ジェネレーションギャップを感じる瞬間って?上手な対処法もご紹介!

  • 恋愛スタイルにもジェネレーションギャップが!

    年の差があっても、気にしないで恋をすることは、珍しいことではありません。年下は年上に憧れを持ち、年上は年下に若さ故の魅力を感じます。それは、今も昔も変わらないでしょう。

    ですが、ここでもジェネレーションギャップを感じることはあるようです。時には、そのジェネレーションギャップによって、百年の恋もさめてしまうという人も。

    恋愛スタイルに見られるジェネレーションギャップにはどのようなものがあるのか、挙げていきましょう。

    現代ではLINEで告白する人も多い


    早いうちからスマートフォンを持つ若者は、告白だってスマートフォンでします。特に、若者の間でコミュニティツールとなっているLINEを駆使する人は多いでしょう。多彩なスタンプや絵文字を使い、いかに可愛く、ロマンチックに仕上げるかを重視します。

    好きな人に告白をする前に緊張することは、いつの時代も同じですよね。ただ、昔と違って緊張に弱いのが現代人の特徴。そして、LINEで告白という流行りに乗ることも大切なことなのです。

    一世代前の人から見れば、LINEで告白なんて真剣味を感じませんが、若者にとってはそれでも十分本気の告白なのです。

    昭和生まれは手紙や電話で告白が多数


    好きな人に想いを告げる時、アナログ世代は手紙が主流。携帯電話が広まった時代でも、学生のうちは、なかなか自由に持てなかったということもあり、電話と言えば固定電話でした。

    そして、真剣な思いだからこそ、何度も手紙を書き直したりして、相手への想いを募らせていくのです。電話での告白の場合も、固定電話の「もしかしたら家族が出るかも知れない」という緊張感を乗り越えながら、必死に思いを伝えてきたことでしょう。

    高まる緊張感は、恋の喜びを強く感じさせ、いつまでも甘酸っぱい思い出となって残ります。個人同士のやり取りが当たり前の若者世代には、そんな緊張感はなかなか感じられないかもしれませんね。

    今どきは男女平等が当たり前!


    「男と女も同じ人間」「男女差別なんてありえない」という考え方は、現代を生きる若者にとってはもはや常識です。上の世代でも、男女差別は間違っていると思っていた人は昔から大勢いましたが、連帯して意見を主張できる土壌が整っていませんでした。今はSNSもあり、若い世代はしっかり自己主張します。

    だからこそ、昔のように「女は男についていくもの」「男は女よりも偉いもの」という男女の格差をひどく嫌います。そういった考えを押し付けられることにも、強い抵抗を感じるでしょう。

    主に女性の存在が、昔よりも前面に出てきていることもあって、男性も強く言えない部分があります。そのため、現代の恋愛を楽しむ若者は、昔のドラマなどを見ると古臭いと感じてしまうようですね。

    ルーズな格好は昔ならありえない


    好きな人とデートをする時って、服装に悩んだりしますよね。少し前の世代であれば、きっちりとした服装でなければ!と思うでしょう。言葉や振る舞いも、失礼があってはいけないと、礼儀を重んじる人が多かったはず。男性は女性をリードして、女性は淑やかに、が当たり前でした。

    そんな人達は、現代の恋愛模様には強いジェネレーションギャップを感じているかもしれません。「そんな服着てデート行くの?」と思ってしまうようなルーズな服装も、相手に敬意を払わない振る舞いも、すべてがだらしなく感じて、理解できないのでしょう。
  • 年下にジェネレーションギャップを感じた時の対処法

    ジェネレーションギャップを感じた時、戸惑いや恥ずかしさを覚えることは少なくないでしょう。そのため、どんな風に切り返せばいいのか、咄嗟の判断ができない人もいます。

    では、年下にジェネレーションギャップを感じた時には、どんな切り返し方が正解なのかをみていきましょう。自分が年上だからといって、変に威張ったり媚びたりするのは厳禁。とにかく余裕を持つことを、心がけましょう。

    ここで、具体的な切り返し方を、4点挙げていきます。ジェネレーションギャップに弱い人は、参考にしてみてくださいね。

    注意すべき事はハッキリと言う


    年下にジェネレーションギャップを感じたとき、自由過ぎて礼儀がなっていないと思う人が多いようです。目上の人に敬語を使えなかったり、一般常識から外れていることをしたりする若い世代を見て、ジェネレーションギャップを感じるのです。そんな時には、時代のせいにしないでハッキリ注意するようにしましょう。

    確かに、時代に合わせて変わっていく常識もあります。ですが、日本人に浸透している礼儀作法は、いつの時代も変わりません。社会に出たら、「若い世代だから仕方ない」という主張は通りません。

    人生の先輩として、手助けするつもりで、注意すべき事はハッキリと注意しましょう。

    ネタが伝わらなかったら笑って流す


    受けて当然と思ったネタを口にした時、その場にいる若い世代が凍りついてしまった経験はありませんか?相手が理解した上でそうなっているのではなく、理解できないため反応が出来ないのです。おそらく、どちらの世代もがジェネレーションギャップを実感することでしょう。

    だからと言って、落ち込む必要はありません。ましてや、恥ずかしくて怒り出す必要もないのです。年齢が違えば、これまで過ごしてきた時代も違うもの。なにもかも違って当然だと、軽く笑って流して終わりにすればいいだけです。

    あまりしつこくこだわり過ぎると、今度は疎ましがられてしまう可能性があるので、気を付けましょう。

    追求し過ぎない


    年下相手にジェネレーションギャップを抱いたとしても、しつこく追求し過ぎるのは厳禁です。「それどういう意味?」「どうしてそうなるの?」「これって古臭い?」など、質問を畳みかけると、年下の気持ちは引いてしまうでしょう。

    年上世代の考えを知って欲しくても、年下の流行を知りたいと思っても、それを若い世代を相手に追求し過ぎると、浅ましくも見えてしまうようです。わからないことは自分なりに調べ、しつこくなり過ぎないようにするのがベストと言えます。

    無理なコミュニケーションはとろうとしない


    年下と一緒にいて、ジェネレーションギャップを感じないためにも、普段からコミュニケーションをとろうと心掛ける人は多いかもしれませんね。しかし、そればかりに囚われるのも考えもの。

    年下世代を理解しようとするあまりに、しつこいコミュニケーションになっている可能性があります。必要以上に距離を縮めようとしたり、年下になんでも教わろうとすると、いつの間にか立場が逆転してしまうのです。

    年上なりの威厳を見せないと、年下はいつまでも尊敬の念を抱いてはくれないでしょう。コミュニケーションは程ほどのところまでにして、あまりジェネレーションギャップにこだわらないようにしましょう。