ジェネレーションギャップを感じる瞬間って?上手な対処法もご紹介!

  • 年上にジェネレーションギャップを感じた時の対処法

    反対に、年上にジェネレーションギャップを感じた時、年下世代はどうしているのでしょうか。若い世代は、物が溢れて便利しか知らない分、年上の人の苦労話などを聞いても昔を想像できなくて、ジェネレーションギャップを感じてしまいます。

    想像出来ないため、共感することは難しいでしょう。ですが、年上が人生の先輩である事実は変わらないのですから、マナーとモラルに配慮した切り返しが必要と言えます。それでは、年上に対する切り返し方を、具体的にみていきましょう。

    ネタを説明してもらう


    年上にジェネレーションギャップを感じる理由として、オヤジギャグや聞きなれない言葉の意味わからないことが挙げられます。確かに、自分の知らない時代の流行りを知らなくても当然です。

    ですが、「知らないから関係ない」というスタンスでいては、人生の先輩たちとの距離を縮めることもはできませんよね。「それどんな意味なんですか?」と説明を求める事で、親睦を深められるかもしれません。

    説明を求める時には、おざなりに尋ねるのではなく、前のめりの姿勢で聞くことが大切。「知りたい」という探求心を見せると、年上の人も気をよくしてくれます。自分の知らない時代の知恵を吸収すれば、いつかきっと役に立つ時がくるでしょう。

    素直に「分からない」と伝える


    年上の人のやる事が理解できず、いまいちついていけない時には、「すみません、それ分からないです」と素直に言いましょう。知ったかぶりな態度や、興味がなさげな素振りは、年上の人のプライドを損ねるだけ。

    ジェネレーションギャップを感じているのは、自分だけではありません。ノリが通じると思っていたのに、複雑な反応をする年下を見て、相手もまたジェネレーションギャップを感じているでしょう。

    お互いが歩み寄り、謙虚な姿勢で「分からない」と伝えれば、相手も気を悪くする事はありません。

    昔の世代のことを学ぶ努力をする


    ジェネレーションギャップは感じるけど、「どんな話題にもついていきたい」と前向きな考えを持つのであれば、独学で勉強をするのも一つの手段。一世代前の流行を調べてみたり、音楽やドラマもチェックしてみましょう。

    若者だから古いものには触れない、関係ない、なんて考えはナンセンス。もしかすると、自分の知らない世界を見ているうちに、はまってしまうかも知れません。

    どんな場面でも話を合わせることができて、一緒に盛り上がることができれば、世代間の差なんて気にもならなくなるはずです。

    古いと馬鹿にしたりしない


    年上の言うことが古めかしく感じて、ジェネレーションギャップを感じたとしても、それをバカにするのは考えもの。その時代を生きてきた人には、すべてが当たり前のように自分に馴染んでいて、それは現代を生きる若者も同じことです。

    「それ古臭いですよ」「今どきあり得ない」などと軽はずみに言うと、相手も自分の人生を否定されたように感じます。むしろ、近い将来自分だって言われるかもしれないのです。理解できないにしても、かつてそんな時代があり、それが今につながっているのだと、肯定的にとらえるようにしましょう。
  • ジェネレーションギャップを感じるかは自分次第

    ジェネレーションギャップについて解説してきましたが、いかがでしたか。自分が当然だと思っていたことは、別の世代にとっては当然ではなく、自分が違和感を覚えるようなことが、別の世代の人にとっては当たり前のことになっているということは、よくあります。それが、時代の流れというもの。そして、時代の流れによる変化は留まることがないでしょう。

    ジェネレーションギャップは、心の持ち方で感じ方が変わります。ポジティブな人は、知らない時代を知ることで得をした気になるでしょう。ですが、ネガティブな人は、知らない時代を鼻で笑い、自分の生きた時代を誇示しやすくなります。

    ジェネレーションギャップは、悪い意味合いのものではありません。自分がどれだけ相手を理解しようとするか、時代の波に乗ろうとするかで、いい意味合いのものになります。もしジェネレーションギャップを感じるようなことがあれば、知らない時代を冒険するような感覚で探求してみるのもいいかもしれませんね!

Photo:All images by iStock