三男の性格やあるあるを徹底解剖!恋愛傾向や相性が良い女性は?

三男と聞くと、どのようなイメージを持つでしょうか。現在の日本では、三男だと大抵は末っ子で、少しわがままで甘えん坊というイメージの人も多いでしょう。今回は、そんな三男の性格の特徴や恋愛傾向について詳しくご紹介していきます。

  • 三男の性格・特徴が知りたい!

    育った環境は、性格の形成に大きな影響を与えます。家庭環境はそれぞれ違いますし、地域によって特徴に差が出ることもありますよね。そして、兄弟の中で何番目に生まれたのかということも、性格形成には大きな影響を与えているでしょう。

    現代の日本では、三男ともなれば末っ子である可能性が非常に高いです。ある程度子育てのノウハウを得た親に育てられたので、過度な愛情や保護を受けていない可能性があります。よって、性格的には穏やかで自立しており、クセのない付き合いやすい人格の人が多いでしょう。

    ちなみに、三男は、兄弟姉妹の中で男子として三番目に生まれた者を指します。勘違いしがちですが、三男には少なくとも兄がふたりいる必要があるため、兄ひとり、姉ひとりの下に生まれた男子は、三男ではなく次男となります。「第三子=三男」ではないので注意しましょう。
  • 三男の印象とは?

    三男と聞くとどのような印象を抱くでしょうか。一般的には長男はしっかり者で、次男は自由奔放な人という印象が多いようです。では、世の女性達は三男にどのような印象を抱いているのでしょうか、詳しく見ていきましょう。

    甘えん坊のイメージ


    「三男と聞くと、親や兄達に甘やかされて育ったような気がするので、甘えん坊というイメージがあります。二人のお兄ちゃんが助けてくれるのは当たり前、みたいな。そういう人の彼女になるのは、年上のしっかりした女性がぴったりなのではないでしょうか」(22歳/女性/飲食店)

    三男は、兄弟姉妹の中でも末っ子のイメージの人が多いようです。末っ子は、誰からも可愛がられているイメージですよね。そのため、甘えん坊と思われることも多いでしょう。確かに、人懐っこくて甘え上手な人は、三男だというケースは多々見られます。

    要領が良さそう


    「三男ということは、三人以上兄弟姉妹がいるということですよね。兄弟姉妹が多いとそれだけ要領が良さそうだなと感じます。しょっちゅう喧嘩してそうだし、そういうのを上手くまとめるのが、三男というイメージです」(32歳/女性/銀行員)

    兄弟姉妹が多いと、家族の中での立ち振る舞いに苦労しそうですよね。三男は、家庭内の人間模様を見る機会が一番多そうです。よって、集団の中でどうやって立ち振る舞えばよいか、要領の良さを自然と体得しているのかもしれません。

    我が強そう


    「三男と聞くと、兄二人の下で何不自由なく育てられたイメージです。だから我が強くて、付き合いづらそうな感じがしちゃいますね。個人的には、しっかりしていそうな長男か、一人っ子の人と付き合いたいと思っています」(29歳/女性/書店員)

    長男だから、三男だからということで、必ずしも性格が決定づけられるものではありません。しかし、やはり長男らしい性格、三男らしい性格などの特徴が出てくることは多いでしょう。兄弟姉妹の中で何番目なのかということが、付き合う男性の基準になる人もいますよ。

    優しい性格かもしれないけど


    「みんなに優しくされて育ったので、三男は優しい性格の人が多そう。でも、その分世間知らずだったり、打たれ弱かったりするイメージもありますね。守ってあげたくなるような、可愛い年下男子という印象です」(26歳/女性/公務員)

    優しくされたからこそ、相手を思いやる優しい性格になっている可能性があるのが三男の魅力。しかし、逆に優しくしてくれない人とはうまく付き合えないかも。少し打たれ弱いところがありそうなのも、三男特有の印象です。