲しいと感じる、寂しがりやな性格の人が多いです。これは、一人っ子や長女の女性にはあまり理解できない心境ですよね。恋愛においても、長男の男性に比べて連絡の頻度が高い可能性があります。
  • 三男の特徴≪恋愛傾向≫|後編

    三男の恋愛における特徴の続きです。性格の特徴と同じく、三男ならではの恋愛傾向を知ることは、男性を理解するのにとても役立ちます。狙っている人が三男なら、ぜひ参考にしてください。

    あまり怒らない


    温厚で優しい性格の人が多い三男は、あまり怒らない傾向があります。特にパートナーが年上の女性の場合、少し大げさかもしれませんが、何をしても怒られることは無さそうです。

    不満や怒りよりも、兄達に対する感謝の気持ちが強いのでしょう。腹の立つことがあっても、いつも面倒を見てくれることの喜びを優先するのです。しかし、あまり怒らないのは良いことですが、怒らなければならない時に怒れないという三男もいます。そんな時にアシストしてくれるパートナーの存在は、三男の男性にとってかけがえのないものとなるでしょう。

    格好つけたがる


    兄弟姉妹の中で、自分が中心になって誰かをリードするという経験が少ないのも三男の特徴。特に姉や妹がいない男兄弟の中で育った三男の場合、兄達が素敵な人なら憧れていたことでしょう。そんな兄達の真似をしようと、家族がいないところでは格好をつけたがる人もいます。

    家族がいない場所だと、自分が憧れの兄になりきれるのです。しかし、格好つけるのに慣れていない為、少しぎこちない立ち振る舞いになってしまうことも。意外と可愛い部分を見せてくれるのも三男の魅力です。

    自由奔放で振り回されるかも


    長男に比べて、三男は自由に育てられることが多いです。弟や妹がいる人は、子供の頃、弟や妹のために欲しいものを我慢した経験があると思います。三男という立場は、何かを与えられる機会が多いのです。

    自由に育てられたうえ、基本的に与えられる立場であるということから、性格は自由そのもの。時には周囲の人間を振り回してしまう事も考えられます。

    褒められたい


    三男は、兄弟姉妹の中で何かを率先して行うということが少ないです。大抵の事は兄達がしてくれるので、親に褒められる機会も少なくなってしまうでしょう。ですので、自分のことを褒めてくれる人に懐く傾向があります。

    誰でも褒められると嬉しいものですが、三男の場合は特にその傾向が躊躇です。片思いの相手が三男だとわかった場合、過剰なくらい褒めてあげると喜んでもらえるかもしれませんよ。