ジェネレーションギャップを感じる瞬間って?上手な対処法もご紹介!

  • 年上にジェネレーションギャップを感じた瞬間

    それでは、世代別にジェネレーションギャップを感じる瞬間をみていきましょう。

    まずは、年下が年上にジェネレーションギャップを感じた瞬間です。「ゆとり世代」「さとり世代」などと呼ばれる若者は、一世代前の人のように情熱的に生きるということが少ないかもしれませんね。

    そして、トレンド意識が強いので、古臭いものを受け入れることにも抵抗があるようです。年上のやる事なす事「古臭い」「ダサい」と思う若者もいるでしょう。具体的にはどんなジェネレーションギャップを感じるのか、さっそくみていきます。

    セルフレジを嫌がっている先輩を見た時


    「混んでるんだからセルフレジを使えばいいのに、頑なに有人レジに並ぶ先輩。理由を聞いてみたら『客なのに自分でやるの嫌だ』って…。時代に乗れていない感じが強かった」(25歳/男性/飲食業)

    「セルフレジを使ったはいいけどテンパってしてまって、結局お店の人を呼ぶ羽目になる年上の人をよく見かけます。最初から抵抗を持ち過ぎてれば、出来るものも出来ないんじゃないかって思う」(24歳/女性/事務職)

    今では珍しくもないセルフレジ。この便利なシステムを使いこなせる若者に対して、一世代前の人には抵抗があるようです。セルフレジを当然のように使う若者を見て、ジェネレーションギャップを感じる人もいるはず。

    機械を使いこなせる自信がない、客の立場なのになんでセルフでやらなければいけないのか…。こういった理由から、セルフレジには馴染めないようですね。使っていくうちに慣れてくるはずですが、最初の一歩がいまいち踏み出せないのでしょう。

    「ズック」って何…?


    「上司から『そのズック、歩きやすそうでいいね』と言われた時、ズックって何…?状態に。話の流れからして靴だとわかったけど、正直その流れじゃなきゃわからなかったと思う」(25歳/男性/会社員)

    「『お店の棚卸にはズックで来るように』と言われたけど、ズックって…?とポカンとしてしまった。ネットで検索してやっと理解した。普通に分からない…」(23歳/女性/接客業)

    粗い麻布を意味するズック。元々は「doek」というオランダ語から来ているものですが、靴や鞄など、麻でできたものを、一昔前はズックと呼びました。最近では、厚手の綿製のものもズックと呼ぶようになりはしましたが、若者には通じないでしょう。

    ズックと同じ意味で表す靴は、現代ではスニーカーが基本。ズックを方言や英語と勘違いしている若者は、結構多いようですね。

    理解できないオヤジギャグの連発


    「何かというとオヤジギャグの連発をする上司。自分ではウケてると思ってるんだろうけど、古いし面白くないし、正直引いて見てる」(24歳/男性/公務員)

    「自分の父親が、ことあるごとにオヤジギャグを連発する。父親の世代ではウケてるんだろうけど、自分からしたら、もはや何を言っているのかちっともわからない」(23歳/女性/学生)

    場の空気を和ませようとオヤジギャグを頑張る人はいますが、それも相手の世代によっては通じるとは限りません。むしろ、古いものでしかないオヤジギャグに困惑し、そこにジェネレーションギャップを感じる若者も多いでしょう。

    また、オヤジギャグに不用意に下ネタを盛り込んでしまうと、セクハラの対象にもなってしまうので、要注意。若者に昔の悪ノリが通じるとは思わないようにしましょう。

    頭が堅くてジェネレーションギャップを感じる!


    「とにかく頭がかたい。『ゆとり世代は…』ってうるさく言う人に限って、石頭が多い気がする。少しの譲歩も出来ない年上は、昭和世代だと思ってる」(26歳/男性/会社員)

    「今どき当たり前のことを年上の人に反対された時には、ジェネレーションギャップを感じる。服装だったり門限だったり。時代は変わったんだよ!って叫びたくなる」(23歳/女性/フリーター)

    男性にしても女性にしても、粛々とした時代を生きてきた人は、自由過ぎる風潮をだらしないと考えることがあります。たとえ理不尽だと感じても、締めてこのまま進めるしかないと思えば抵抗せずにあっさり締める、といった考えなので、どうしても頭が固くなってしまうようです。

    自由と平等を謳う現代では、昔は当たり前だったことも、ジェネレーションギャップを感じる原因になるのかもしれません。
  • 年下にジェネレーションギャップを感じた瞬間

    年上に対してジェネレーションギャップを感じる年下世代は、年上相手でも臆することなく疑問や抵抗を持っていることが分かりましたね。

    では、次に年上が年下にジェネレーションギャップを感じる瞬間です。年上世代は、自分たちの生きた時代を誇りに思っている反面、がらりと変わった現代を知っている分、引目を感じているのも事実。

    とにかく便利さと豊かさに溢れた現代が、そう思わせてしまうのかもしれません。それでは、実際年下世代と触れ合うどんな場面で、ジェネレーションギャップを感じるのか、ご紹介していきます。

    メモを手書きじゃなくてスマホで…


    「必要事項を書き出す時に、メモ用紙とボールペンを持つ自分のそばで、スマホに打ち込む若者…。これが世代間の差ってやつか…」(38歳/男性/会社員)

    「塾の生徒で、講義の内容をメモに取らずにスマホで写真におさめる子たちがいる。これも時代の流れなのかなあと、しみじみしてしまう」(36歳/女性/講師)

    昔は見るもの聞くもの、大事だと思うことは慌ててメモに書き写していました。しかし、最近ではスマホに打ち込んだり、写真に撮って後から自分で整理する若者の姿も目立つようです。誤字や思い違いも少なくなるので、確実性の高い手法だと考える若者が多いのかもしれませんね。

    利便性のあるスマートフォンの使い道に、年上世代はジェネレーションギャップを感じることもあるのです。

    二千円札の存在を知らなかった後輩


    「『これって何ですか?』とバイトの子が持ってきたのは二千円札。海外の紙幣かと思ってたみたいで、説明したら物珍しい目で見られた。知ってるわけないか」(39歳/男性/接客業)

    「食事に行った際に、たまたま持っていた二千円札を姪っ子に見せたら、興味津々でした。由来を説明したら『記念メダルみたいなものだね』と一言。いや、普通紙幣なんだけど…」(38歳/女性/銀行員)

    2000年に、沖縄サミットとミレニアムをきっかけに造られた二千円札。使用率度の低さから2003年以降増刷されていないこともあり、存在自体を知らない若者は多くいます。記念紙幣と勘違いして、実用できないと思いこんでいることも。

    知ってて当然と思っていることを、自分より若い相手は何も知らないとなれば、そこにジェネレーションギャップを感じてもおかしくはないですね。

    パソコン画面を指でタッチして操作しようとしている


    「新卒の新入社員の指導役になったはいいけど、ノートパソコンをあてがったら、当たり前のように指で画面をタッチして操作しようとしていた。時代はタブレットだもんね…」(37歳/男性/公務員)

    「パソコンがフリーズして使えないという後輩のサポートに出向いたら、一生懸命画面に指を押し付けてた。そしてキーボードとマウスは使ったことがないって…。今ってそうなの?」(34歳/女性/事務職)

    パソコンといえば、オフィスワークでは必須なアイテムですね。なんとか四苦八苦して使っている人もいる中で、時代を先行きした若者はタブレットが主流。さらには、パソコンとタブレットを同一のものと勘違いしている若者もいるようです。

    タブレット感覚で、画面を指でタッチして操作すればいいと思っているのは、パソコンに対する知識や、パソコンに触れる経験が少ないせいなのでしょう。

    目上の人間でも平気でタメ口


    「仕事の関係で知り合った若手と飲みに行った際、ちょくちょくタメ口を挟んできて、帰るころにはまるで友人のよう。そりゃ直接的な上司じゃないけど、自分は一応目上の人間に当たるんだけど…とモヤモヤした」(37歳/男性/銀行員)

    「店長代理という立場なのに、入ってくるバイトの子はことごとくタメ口。フランクな店ではあるけど、社会人としてのマナーがなってないと感じずにはいられない」(35歳/女性/アパレル)

    少し前であれば、目上の人間や自分より年上の人間には、必ず敬語を使ったものです。年功序列が当たり前の世代からすれば、現代を生きる若者の柔軟性には、戸惑ってしまうこともあるようですね。

    親交を深めるためにと、平気で上の人間にタメ口を使ってしまう実態には、時代の変化とともに、ジェネレーションギャップを感じてしまうでしょう。